小型カメラOnlineShop通販
小型カメラOnlineShop通販 > カメラレンズ豆知識 > 小型カメラの超広角レンズが人気!!ワイドにお部屋を撮影


小型カメラの超広角レンズが人気!!ワイドにお部屋を撮影

wideangle01
ワイドに撮影するなら小型カメラの広角レンズシリーズがすすめ。




小型カメラの広角レンズと言えば、読んで字のごとく広い角度が撮影できるカメラレンズのことです。一眼レフカメラなどでよく使われるズームレンズの広角側で焦点距離を調整したり、広角レンズを使ったりして撮影されます。小型カメラでもこうした広角レンズを装備した機種が登場してきました。
ここでは広角レンズに対応した小型カメラをまとめてみましたので参考にして下さい。

広角レンズの役割とは

広角レンズで動画や写真を撮影すると広範囲の撮影が可能で、広がりのある写真が撮れるので風景などを撮影するときによく使われます。またもう一つの特徴として奥行きのある迫力ある画像が楽しめます。例えば小型カメラの広角レンズで監視カメラとして部屋を撮影していたとすると、通常レンズでは部屋全体は撮影できず肝心な場面(端)が撮れていない・・・なんてことも、超広角レンズなら部屋全体が撮影できるのでバッチリ撮れていた。そんな役立レンズが広角です。

小型カメラ機種別広角範囲

超広角レンズが搭載された小型カメラ数種ありますが、角度にも種類があります。下記にまとめましたので参考にして下さい。
一般的なレンズでは50°程度、広角レンズでは70°から80°、90°、120°、170°まで取り揃えています。。数値が大きくなるほど広い角度でワイドに撮影できるレンズです。
撮影したい状況に合ったものを選択しましょう。

超広角レンズのメリット

広角レンズにはそれぞれ種類があり、その撮影できる範囲も変わってきますが、通常の範囲で撮影できるカメラと比較すると撮影した画像や動画のワイド感と奥行きの違いはレンズの広角度によって違います。

また広角レンズではお部屋などの防犯カメラとして利用する時など広い角度で撮影できる広角レンズならではのメリットもあります。ご利用シーンに合わせて広角レンズに対応した機種を選択しましょう。