小型カメラOnlineShop通販
小型カメラOnlineShop通販 > キーレス型カメラの使い方と人気機種


キーレス型カメラの使い方と人気機種

2018年最新キーレス型カメラおすすめ
【キーレス型カメラ】人気ランキング-これを選択すれば間違いのない機種BEST3。




【キーレス型カメラの使い方!!自動車のリモコンキーにカモフラージュされた小型カメラを上手く使い「あなたが今欲しい、撮りたいと思った瞬間の写真・動画を手に入れる」上手な使い方】

キーレス型カメラは車のリモコンキーをイメージしてデザインされたスパイカメラです。デザイン的に気軽に手に持っていても違和感のないカメラです。カバンやパンツのベルトループに取り付けたり、ポケットに入れて簡単に持ち運びができる点が人気のキーレス型カメラ。キーホルダー感覚で持ち歩けるのも魅力です。

目次

1.キーレス型カメラの種類と使い方
1-1.キーレス型カメラの種類を知る
1-2.手に持って使う撮影方法
1-3.置いて使う撮影方法
2.キーレス型カメラを使う注意点
3.小型でも高性能&高画質
4.まとめ

キーレス型カメラは、

1.キーレス型カメラの種類と使い方

キーレス型カメラは人気のある機種のため、性能、デザイン、カモフラアイテムなど特殊な装備を搭載したモデルからシンプルなモデルまで多数ある。

キーレス型カメラの使い方を知る前にどのような種類、デザイン、性能があるのか、またどのタイプが自分の手に入れたいアイテムなのかを知る必要がある。これがキーレス型カメラを使いこなし上手く撮影する第一歩となるので機種選びはよく考えて検討することをおすすめする。

1-1.キーレス型カメラの種類を知る

キーレス型カメラは大まかに分類すると以下の5タイプがある。
1.シンプルタイプ
2.モニター付きタイプ
3.ダミーキー付きタイプ
4.高解像度タイプ
5.赤外線ライト付きタイプ

どれもそれぞれにメリット・デメリットはあるが、1~5まで順に代表的なおすすめ機種をメインにその性能面を見ていこう。

1.のシンプルタイプは、どのような場面でも幅広く使えるメリットがある。無駄な装備を省いたデザイン性は一見シンプルすぎて面白みや魅力を感じないが、スパイカメラでは“ばれない”ことが最大の武器であり、メリットとなる。

そう考えた場合、地味なデザインのキーレス型カメラは本気で証拠を手に入れたい人、スパイカメラ初心者におすすめと言えるタイプ。

2.のモニター付きタイプは、ハイテク仕様の高性能タイプと言える。メカ好き、新しいもの好きにはたまらないデザインが魅力のキーレス型カメラ。

本体にTFTカラー液晶を搭載したモデルは、撮影したい場面のアングル確認ができるのが特徴で、他の機種にはできない優れた点がおすすめ。

3.のダミーキー付きタイプ。これはプッシュボタンを押すとキーが瞬時に飛び出す仕組みで、男心をくすぐるおもちゃ的要素を持ったアイテムである。実用と言うよりは遊び心寄りの装備。しかしキーレス型カメラという点を考えるとアリの装備だと言える。

ムダにプッシュボタンを押して遊びたくなる、そんなアイテムであることは間違いない。

4.の高解像度タイプは、キーレス型カメラでは最高画質3.2K。フルハイビジョン(FHD)1920×1080pxと比較するとよりきめ細かな解像度をもつ3200×1800pxとなる。より綺麗な映像を撮りたいなら迷わず高解像度タイプがおすすめ。

証拠となる映像に綺麗さを求めるなら3.2K。

5.赤外線タイプは、本体に赤外線ライトが搭載された機種。灯かりのない真っ暗な部屋、場所でも撮影が可能となる。ただし注意したいのが、赤外線ライトには照射距離があるので、この照射距離が届く範囲しか撮影できないことを認識しておこう。

機種により違いはあるが、現状ではキーレス型カメラのように小型のものはおおよそ1m~2mの照射距離だと思ってよい。※実際の照射距離は気になる機種のスペックを確認しょう。

このように5つのタイプがあり、それぞれが得意とするメリットがあることがお分かりいただけたと思う。1~5のパターンがいくつか組み合わさったものもあるので、自分に必要な機能が装備されたもの、また気になるデザインの機種を選ぼう。

1-2.手に持って使う撮影方法

キーレス型カメラはその特性上、手に持って撮影することも可能である。長い時間手に持って撮影すると怪しまれるが、自動車のリモコンキーと言うことを考えれば、手に持っていても違和感はない。

ここという瞬間を撮影するなら、とても使いやすいスパイカメラです。キーホルダーなどでパンツやカバンに取り付けたキーレス型カメラをさっと手に持ちスイッチON。そしてさりげなく対象物にカメラレンズを向けるだけ、怪しまれそうと思えば手を離すだけ。
この使い方は初心者の人にもおすすめです。

出かけ先、街中や通勤途中などでは最もお手軽に、簡単に使える持ち運び用として便利なカメラです。

1-3.置いて使う撮影方法

キーレス型カメラを置いて使う場合、最も安心して使えるのが自宅です。自分の部屋、寝室、リビングなどに無造作に置いたように見せかけてカメラレンズを撮影したい方向に向けておけば簡単に撮影ができる。

使い方に慣れてくるとアングルを事前確認なしで、カメラレンズ面を撮影したい方向に向けてポンと置くだけである程度思った方向の撮影が可能となります。
慣れれ自宅だけでなく、例えばホテル、恋人の部屋、飲食店、自動車内、などいろいろな場面で使えます。

今のスパイカメラはほとんどの機種が外部電源対応となっているので、コンセントから、ポータブル充電器から電源を取れば長時間の録画にも対応できます。24時間体制で監視カメラとして使うことも可能になる。

2.キーレス型カメラを使う注意点

キーレス型カメラを人前で使うなら最低限の注意ポイントを知っておこう。自動車を所有しない車に無知な人の前で使うなら特に問題はないが、普段から自動車に乗る人の前で使う場合は注意しておきたいことがある。

1.キーレス型カメラを持たせない。
2.むやみに見せない。

この2つのポイントを忘れないようにしよう。自動車を所有する人ならリモコンキーもある程度メーカーによってどのようなタイプであるか知っているからである。特に男性の場合、車好きならそくアウトである。

機械音痴の人や車に興味がない、所有していない人なら特に気にすることがないが、いざと言う時のために、自動車を所有している人がキーレス型カメラを持つ場合は、本物のキーレスを持っておくと安心7ですね。


3.小型でも高性能&高画質

キーレス型カメラは小型でも高性能な機能を搭載しています。スパイカメラの中でも人気のある機種で、新型も頻繁に登場するので種類も多いのが特徴です。
見た目のクオリティが高く、男心をくすぐるデザインが人気です。画質に関してもスパイカメラの最高画質もラインナップ。操作ボタンの質感もよく、ダミーキーの装備など実用?遊び心?どっちと思わせる装備も面白い。

実用面でも申し分のないキーレス型カメラは、とりあえずスパイカメラが欲しいけどどれにするか悩む人にもおすすめです。簡単に持ち運べる、いつも身に着けていられる、置いても使えるとなると、持っていて損のない小型カメラと言えます。

4.まとめ

いろいろな問題が発生するご時世。スパイカメラを購入する人が右上がりで増加しています。世の中にはどうしてもスパイカメラで撮りたいものがある人が多くいます。
セクハラ、パワハラ、DV、いじめ、虐待、下着泥棒、不法侵入、ストーカー、揉め事、近所トラブル。きりがないほどいろいろな問題があります。
このような不安を証拠として撮影したい人が撮影しやすいように車のリモコンキーにレンズを隠したキーレス型カメラとして販売されています。正しい目的を持ってキーレス型カメラを自分のために利用しましょう。

※当サイトに記載の方法はあくまで参考です、この撮影方法でのいかなる損害も当方ではなんら責任を取りません。実際の撮影は自己責任で行って下さい。

5.小型カメラのご使用の注意事項とお願い。

プライバシーの侵害・各都道府県の迷惑防止条例等に抵触する盗撮等の悪質な行為には絶対に使用しないでください。