小型カメラOnlineShop通販
小型カメラOnlineShop通販 > 小型カメラ豆知識 > 防犯カメラの設置|家庭用防犯カメラおすすめ


防犯カメラの設置|家庭用防犯カメラおすすめ

防犯カメラの設置は公共施設や店舗等だけでなく、一般家庭にも普及しています。これは自動車にドライブレコーダーを設置される車両が年々増加しているのと同じで、何かと物騒な世の中になってきいる傾向にある現在の日本社会に対応する方が増えていることによるものです。また小型カメラ業界の技術の進歩によりより高画質、より高性能なカメラが低価格となってきたことも普及してきた理由の一つではないでしょうか。

防犯カメラで自己危機管理

近年ではニュースでもよく目にする防犯カメラ映像、事件が発生したら様々な場所に取り付けられた、防犯、監視カメラ映像が警察によって確認されます。会社や店舗、公共施設、道路脇などありとあらゆる場所に防犯カメラが取り付けられています。その映像に写る自動車のナンバーや人物が証拠となり、事件解決に繋がることもよくあります。
日本も一昔前のようにもはや安全な国とは言えない、そんなご時世、自分と自分の家族や資産を守れるのも自分自身です。自己危機管理を行うのと行わないのでは、「安心な生活」という点において大きな差がでます。
防犯カメラを玄関先や裏口、塀の見える箇所に取り付けられた家と、全く何もしていない家、さて空き巣犯はどちらの家に侵入するでしょうか?そうですよね、間違いなく防犯カメラが設置されていない家を犯人は選ぶでしょう。防犯カメラは取り付けているだけでもこのような犯人を威嚇し、侵入を事前防止する役目を果たします。
万が一留守中の家や夜間時に不審者が自宅周辺をウロついたり、侵入しようとしたとき、その証拠を撮影して記録してくれるのも防犯カメラです。
自動車ならドライブレコーダーのカメラで映像と音声が記録され万が一の事故で、そのカメラが捕えた映像と音声が証拠となります。自分自身、家族の身を守るために設置していることで、真実が記録されたカメラ映像が証拠となり助けられた事例も多く、これらの機器が今注目されています。

家庭を守る防犯カメラの必要性

camera-b99自動車でドライブレコーダーが必要とされ設置される車両がどんどん増加するのと同じように、防犯カメラが一般家屋に設置されるケースも年々増加。中には防犯ダミーカメラや防犯ステッカーなどを取り付けることで不審者を威嚇されているご家庭も多くあります。これは値段も安く簡単に設置できて抑止効果が期待できることから、ダミーカメラ等を選択されます。
特に何も問題のないご家庭で、防犯目的で設置される場合、ダミーカメラや防犯ステッカーでそれなりの効果が期待できます。しかし「自宅周辺を不審者がウロウロしていた」、「ご近所トラブルに悩まされている」、「自宅周辺や近隣で事件があった」、「自宅に異変を感じている」等の場合は実際に撮影できる防犯カメラを設置することが必要とされます。
証拠となる事実を撮影することで、真実が見え事件や問題の早期解決につながることがあるからです。防犯カメラの種類もいろいろあり、玄関先や裏口などに設置して撮影するタイプや見えない所や日常雑貨にカメラを仕込ませて、撮影していることが不審者や空き巣に見えない、ばれないタイプのカメラも安価で人気。

屋外設置タイプ防犯カメラ

屋外設置タイプの防犯カメラは自宅周辺や玄関先などの防犯に役立つカメラ。設置しているだけで犯罪抑止効果が期待できるため、空き巣や不審者からの被害を事前防止する目的で設置されるカメラです。

屋外タイプ防犯カメラのメリット

玄関先や塀に設置されている防犯カメラは一昔前まではお金持ちのステータスのように豪邸に設置されていました。それだけにカメラ効果は絶大でカメラを見るだけで「ここの家はダメだな」と犯罪者が敷地内に侵入するのを防止することが期待できる大きな防犯効果があります。
ダミーカメラでもそれなりの効果が期待できるのが特徴で犯罪の事前防止に役立ちます。

屋外タイプ防犯カメラのデメリット

カメラが設置された場所には効果があるが、カメラが捉えることができない死角では、その効果がないのも事実です。空き巣や不審者などはこの死角を利用して家屋に浸入するケースもあります。防犯カメラを設置しているから「大丈夫」ということはありませんので二重、三重の防犯対策も必要となるでしょう。

屋外タイプ防犯カメラを選ぶポイント

ポイント1.屋外で必ず注意して機種を選択してほしいのが「防水」です。屋根があって直接雨が当たらない場所でも、防水機能は必要です。風雨なら横からくる雨もありますので必ず「防水」タイプを選びましょう。
ポイント2.防塵機能があればなおよい。外に設置することで砂埃など微細な塵の侵入でカメラが故障することもあるので、できれば防塵機能付きをおすすめします。
ポイント3.用途にもよりますができれば暗闇も撮影できる暗視対応カメラが望ましい。暗闇でも監視したい方は、赤外線ライトが付いた機種を選びましょう。その際赤外線の照射距離にも注意して下さい。2mや3mでは監視カメラとしては役立ちません。10m以上、距離が長ければ長いほど安心です。

屋内設置タイプ、生活雑貨に身を隠した防犯カメラ

屋内タイプの防犯カメラは設置する場所やタイプによって利用用途は様々ですが、設置場所をうまく利用すれば屋外撮影から自宅内の様子撮影などいろいろな場面や状況に応じて利用できるカメラです。

屋内タイプ防犯カメラのメリット

屋内タイプの防犯カメラのメリットはカメラである存在を隠して撮影できる点に優れています。私達が生活する中で日々使う生活雑貨に小型のカメラを仕込ませたタイプの防犯カメラは、カメラである存在を見極めることが困難な製品です。置き時計や掛け時計、火災報知器などにカメラレンズが仕込まれているので、不審者や空き巣犯などの動きや姿を撮影するのに適したカメラです。

屋内タイプ防犯カメラのデメリット

本格的な効果な防犯カメラと比較すると、動画撮影容量が少なかったり、屋外設置に適していません。

屋内タイプ防犯カメラを選ぶポイント

ポイント1.録画時間が重要。監視カメラとして利用する場合、ACコードで24時間常時電源対応が望ましい。
ポイント2.24時間録画対応。microSDカードに上書き保存ができる機種を選ぶようにしましょう。繰り返し録画で24時間監視できます。
ポイント3.不審者が動いて撮影開始。動体検知機能を搭載した機種がおすすめ。

防犯カメラの家庭用に適した機種とは

防犯カメラは本格的なタイプになると、とても高価で一般家庭へ手軽に設置という点では向いていません。会社や店舗、公共施設等で使われる防犯カメラにはないもっと手軽に設置できるタイプの防犯カメラは値段も安く、高画質&高性能でおすすめです。
屋内、自宅のお部屋や寝室、リビングなどの防犯に適したカメラはこちら

防犯カメラをご家庭で使うまとめ

防犯カメラを安くそして効果的に設置、それが一般家庭では理想です。まずは屋外用 防犯カメラで玄関先や勝手口の防犯対策をするのが効果的です。赤外線ライトを搭載した機種なら夜間の防犯も安心です。
外周りの防犯対策が完了したら、次は屋内の各部屋に置き時計型カメラ火災報知器型カメラで屋内の防犯対策し、二重の防犯対策をすることがおすすめです。比較的低価格で設置することができる家庭用防犯カメラを利用して賢く家族の安全を守りましょう。