小型カメラOnlineShop通販
小型カメラOnlineShop通販 > 小型カメラ豆知識 > 小型カメラの高画質!メリット・デメリットとおすすめ!


小型カメラの高画質!メリット・デメリットとおすすめ!

近年では液晶テレビの高画質化が進み、小型カメラでも年々高画質のモデルが販売されるようになってきました。ひと昔前まで液晶テレビはハイビジョン(HD)、フルハイビジョン(FHD)主流でした。しかし近年ではより高画質なヨンケー(4K)がメインとなっています。さらにハチケー(8K)も登場しました。

 

そんな高画質が進む中、小型カメラの現在の高画質モデル、最高解像度の機種で撮影する場合のメリット・デメリットと高解像機種をドーンと紹介していきます。

1.小型カメラの高画質について

小型カメラの高画質モデルは液晶テレビを追いかけるような形で進化していますが、現状でフルハイビジョン(FHD)が主力商品で、4K、8Kモデルのラインナップはなく、2.3K、3.2Kモデルが高解像度機種として販売されています。

 

特に3.2Kモデルは2018年に販売された最新機種です。小型カメラの高画質、高解像度機種はまだまだ商品数は少ないのが現状ですが、各メーカーから少しずつ最新機種に高画質カメラを内蔵しています。

 

皆さんがもつ高画質のイメージは画質が綺麗、美しい映像だと思います。画質=高解像度と言うことになりますが、簡単に説明すると、液晶テレビで主流の4Kとはテレビ画面を正面から見て横(水平の画素数)3840pxで縦(垂直の画素数)が2160px)でこの場合、横の水平画素が3840で約4000となります。1000ピクセルは1K(キロ)という単位を使われるので、単純に4000で4Kテレビと呼ばれています。

 

ではフルハイビジョンはどうでしょう?横(水平の画素数)1920pxで縦(垂直の画素数)が1080px)で1920で約2000となるので2Kということになります。なぜ2000は2Kテレビと言われないのか分かりませんが、高画質テレビが4K、8Kと呼ばれるように、小型カメラの高画質機種でも2.3K、3.2Kという単位を使われています。

 

では小型カメラの2.3Kは横(水平の画素数)2304pxで縦(垂直の画素数)が1296px)となり2300で2.3Kと呼ばれます。2.3Kではフルハイビジョンより少し高解像度であると言えます。さらに3.2Kでは横(水平の画素数)3200pxで縦(垂直の画素数)が1800px)で3200なので3.2Kとなります。

 

3.2Kでは4Kと比較すると多少解像度は劣るものの、4Kに匹敵する高解像度を実現していると言えます。小型カメラでよりきめ細かな綺麗な映像を手に入れたいなら3.2Kがおすすめです。

 

2.小型カメラの高画質メリット・デメリットを考える

単純に画質がいいとカメラで撮影した動画を見るときに綺麗だから、とにかく高画質がいい、そう思う人がほとんどだと思います。実際に筆者もその1人です。昔もブラウン管テレビの粗い映像よりも、現在の液晶テレビのきめ細かな映像の方が見やすくていいですね。

 

動画や映像を「観る」ことだけを考えると高画質にこしたことはありません。しかし高画質になればばるほど小型カメラやスパイカメラのようなカメラではデメリットもあります。ここでは小型カメラが高性能な高画質機種であることのメリットとデメリットを考えていきたいと思います。

 

2-1.小型カメラ高画質メリット

小型カメラで撮影する動画、メリットは高解像度で得られるきめ細かな映像にあります。解像度は格子(ピクセル)の集合体です。このピクセルの数が多いほどより細かな再現ができるのでより綺麗な映像で高画質が得られます。

 

なので2Kよりも3.2K、さらに4Kよりも8Kとピクセルが多くなるほど解像度が鮮明になります。なので小型カメラで撮った映像度大画面の液晶で再生するならだんぜん高画質機種がおすすめということになります。

 

細かな部分、例えば人の顔もより鮮明に撮れるので小型カメラで撮影した動画を「証拠」として使う場合、鮮明な映像は人の顔がハッキリ映るのでより有利になる可能性もあります。実際の場面をより忠実に撮ることができるのが高解像度な高画質機種のメリットと言えます。

 

  • 小型カメラの高画質機種はこんな人におすすめ
  1. 撮った動画は高画質で残しておきたい。
  2. とにかく一番いいものが好き。
  3. 最新の機種に興味がある。
  4. 大画面のテレビで観る。
  5. 映像はより綺麗なものを観たい。

 

2-2.小型カメラ高画質デメリット

小型カメラ、スパイカメラでは一般のカメラやビデオカメラとは使う用途が異なるため、高画質によるデメリットにも注目しておかなければなりません。使い方にもよりますが、小型カメラのように特殊なカメラは、自宅の防犯や監視目的で使われることが多いカメラです。

 

またオフィス等ではパワハラやセクハラの証拠撮影に使う人もいます。使う用途は人それぞれですが、共通していることは「隠して使う」です。隠して使う小型カメラならではのデメリットがあります。

 

高画質(高解像度)機種になればばるほど、たくさんのメモリが必要となります。HDと3.2Kで同じ録画時間の動画を撮影した場合、3.2Kで撮影した方がよりファイル容量は大きくなり、より多くのメモリが必要となります。

 

1GBのメモリに保存できる容量はHDで撮影した動画なら5分、4Kで撮影した動画なら1分しか保存できません。このように高解像度=高容量となることを認識してい置く必要があります。
64GBのmicroSDXCカードを入れたスパイカメラを留守中の自宅に置いて出かけた場合、HD動画なら5時間20分の動画が保存できます。これがFHD動画なら2時間40分しか保存できません。

 

保存容量を超えた場合「上書き録画機能」を搭載した機種も多く、このような場合最初に撮ったデータの上に上書きを自動でしてくれるものがあります。便利な反面、上書きするので全てのデータが残らないデメリットがあります。またデータが大きい高画質動画は保存して残しておきたい場合にもメモリもたくさん必要とするので、より大容量のSDXCカードを購入するか、少ないメモリのSDカードをたくさん持っておく必要があります。

 

  • 小型カメラの高画質モデルのデメリットをまとめるとこの3つ
  1. 動画ファイルの容量が大きくなる。
  2. 大容量のSDカードが必要となる。
  3. 保存時間が短くなる。

 

高画質機種は魅力的です。しかしHDやFHD画質でも十分な綺麗さはあると思います。補足として、小型カメラでは3種類の撮影動画が選択できる機種が多いので、例えば3.2Kモデルなら

  • 3200×1800px
  • 2688×1520px
  • 1920×1080px

とこのように選べるようになっています。その小型カメラが持つ最高解像度と他2つの動画撮影が選べるようになっているので、撮影する時間や用途によって撮影する動画品質を選ぶことができます。3.2K機種では、最低画質はフルHDとなっています。

 

2.3Kの機種では

  • 2304×1296px
  • 1920×1080px
  • 1280×720px

となっており、最低画質はHD動画なっています。

 

3.小型カメラの高画質最新おすすめ機種

現在(2018年12月)発売されている小型カメラの最も高画質の最新機種を紹介していきます。小型カメラではまだまだ少ない超高解像の商品の中で人気のある機種をピックアップして紹介します。

 

3-1.小型カメラ3.2Kモデル

小型カメラの中でもっとも高解像度で綺麗な動画が撮れる3.2K機種は、液晶テレビの4Kに最も近いカメラです。2018年12月1日から放送が開始となった新4K衛星放送、ハイビジョンよりも4倍のきめ細かな映像が楽しめます。細部まで鮮やかに観れる映像は息をのむ美しさで表現しています。それと比較しても匹敵する解像度を持つのが横に水平画素数が3200pxの3.2Kです。

3.2Kの最新機種は人気のスパイダーズXから発売されている自動車のキーレスリモコンタイプの小型カメラ。このA-205は現時点では唯一3.2Kの解像度で販売されている小型カメラです。とにかく最新の最高画質を求めるならおすすめNo.1の機種です。高解像度になるほどメモリ容量が大きくなるため、本製品は64GBのmicroSDXCに対応。

キーレス型カメラ スパイダーズX (A-205) 3.2K 60FPS 64GB対応

 

3-2.小型カメラ2.3Kモデル

販売されている小型カメラのフルHDと3.2Kの中間に位置する2.3K機種。フルHDよりも少し解像度が高くよりきめ細かな映像が楽しめる機種です。3.2Kよりも商品ラインナップが多く人気のペン型カメラ、腕時計型カメラに採用されているのでこちらも人気です。

ペン型カメラ2.3K

P-122はペン型カメラで最も高画質を実現したハイスペック機種です。必要な装備は全て備えおり、さらに32GBの大容量メモリを内臓しているので、外部メモリを別途購入する必要がありません。高解像度のペン型カメラを求める人におすすめです。

スパイダーズX (P-122) SUPER HD 1296P 60FPS 32GB内蔵

 

腕時計型カメラ2.3K No.1

こちらは腕時計型カメラの最高画質を誇るW-707です。ペン型カメラ同様、メモリは内臓で32GBの大容量となっています。腕時計のデザインはカジュアルテイストで普段使いにおすすめの機種です。

スパイダーズX (W-707) 2.3K 60FPS 32GB内蔵

 

腕時計型カメラ2.3K No.2

メタルブレスを装備した腕時計型カメラは、ビジネスでも使えるデザインでオン、オフどちらでも使える人気モデルです。画質、機能や装備は先に紹介した機種とほぼ同スペックです。

スパイカメラ スパイダーズX (W-706) 2.3K 60FPS 32GB内蔵

 

4.まとめ

小型カメラを使うとき、どこまでの画質を求めるか?高画質化の時代、少しでもよりきめ細かい綺麗な映像を手に入れたい人は持っていて損はない高解像度の小型カメラです。現にここで紹介した機種はどれも人気です。

 

一度きめ細かな動画や映像に目が慣れてしまうと、なかなか元に戻ることはできません。色鮮やかで細部までクッキリした映像はとても美しく感動ものです。しかしこれも目が慣れると普通に感じてしまうでしょう。人の欲望はとどまることなく、常に新しく進化し続けます。

 

新しいものが好きという人は多く、PCや携帯、カメラのような電子機器は特にその傾向が強いものです。目新しいものが好きな人は、妥協して後悔するよりは最新の高解像度機種がおすすめです。