ガジェットの比較/カメラ/ドローン/SDカード/ロボット掃除機

いじめと虐待!放置は危険 おすすめ隠しカメラで「証拠」を押さえる

弱い者いじめ、無抵抗な幼児や高齢者への虐待!あってはならない弱者への暴力や、精神的苦痛を与えるいじめ。このような事例はとても深刻な問題です。学校でのいじめ問題、親による幼児、子供への虐待、ベビーシッターによる虐待、介護士による老人への虐待。

いじめや虐待は他人事ではありません。あなたのすぐ近くでも起こっているかも知れません。受けている側は命にもかかわることになる可能性も考えられます。
子供の様子がおかしい、身体にあざがある、けがをしている、服が汚れている、いつもと違う変化を感じたら「隠しカメラ」で真実をとらえることが必要です。

ここではいじめや虐待の「証拠」を押さえる隠しカメラの設置方法を考えて行きたいと思います。またおすすめの隠しカメラを紹介します。

簡単に説明!記事の内容
  • いじめと虐待について
  • 証拠を手に入れる
  • ばれないカメラの設置
  • いじめの場合
  • 虐待の場合

いじめと虐待

いじめと虐待。どちらも弱いあるいは無抵抗な者への言葉のいじめ、嫌がらせ、暴力などを行う行為。幼児への虐待をテレビでも見かけることがあります。

なぜ?と思ってしまう虐待行為。我が子を虐待なんてありえないと思っても現実にあるのが世の中。長い人生を生きてきた高齢者への虐待問題。安心して暮らせるはずの施設での高齢者への虐待、家族で守る側からの虐待。
中学生や高校生で多いのが悪質ないじめ、学校にも行きたくない、行けない状態まで追い詰められ、精神的も肉体的にもボロボロ状態。

そんないじめや虐待。誰を頼って何を信じればいいのか?悩む方も多いと思います。学校でのいじめの場合、頼れるのも相談できるのも先生です。しかし実際はどうなのでしょう。
見て見ぬふりをする先生、いじめがあってもなかったことにする先生、学校側。もちろんこれは全体の一部の対応だと思いますが、ニュースなどで放送される、実際はいじめがあったのに「学校側も先生もいじめはなかった」と言う場面を見ると、学校に通う生徒も両親も心配です。

いじめ問題は親に言い出せなくて悩む学生もいます。何か変化を感じたら無理に学校に行かせることをばかりを考える前に、時には休ませることも必要です。

最近では施設での高齢者への虐待や、家庭での幼児虐待がYouTubeheへ投稿され発覚、逮捕されることも。近年ではこうした投稿による動画でいじめ、虐待が表面化され警察が動くケースもあります。

このようなことを考えるといかに「証拠映像」が重要か分かります。

 

おすすめの隠しカメラ

おすすめの隠しカメラ。いじめを受けている自分を守る、虐待被害の家族を守るには、変と感じたことを放置しないことが重要です。子供が、自分の親が「何か様子が変」と感じたら真実を確かめる行動力を起こすことからはじめます。もし真実を確かめて自分の早とちりで何もなければそれで安心が得られます。

子供を守れるのは親です。いじめの場合は、誰も信用できないときは自分で自分を守る必要があります。

 

  • 子供と高齢者への虐待が疑われる場合で、自宅に設置する場合は以下の3タイプがおすすめ。
虐待におすすめの小型カメラ
  1. 置き時計型カメラ
  2. フック型カメラ
  3. ハンガー型カメラ
この3タイプの特徴は取り付けが簡単、カモフラージュ性が高い、初心者でも扱いやすい点です。隠しカメラでの撮影は「ばれない」ことが必須です。特に虐待が疑われるような場面で使う隠しカメラは素人では見分けがつかないものがおすすめです。

 

置き時計型カメラ

【遠隔操作 WiFi対応防犯監視カメラ】
【bluetoothスピーカ機能 IOS/Android対応 動体検知 自動警報 暗視撮影】
【1080pリモート監視】

 

フック型カメラ

 

ハンガー型カメラ

【暗視補正 64GB対応】

学校や職場のいじめ問題、これは一人で抱え込むことが一番危険です。誰かに相談できることが望ましいですが、先生も、学校も信用できない、親にも言えない。会社では上司もグルになってイジメる。
そんな時は「証拠」を集める必要があります。しかしここで注意してほしいのが、いじめは虐待のように密室(自宅や施設)、いつも同じ場所で行われるものと違い、いろいろな場所で行われることが多いこと。

いじめが行われる場所が決まっていない=カメラ撮影は厳しいと言うことです。腕時計型カメラやペン型カメラでいじめられている場面を動画撮影しようなんて絶対に思わないで下さい。高確率でいじめをする加害者にばれる結果となります。
撮影しようとしていたことがいじめの加害者にばれたら?間違いなくいじめが酷くなるでしょう。

いじめの場合は、隠しカメラに付いているボイスレコーダーを利用して音声を録音することで「証拠」を記録します。

 

  • いじめに適したおすすめの隠しカメラはこの2タイプがおすすめ。
  1. トイデジタルカメラ
  2. 超小型カメラ

この2タイプはとにかく本体が小さいこと。いじめは何をされるか分かりません。ポケットや鞄など持ち物を全て見られる可能性も十分にあります。そう考えると下手な隠しカメラを持つと危険です。小型で見つかりにくいものが必要となるのです。

 

バレない隠しカメラの設置方法

ばれないカメラとは?隠しカメラは基本、ばれないようにカモフラージュされたカメラです。しかし使い方や設置方法、間違った機種選びをしてしまうと「ばれない」隠しカメラも、撮影をしていることに気付かれてしまう可能性が高くなります。

そのカメラが持つ特徴を理解して使う必要があります。

 

虐待の場合

虐待されるのは弱い抵抗できない幼児、高齢者の方です。もしも両親2人が子供を虐待している場合、自宅の密室で行われる虐待に気付くことができる人は残念ながらいません。子を守るべき親が行う虐待行為には発する言葉が見つかりません。

これは高齢者への虐待が疑われる場合も同じです。

もし両親のうち1人が行っていると疑いがある場合、もう1人の親が子供を助けることができます。またベビーシッターによる虐待が疑われるときも同様です。

まずは自宅でパートナーもしくはベビーシッター、介護士に1番バレないと思う隠しカメラを1つ選びます。特にいつも一緒に暮らしているパートナーの場合は注意が必要です。
新しい時計を内緒で設置したらおかしいですね。

そこは疑われないように新しい掛け時計型カメラが欲しいね、など事前に相談しておくことで変な疑いの目を向けられにようにしておきます。もしおすすめで紹介した時計関係の隠しカメラの設置が厳しいと思われる場合は、他の小型カメラの中で最も適していると思うものを選びましょう。

隠しカメラの設置は部屋全体ができるだけ広範囲で撮影できるように設置するようにします。必ず試し撮影をしてアングル確認をしておきましょう。

 

いじめの場合

いじめの場合、特に慎重に行って下さい。動画撮影ではなくボイスレコーダーを使い音声録音をします。例えばトイデジタルカメラ場合なら、このカメラを制服の裏側に隠しポケットを作りその中にトイデジタルカメラ隠してしまう方法です。

ポケットなどに入れておくのはあまりにも危険すぎるので念を入れて巧妙に隠すことが必要です。そのためには本体はできるだけ小型のものが望ましいです。

またいじめを受けているときも、なになにさんやめてなど必ずいじめをしている加害者が誰なのか証拠として残るように名前を呼ぶようにします。目的は「誰にいじめられているのか」記録をすることです。

あなたが声に出して言った加害者の名前と、音声に録音された声が動かぬ証拠となります。しかしいじめの場合とにかく慎重に行うことを重視しなければんばりません。
もしも録音が加害者にばれるようなことがあれば、いじめがエスカレートする可能性が高く危険です。

本来このような手段をとらず信頼できる大人に助けを求めることが一番の解決になります。できるだけこのような自分だけでの解決方法をとらず、信頼できる先生や親に相談して最善の解決策を見つけるようにしてください。

 

まとめ

いじめ、虐待。このような抵抗できない者への行為がない世の中になればいいのですが、いま実際に苦しんでいる方はたくさんいます。ニュースなどでも見た方もいると思いますが、老人施設での虐待が行われている映像が元で職員の逮捕、両親が笑いながら子供を虐待している場面をYou Tubeに投稿して逮捕など、映像や録音は「証拠」として扱われるようになってきました。

いじめや虐待だけでなく映像はいろいろな事件でも「証拠」として使われます。映像が証拠となることで近年急激にドライブレコーダーが普及しています。

いじめ、虐待の動かぬ証拠を手に入れた場合、あなたと家族を守ることができる反面、隠しカメラの取り扱い、設置は慎重に行わないと逆に問題が悪化する可能性が高いのも「隠しカメラ」です。

使う方の慎重な判断が必要な道具であることを認識しておきましょう。




シェアをしてくれるとうれしいです


Amazon.co.jpでお買い物するなら


ギフト券を現金チャージするのがお得です。5,000円チャージで1,000円分のポイント還元キャンペーンも実施中。


ABOUT US

たくま
たくま
初めまして。ガジェットマニアのたくまです。 自分で購入してよいと思った小型カメラ、ガジェットの紹介や、ガジェット選びで集めた情報を基に比較、まとめサイトの運営をしています。 特にカメラ関連が得意。 自分で実体験したよくある悩み系の対策や解決方法も紹介しています。