ガジェットの比較/カメラ/ドローン/SDカード/ロボット掃除機

Anker(アンカー)USBハブのおすすめ!7機種+MacBook用を比較!(2022)

ノートパソコンのUSBポートが少なく拡張性がイマイチだなと思っていませんか?特にモバイルノートやChromeBookなど2-in-1タイプはなおさらです。

そこでポートを増やすため

・USBハブ
・ドッキングステーション

の購入を考えてみるものの「USBハブ」と「ドッキングステーション」の違いがよく分からない。

さらにMacBooKやiPad専用のUSBハブがあったり

・5-in-1
・7-in-1
・8-in-1

などタイプやメーカーもいっぱいあってどれを選べばいいのと悩む方も多いと思います。

この記事では、初めての方でも後悔しない人気メーカー「Anker」のUSBハブの実機を交えて分かりやすく選び方を紹介

アンカーのUSBハブのおすすめをランキング形式で紹介していきます。

こんにちはタクマです!
この記事でわかること!
  • USBハブの失敗しない選び方
  • USBハブとドッキングステーションの違い
  • Anker USBハブ7機種の比較
  • Anker MacBook用USBハブ3機種の比較
  • Anker USBハブおすすめランキングの紹介

僕が購入したAnker USBハブPowerExpand

・5-in-1
・7-in-1

実機を交えておすすめを紹介しています。

Anker USBハブの比較を確認したい方はココから
目次
  1. USBハブとは
  2. USBハブとドッキングステーションは何が違う!
  3. Anker USBハブの選び方
  4. Anker USBハブ PowerExpandの比較
  5. Anker USBハブMacBook用のおすすめランキング!3選
  6. Anker USBハブのおすすめランキング!5選
  7. Anker(アンカー)USBハブのおすすめ7選を比較のまとめ

USBハブとは

USBハブは

・デスクトップパソコン
・ノートパソコン
・モバイルノート

にあらかじめ内蔵されたインターフェースだけでは足りないときに拡張させることができるガジェットです。

1つの本体にいくつものポートが搭載されているのでデスク周りもごちゃごちゃせずに取り回しができ利便性も向上します。

特に最近のパソコンは

・インターフェース

が必要最小限となりよく言えばシンプルなパソコンが主流になってきました。

確かにポートが少ないとスッキリとした印象に見えます。

しかしHDMIでノートパソコンとモニターを接続したマルチ画面や

・外付けSSDを接続したい
・イーサネット接続をしたい
・スマホの充電をしたい
・SDカードを使いたい
・USBメモリを使いたい

など多くのポートを必要とする場面も出てきます。そんなときに1つの本体に複数のポートがあるUSBハブは大活躍します。

モバイルノートと一緒に持ち運びができる小型タイプや、デスクに設置すると周辺の見た目もよくなります。

このようにUSBハブにはさまざまなメリットがあります。

USBハブとドッキングステーションは何が違う!

USBハブとドッキングステーションはどちらも目的は同じです。

パソコンの周辺機器や外部ストレージなどをまとめて接続できるガジェットです。

いくつもの使いたいポートが搭載されているのでどちらにするか悩む方も多いと思います。

ドッキングステーションは、USBポートだけでなく

・HDMI
・LANポート
・SDカードスロット

などいくつものインターフェースを搭載したガジェットです。

一方でUSBハブは基本的にはUSBポートのみが増設できるものとされていますが、最近ではUSBハブに

・USBデータ転送
・USB充電ポート
・HDMI
・LANポート
・SDカードスロット

などを搭載したハイスペック機種が多く販売されるようになってきました。

ならどちらも同じもの?と思ってしまいますよね。機能面では同等のものがありますが、電力の供給方法が違います。

・ドッキングステーションはセルフパワータイプ
・USBハブはバスパワータイプ

その違いを簡単に説明すると以下のようになります。

ドッキングステーション
USBハブ
  • 電源アダプタから電源供給
  • 接続したPCから電源供給

このように電源供給の違いも含め、全体的なパフォーマンスはドッキングステーションに軍配があがります。

USBハブはコンパクトで持ち運びもでき、PCから電源供給ができるので外出先でも使えるメリットがあります。

タクマ
タクマ

カフェなどの電源設備の使えない環境でコンパクトなUSBハブは便利だね。

それでいて自宅のデスクに置いてなど幅広く使えるのがUSBハブです。

今回はトータルでの利便性と安い価格で購入できる「USBハブ」についていろいろと紹介していきます。

Anker USBハブの選び方

USBハブを選ぶときは6つのポイントを確認しましょう。

6つのポイント
  1. ハブタイプ
  2. 搭載ポート
  3. 機能性
  4. 対応機種
  5. 対応OS
  6. 対応タブレット端末

メディアハブとイーサネットハブがある

Anker イーサネットハブ 5-in-1

AnkerのUSBハブには

・メディアハブ
・イーサネットハブ

の2つのタイプがあります。

どちらがいいのか利用環境で選ぶといいと思います。

イーサネットハブにはイーサネットポート(有線LANの接続ポート)が搭載されたUSBハブです。

インターネット環境を安定して使いたい方におすすめです。

搭載ポートの違いやポート数を確認する

USBハブ選びで悩むのが

・搭載ポート
・ポート数

です。搭載されるポートやスロットが多いほど価格が高くなります。

Anker 5-in-1と7-in-1サイズ感比較

AnkerのUSBハブには多くのタイプが販売されていてとにかく悩みます。その中で僕が買ったのは

PowerExpand+ 5-in-1 USB-C イーサネットハブ
PowerExpand+ 7-in-1 USB-C メディアハブ

の2つです。

Anker 5-in-1と7-in-1

種類で言えば僕が買ったAnkerのUSBハブの7-in-1だけでも

・USBメディアハブ
・USBイーサーネットハブ

の2タイプがあります。他にも多くのタイプが販売されています。

ざっとAnker USBハブの種類と価格を比較表で確認してみましょう。

2-in-13-in-14-in-15-in-16-in-17-in-17-in-28-in-18-in-29-in-211-in-1
Windows他1,390円~3,290円~11,980円~4,190円~5,990円~5,990円~7,990円~8,990円~
MacBook用5,999円~6,990円~8,990円~

搭載されるポート数や種類によって価格が違います。

上の比較表の中の「4-in-1」は他と比べて価格が高く設定されています。これはSSD256GBが内臓されているためです。

このようなパターンもあるのでUSBハブを購入する時はよく確認しましょう。

USBハブ搭載ポートの機能性

必要なポートが搭載されていることは重要ですが、ポートの機能にも注目しましょう。

例えば2つのUSB-Cポートが搭載されている場合

・1つはPD対応USB-C充電ポート
・1つはデータ転送用USB-Cポート

とこのように見た目が同じポートでも機能に違いがあります。

これは僕が購入したAnker(アンカー) PowerExpand+ 7-in-1 USBハブに搭載されたポートです。

実機の画像で確認していきましょう。

Anker 7-in-1のポート①

こちら側の「USB-C充電ポート」には「PD」と記載されています。これはPD(Power Delivery)とUSB-Cポートに対応の給電規格です。

最大100Wで電力供給ができるのでスマホやタブレット端末などの機器を急速充電ができます。

給電の入力最大ワット数や出力ワット数にも機種によって違うのでよく確認しましょう。

HDMIポートでは4K映像対応/非対応があるので

・4K映像を出力

させたいときは対応品を選ぶ必要があります。

HDMIポートが搭載されていても

・最大4K (30Hz) 
・最大4K (60Hz) 

と機種によって違いがありますので選ぶときに注意しましょう。

さらに多機能モデルでは4KのDisplayポートを搭載した複数画面に対応したUSBハブもあります。

Anker 7-in-1のポート②

反対側のUSB-Cポートには「5Gbps」と記載されています。

これはデータ転送用のポートで最大「5Gbps」の速度で転送が可能です。このポートでは充電ができません。

僕が買った7-in-1はデータ転送(最大5Gbps)ですが、動画や音楽データを高速転送したいなら

3.1Gen2(最大10Gbps)

を選びましょう。

あとで紹介する比較表で見ると簡単に分かりますが3.1Gen2(最大10Gbps)は8-in-1が対応です。

このようにポートにはそれぞれ違った機能をもつものがあります。

ポートだけで選ぶのではなくポートの機能性も確認してUSBハブを選びましょう。

Anker(アンカー)USBハブの対応機種

MacBookとAnker7-in-2

AnkerのUSBハブは

・MacBook専用に設計

されたモデルがあるので間違って購入しないように注意しましょう。

MacBook Pro/Air用は「〇〇-in-2」と表記されているのでよく確認しましょう。

専用機種以外は汎用タイプのUSBハブとなるので

・Windows PC
・iMAC
・ChromeBook PC

などざまざまなノートパソコンで使うことができます。

対応OS

対応OSでは

・Windows
・Mac
・Linux

が対象となります。

対応タブレット端末

AnkerのUSBハブは

・iPad Pro
・iPad Air(第4世代以降)

などのタブレット端末でも使うことができます。

ニンテンドースイッチや一部iPad Proなど非対応機種もあるので購入前に必ず確認しましょう。

Anker USBハブ PowerExpandの比較

Anker USBハブを比較表でまとめています。

ここでは

・MacBook用
・Windows他

のUSBハブを別々に比較紹介していきます。

Anker USBハブの比較 MacBook用

MacBook用に専用設計されたAnker USBハブの

・搭載ポート
・ポート数
・機能性

などを比較表でまとめています。

機種評価実勢価格対応機種USB-A USB-C microSD / SDHDMIイーサーネットオーディオサイズ重量

7-in-2
PowerExpand
7-in-2
Direct
USB-C PD
メディア ハブ
(4.5 / 5.0)
5,999円MacBook Pro 13/15/16
MacBook Air
3.0×22搭載搭載非対応非対応約120 x 29 x 10 mm約63g詳細を見る

8-in-2
PowerExpand
8-in-2
Direct
USB-C PD
メディア ハブ
(4.0 / 5.0)
6,990円MacBook Pro 13/15/16
MacBook Air
3.0×22搭載搭載非対応Lightningオーディオポート約137 × 29 × 10 mm約70g詳細を見る

9-in-2
PowerExpand
9-in-2
USB-C
メディア ハブ
(4.0 / 5.0)
8,990円MacBook Pro 13/15/16
MacBook Air 13
3.0×22搭載搭載搭載3.5mm オーディオジャック約 128 × 53 × 14 mm約155g詳細を見る

Anker USBハブの比較 WindowsPC他 (2-in-1~6-in-1)

USBハブを持ち運びメインにしたい方、余計なポートやスロットは必要がないという方におすすめ。

ポート数は必要最小限の

・3-in-1
・4-in-1
・5-in-1
・6-in-1

Anker USBハブを比較していきます。

機種評価実勢価格対応機種USB-AUSB-CmicroSD / SDHDMIイーサネットオーディオサイズ重量

3-in-1
PowerExpand
3-in-1
USB-C ハブ
(4.5 / 5.0)
3,290円ノートPC
タブレット端末
・3.0×1
(最大5Gbps)
PD対応充電×1
(最大入力100W )
非対応搭載
最大4K (30Hz)
非対応非対応約 75 × 38 × 16
mm
40g詳細を見る

4-in-1
PowerExpand
4-in-1
USB-C SSD ハブ
(4.5 / 5.0)
11,980円ノートPC
タブレット端末
・3.0×2
(最大5Gbps)
PD対応充電×1
(最大出力88W )
非対応搭載
最大4K (30Hz) 
非対応非対応約 134 × 51 × 15
mm
115g詳細を見る

5-in-1
PowerExpand+
5-in-1
USB-C イーサネットハブ
(4.5 / 5.0)
4,190円ノートPC
タブレット端末
・3.0×3
(最大5Gbps)
非対応非対応搭載
最大4K (30Hz) 
搭載
(最大1Gbps)
非対応約112 x 23 x 17
mm
54g詳細を見る

6-in-1
PowerExpand
6-in-1
USB-C PD イーサネット ハブ
(4.5 / 5.0)
4,990円ノートPC
タブレット端末
・3.0×2
(最大5Gbps)
3.0×1
(最大5Gbps)
PD対応充電×1
(最大入力65W / 最大出力53W)
非対応搭載
最大4K (30Hz) 
搭載
(最大1Gbps)
非対応約132 × 23 × 18 mm83g詳細を見る

本体がスリムで軽量なのでモバイルノートやiPadとの相性が抜群です。

持ち運びだけでなくデスク上をよりシンプルにまとめたい方もおすすめ。

Anker 5-in-1手で持った感じ

5-in-1でこのスリム感。持ち運びもバッグやポケットでも余裕ですね。

・10インチ
・11インチ

のモバイルノートChrome Bookとの相性も抜群です。

Anker USBハブの比較 WindowsPC他 (7-in-1~11-in-1)

USBハブを持ち運びもするけどデスク上に置いても使うと言う方におすすめ。

・7-in-1
・8-in-1
・11-in-1

を比較していきます。

機種評価実勢価格対応機種USB-AUSB-CmicroSD / SDHDMIDisplayPortイーサネットオーディオサイズ重量

7-in-1
PowerExpand+
7-in-1
USB-C PD メディア ハブ
(4.0 / 5.0)
5,990円ノートPC
タブレット端末
・3.0×2
(最大5Gbps)
 3.0×1
(最大5Gbps)
PD対応充電×1
(最大入力100W / 最大出力85W)
搭載
(最大104MB/s)
搭載
最大4K (30Hz) 
非対応非対応非対応約130 x 55 x 16
mm
99g詳細を見る

8-in-1
PowerExpand
8-in-1
USB-C PD 10Gbps データ ハブ
(4.0 / 5.0)
7,990円ノートPC
タブレット端末
・3.1Gen2×2
(最大10Gbps
3.1Gen2×1
(最大10Gbps)
PD対応充電×1
(最大入力100W / 最大出力85W)
搭載
(最大104MB/s)
搭載
(最大4K (60Hz) 
非対応搭載
(最大1Gbps)
非対応約121 x 55 x 15.3 mm109g詳細を見る

PowerExpand
11-in-1
USB-C PD ハブ
(4.5 / 5.0)
8,990円ノートPC
タブレット端末
・2.0×2
(最大480Mbps)
・3.0×1
(最大5Gbps)
 3.0×1
(最大5Gbps)
PD対応充電×1
(最大入力100W / 最大出力85W)
搭載
(最大104MB/s)
搭載
(最大4K (60Hz)
搭載
(最大4K (60Hz) 
搭載
(最大1Gbps)
3.5mm約 137 x 57 x 14 mm133g詳細を見る

6-in-1以上になると本体サイズがやや大きくなります。

Anker 7-in-1手で持った感じ

7-in-1を手に持つとこのサイズ感。5-in-1と比較すると倍以上の幅がありますね。

これはmicroSD/SDカードスロットが搭載されているのとポート数が多くなったためのサイズです。

大きいと言っても手のひらに収まるサイズで持ち運びも余裕です。

Anker USBハブMacBook用のおすすめランキング!3選

MacBookユーザーには必須と言えるUSBハブ。

・MacBooK Pro
・MacBooK Air

の筐体デザインにも全く違和感のない純正品?と思うほどのクオリティ。

さすがAnkerの製品です。

Anker USBハブMacBook用おすすめランキング① PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディア ハブ

Anker MacBook用 7-in-2

7つのポートが1つになったMacBook用USBハブ

特徴は多機能USB-Cポートでは

・最大100Wの充電
・40Gbpsの高速データ転送
・5K映像出力

などが出来るほか、microSD/SDカードスロットでは、ほぼすべてのSDに対応。

手ごろな価格でUSB-Cを使いたい方におすすめ。

評価価格タイプ
(4.5 / 5.0)
5,999円7-in-2
HDMIUSB-AUSB-CEthernet
4K3.0×2データ転送+多機能PD非対応

Anker USBハブMacBook用おすすめランキング② PowerExpand Direct 8-in-2 USB-C PD メディア ハブ

Anker MacBook用 8-in-2

MacBook用8-in-1メディアハブには多機能USB-Cポートが搭載され

・最大100Wでの急速充電
・40Gbpsの高速データ転送
・5K高解像映像出力

ができるほか、Lightningオーディオポートまで使えます。

評価価格タイプ
(4.5 / 5.0)
6,990円8-in-2
HDMIUSB-AUSB-CEthernet
対応対応対応非対応

Anker USBハブMacBook用おすすめランキング③ PowerExpand 9-in-2 USB-C メディア ハブ

Anker Macbook用 9-in-2

Anker MacBook用USBハブで最も多機能モデル。

インターネット環境が安定して使えるイーサネットポートを搭載しています。

・多機能USB-Cポート
・PD対応充電ポート
・3.5mmイヤホンジャック
・microSD/SDカードスロット

など数多くのインターフェースを使える9-in-1。

最大10Gbpsの高速データ転送に対応しているので動画や音楽データを転送することが多い方におすすめです。

評価価格タイプ
(4.0 / 5.0)
8,990円9-in-2
HDMIUSB-AUSB-CEthernet
対応対応対応対応

Anker USBハブのおすすめランキング!5選

Anker(アンカー)のUSBハブは多くの種類があってどれがいいのか悩みますよね。

・MacBook
・Windows
・ChromeBook
・iMAC
・iPad

など幅広く使えるUSBハブです。

ここではAnker USBハブのおすすめをランキング形式で紹介していきます。

Anker USBハブおすすめランキング①(7-in-1)

Anker 7-in-1

数あるAnker USBハブの中で7-in-1は

・価格が手ごろ
・持ち運びやすい本体サイズ
・軽い重量

そして使えるポートが必要数搭載される点で最も人気のあるUSBハブです。

トータルで使いやすいのが特徴です。

「7-in-1」は2タイプのUSBハブがラインナップ。

・USBイーサネットハブ
・USBメディアハブ

のどちらかを選ぶことができます。

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD メディア ハブ」が気になる方は僕が使う実機レビューも見てくださいね。

PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ

イーサネットポート(有線LAN)を搭載したUSBハブは安定したインターネット環境を求める方におすすめです。

HDMIポートは4K対応で高解像度も楽しむことができます。

PD対応のUSB-Cポートで

・最大60Wの急速充電

が出来るほか、microSD / SDスロットなど必要なポートを搭載しているAnkerで最も人気のUSBハブです。

7-in-1 イーサはこんな方におすすめ
  • 手ごろな価格で多くのインターフェースを使いたい
  • インターネット環境を安定して使いたい
評価価格タイプ
(4.5 / 5.0)
5,990円7-in-1
HDMIUSB-AUSB-CEthernet
対応対応対応対応
\タイムセール/
Amazon
\ポイント最大10倍セール!/
楽天市場

PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD メディア ハブ

こちらは同じ7-in-1でイーサネットポートを搭載しないメディアハブです。

4K対応のHDMIポートやUSB-Aポート×2など同じですが、イーサネットハブとの大きな違いはPD対応のUSB-Cポートで

・最大100Wの高出力充電

を可能としている点です。

さらにデータ転送用のUSB-Cポート(最大5Gbps)も搭載しています。

7-in-1メディアはこんな方におすすめ
  • 低価格で多くのインターフェースを使いたい
  • 急速充電機能が必要
評価価格タイプ
(4.5 / 5.0)
5,990円7-in-1
HDMIUSB-AUSB-CEthernet
対応対応対応非対応
\タイムセール/
Amazon
\ポイント最大10倍セール!/
楽天市場

Anker USBハブおすすめランキング②(5-in-1)

Anker 5-in-1

持ち運びにベストサイズの5-in-1のUSBハブ。

5-in-1は2タイプ

・USB-C イーサネットハブ
・プレミアム USB-Cハブ

がラインナップ。

僕は持ち運びとインターネット環境を安定して使うために5-in-1イーサネットハブを購入しました。

こちらの「Anker(アンカー)PowerExpand+ 5-in-1 USB-C イーサネットハブ」が気になる方は実機レビューもみて下さいね。

Anker PowerExpand+ 5-in-1 USB-C イーサネットハブ

このUSBハブの特徴はイーサネットハブ搭載した5-in-1です。

スリムな本体で必要最低限のポートが揃っていればいいよという方におすすめです。

重量はわずか52g。

・HDMI
・USB-A×3
・イーサネット

の各ポートを搭載。HDMIは4K対応動画、5Gbpsのデータ転送が可能。

このUSBハブにはmicroSD/SDカードスロットは搭載されていません。

Ankerの5-in-1は2タイプありSDカードスロットを搭載したモデル「5-in-1プレミアム USB-Cハブ」がありますが、価格が高め設定なのでSDカードスロットが必要な方には7-in-1の購入をおすすめします。

5-in-1はこんな方におすめ
  • 手軽に持ち運びたい
  • インターネット環境を安定して使いたい
評価価格タイプ
(4.5 / 5.0)
4,190円5-in-1
HDMIUSB-AUSB-CEthernet
対応対応対応対応

Anker USBハブおすすめランキング③ PowerExpand 8-in-1 USB-C PD 10Gbps データ ハブ

Ankerの8-in-1のUSBハブは

・USB-C PD メディア ハブ
・USB-C PD 10Gbps データ ハブ

の2タイプが販売されています。

8-in-1でおすすめは「USB-C PD データ ハブ」です。特徴は動画データや音楽ファイルも10Gbpsで高速転送が可能です。

さらにPD対応の充電ポートでは(最大入力100W / 最大*出力85W)の急速充電が出来るほか、イーサネットハブも搭載したマルチタスクに対応したデータハブです。

高性能ながらリーズナブルな価格設定でおすすめです。

遅いデータ転送にイライラするという方に。

8-in-1はこんな方におすすめ
  • 動画や音楽を高速転送したい
  • イーサネット接続がしたい
評価価格タイプ
(4.5 / 5.0)
7,990円8-in-1
HDMIUSB-AUSB-CEthernet
対応対応対応対応

Anker USBハブおすすめランキング④ PowerExpand 11-in-1 USB-C PD ハブ

Anker USBハブでは最も多くのポートを搭載した多機能モデル。

HDMIポート以外に

・Displayポート
・オーディオジャック
・PD急速充電
・高速イーサーネット接続

など多くのポートを搭載していますが、データ転送は3.0ポート(最大5Gbps)となるのが残念な点。

とはいえ

・HDMIポート
・Displayポート

を搭載した11-in-1USBハブは複数画面出力ができるで複数の高解像度コンテンツを楽しみたい方、複数ディスプレイを使い作業する方におすすめです。

11-in-1はこんな方におすすめ
  • 複数画面で使いたい
  • 多機能USBハブがいい
  評価価格タイプ
(4.5 / 5.0)
8,990円11-in-1
HDMIUSB-AUSB-CEthernet
4K対応対応対応

Anker USBハブおすすめランキング⑤ PowerExpand 3-in-1 USB-C ハブ

Anker USBハブで最もシンプルな3-in-1。

最も必要とする基本ポートを搭載。

・PD対応急速充電
・4K対応HDMIポート

を搭載しているのでシンプル必要最小限のインターフェースを使いたい方におすすめです。

評価価格タイプ
(4.5 / 5.0)
3,290円3-in-1
HDMIUSB-AUSB-CEthernet
4Kデータ転送3.0PD対応非対応

Anker USBハブおすすめランキング⑥ PowerExpand 6-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ

イーサネットポートを搭載した6-in-1。

持ち運びに便利なスリムボディタイプでありながら

・データ転送USB-C
・PD対応USB-C
・4K HDMI

などを装備しています。

PD対応充電用ポートでは最大53Wのスピード充電が可能。

評価価格タイプ
(4.5 / 5.0)
4,990円6-in-1
HDMIUSB-AUSB-CEthernet
4Kデータ転送3.0
5Gbps
PD対応充電
データ転送5Gbps
対応
\タイムセール/
Amazon
\ポイント最大10倍セール!/
楽天市場

Anker USBハブおすすめランキング⑦ PowerExpand 4-in-1 USB-C SSD ハブ (256GB) SSDストレージ内蔵

他とは違うAnker 4-in-1のUSBハブには256GBのSSDストレージが内臓された特別仕様。

ポータブルSSDがほしいと思っていた方におすすめです。

この4-in-1があればUSBハブと外部ストレージの2つを持ち歩く必要もないのでコンパクトに収まります。

評価価格タイプ
(4.0 / 5.0)
11,980円4-in-1
HDMIUSB-AUSB-CEthernet
4Kデータ転送3.0PD対応非対応

Anker(アンカー)USBハブのおすすめ7選を比較のまとめ

AnkerのUSBハブの選び方を紹介しましたが、利用するシーンや環境に応じて

・USBハブ
・ドッキングステーション

のどちらにするか選ぶ他、コンパクトなUSBハブと据え置きのドッキングステーション両方を持っておくのもいいかもしれません。

ここを再確認
  • 対応OSや機種を確認しよう
    ・MacBook専用がある
    ・iPad専用がある
  • 持ち運ぶなら
    ・必要最小限のポート搭載
    ・小型軽量がおすすめ
  • 持ち運びとデスクでも使うなら
    ・必要となるポート+αで選ぶ
  • 安定したインターネット環境なら
    ・イーサーネットポートが必須

このようにポイントを押さえて必要なポート数でUSBハブを選ぶことで無駄な費用を抑えることができます。

今、必要なポートの種類とポート数を選ぶ+将来使うであろうポートも想定して購入することをおすすめします。