ガジェットの比較/カメラ/ドローン/SDカード/ロボット掃除機

SwitchBot 見守りカメラ 3MPのレビュー|会話ができる!おすすめの300万画素カメラ!

スマート家電で人気の「SwitchBot」見守りカメラ 3MPのレビューを紹介していきます。

水平360度の全方位を首振り確認ができるSwitchBot見守りカメラは垂直115度もカバー。AI人体検知を搭載し、より高精度な自動追尾を可能にしています。

見守りカメラは子供の様子を離れた部屋から確認できる他、出先から自宅で留守番をするペットの様子も確認することができますが

・画素数
・付加機能

など選ぶポイントがあります。

こんにちはタクマです!
SwitchBot 3MPがおすすめな人

「SwitchBot」見守りカメラ 3MPが他のメーカーと違う点はシリーズ展開です。

  • スマートホーム化をしたい
  • セュリティを強化したい
  • 利便性を追求したい
  • 目に見えるプライバシー保護機能
    自分のプライバシー保護

スマートホームでイチバンを目指す「SwitchBot」シリーズには連携機能が備わっているのでアプリ1つですべてを操作したい方におすすめです。

「SwitchBot」見守りカメラ 3MPは

・300万画素高画質
・360°全方位をカバー
・警報アラート
・音声でコントロール
・10m先まで撮れる赤外線LED
・高性能CMOSセンサー

など多数の性能を備えています。

さらに「プライバシーモード」など安心機能も搭載した「SwitchBot」 見守りカメラ 3MPの実機レビューします。

見守りカメラの購入を検討している方は最後までみて下さいね。

メリット
デメリット
  • コスパ抜群の価格設定
  • パン360度チルト115度で部屋全体を自動追跡or手動確認ができる
  • 暗所撮影の画質がいい
  • SwitchBot製品との連携ができよりセキュリティの強化ができる
  • アプリのUIが優秀で使いやすい
  • クラウド+microSDカードへの録画に対応
  • Wi-Fiが2.4GHzのみで5GHzには対応しない
\タイムセール/
Amazon

この記事はSwitchBot様より商品提供をしていただき記事作成をしています。

SwitchBotスマートホーム商品と連携でセキュリティを強化

SwitchBotはスマートホームでイチバンを目指す企業です。

スマートホームシリーズ

・人感センサー
・ドアセンサー
・スイッチ用ボット

等と連携で単なる見守りカメラではなく、連動させることで監視する場面、されたくない場面もアプリでカスタマイズ設定が可能です。

スマートホーム化計画

SwitchBot 見守りカメラのYouTube動画

SwitchBot プラグミニと併用することでセキュリティが強化。

見守りカメラが不審な侵入者を検知したときに

ポイント

ミニプラグがライトを自動点灯させる

ポイント

部屋に誰かがいるように装う(留守ではないと思わせる)

SwitchBotシリーズならこんな防犯抑止もカスタマイズが可能です。

SwitchBot 見守りカメラ 3MPのスペック

解像度3MP
ナイトビジョン
画面分割機能
フローティングウィンドウ機能
遠隔操作
双方向通話
AI検知動体検知
人体検知
自動追跡水平/垂直
スマートアラート プッシュ通知
メール通知
警報音
音声操作Alexa Alexa
Google Home
自動巡回
SwitchBotエコシステムセキュリティオートメーション
プライバシーオートメーション
プライバシーモード
取付方法テーブル/天井
保証期間3年

SwitchBot見守りカメラ3MPと1080Pの比較

SwitchBot見守りカメラ

・3MP
・1080P

の違いを比較しています。

機種SwitchBot 3MPSwitchBot 1080P
価格4,980円4,480円
解像度1080P1080P
画素数300万画素200万画素
自動追跡
パンチルト水平360度
垂直115度
水平360度
垂直非対応
スマートアラートプッシュ通知
メール通知
警報音
プッシュ通知
メール通知

3MPは不審者を威嚇する警報音を搭載。さらに水平360°だけでなく垂直115°も可動する見守りカメラへとグレードアップ。

タクマ

これで死角なしだね。

他、機能や性能については「SwitchBot 見守りカメラ 3MPのスペック」と同じです。

SwitchBot 見守りカメラ 3MPの開封・同梱内容の紹介

SwitchBot 3MPの開封レビューを紹介していきます。

箱はイメージカラーの赤と白で見た目も鮮やかでいいですね。

パッケージのバック側には「SwitchBotシリーズと併用」のパターンを記載。サイドには機能やできることが記載されています。

箱を開けると「見守りカメラ 3MP」本体と取説が入っています。

箱から出してみました。

3MP保護フィルム

入っているのは本体と取説だけでシンプルだなと思いましたが気にせず、本体のカメラ部分の保護フィルムをはがして充電をしようと充電コードを探すもどこにある?

充電コードがない?

箱の中をよく見たら底にもう1つ箱がありました。この内箱は外箱にピッタリでなかなか抜けなくて出すのに若干苦労しました。

という事ですべて出してみたので同梱物を確認してみましょう。

左上から

・電源アダプター
・micro USBケーブル(2m)
・見守りカメラMP3
・取扱説明書
・取付ネジパック
・取付用ステッカー
・リセットピン
・台座

8点が同梱されていました。必要なものはmicroSDカード以外すべて揃っています。

あと「なんでもサポート」へのアクセスQRコードや公式サイトURLが記載されたカードが同梱されていました。

SwitchBot 見守りカメラ 3MPのデザインと使い方をレビュー

ラウンドベースの愛らしいデザインでどんなインテリアにも違和感なく設置することができます。

正面側黒いカメラ部分には

・LED表示ランプ
・マイク
・レンズ

が内臓されています。

カメラレンズを上に移動させると

・microSDカードスロット

microSDカードは最大256GBまで。対応のSDカードの別途購入が必要です。

背面には

・スピーカー
・micro USB電源コネクタ

が内臓されています。

底面は台座がはめ込みできるように「ロック/アンロック」🔓🔒マークがあります。

台座は天井や壁面に取り付ける場合に使うパーツです。

初期設定

アプリ「SwitchBot」でデバイスを選択します。デバイスを間違えるとWi-Fi接続ができないので注意しましょう。

micro USBケーブルを電源コネクタに挿し込みデバイス(3MP)の電源を入れます。

リセットピンでリセットボタンを長押し「プロンプトトーン」が鳴るまで長押しをします。赤ランプが点滅したら次へをタップします。

※リセットは状況により不要な場合もあります。僕はこの作業をしなくても表示ランプが赤色に点滅していました。

Wi-Fi画面が表示されたら自宅のWi-Fiルーターの🔒パスワードを入力して次へをタップします。。

見守りカメラのレンズにQRコードをかざして「スキャン」させます。

プロンプトトーンが鳴ったら次へをタップします。

Wi-Fiに接続中は電源を切らないようにして下さい。

ここまでの所要時間は約4分。全てアプリの表示案内通りに進めるだけで簡単に設定ができます。

今すぐ使うをタップして利用を開始することができます。

設定完了後に「ファームウェアのアップデート」の通知が届いているときは画面指示に従い新しいバージョンにアップデートをして下さい。

SwitchBot 見守りカメラ 3MPのカメラ性能

MP3は画素数がグレードアップされたカメラを搭載して登場。他にも

・パン+チルト
・警報アラート

が進化。それぞれの機能を紹介していきます。

高性能CMOSイメージセンサーとF値2.0より明るく撮影できるレンズ

高解像度レンズモジュールで細部まで撮れる2K。F値2.0の明るいレンズ(採光量が50%向上)を採用することで暗い場所でもより明るく撮影が可能。

F値は数値が小さくなるほどレンズの穴が大きくなりより採光量がアップします。

8つの赤外線ライトを搭載で10m先の暗所も撮れる

8発の赤外線LED

赤外線LEDライトは光が届く距離が重要です。

「SwitchBot」の見守りカメラに搭載される赤外線LEDは肉眼では見える「可視光線」で8発の赤外線LEDが搭載され約10m先まで光が届きます。

カメラの位置から10m先まで暗闇でもはっきりと映る(ナイトモードは白黒映像)ので留守中や夜中の防犯に役立つ機能です。

SwitchBot 見守りカメラ 3MPの機能

見守りカメラ 3MPには

・動体追跡
・動体検出
・アラート
・プライバシーモード
・双方向音声

などいろいろな機能が搭載されています。

グレードアップされた自動追跡機能

カメラは全方位の視野水平360°に加え垂直方向も115°可動して追跡が可能となりより部屋の監視能力が向上。

自動追跡機能がより広範囲をカバーできるように進化しています。

※SwitchBot 1080Pと比較

AI検知で無駄な検知を防ぐ

感度を調節可能な動作検知で部屋を監視、AI人体検知機能が無駄な検知を抑え、高度な技術で部屋の安全を守ります。

部屋で何か異常を検知したら自動でスマホに知らせてくれる機能を搭載しているので、何かあればすぐにスマホで映像の確認をすることができます。

自動巡回機能搭載

見守りカメラが設定した時間になると自動で巡回。

・午後5の寝室
・深夜2時のリビング

このように確認したい時間帯に設定しておくことで「見守りカメラ」が自動で巡回します。異常を検知したらすぐに通知が届きます。

見守りカメラを部屋の中から車庫や家の周辺が撮れる位置に設置しておけば、深夜の外の様子を自動巡回させることもできます。

マルチビュー機能 4分割場面表示ができる

SwitchBot 見守りカメラ 3MPを4つの部屋に設置

マルチビュー機能搭載。4つの部屋に設置した「SwitchBot 見守りカメラ 3MP」の映像

・リビング
・寝室
・子供部屋
・キッチン
・ペット

などマルチビュー機能を使えば、いちいいちカメラの切り替え操作をしなくても全ての場所の様子が一目でわかるので便利です。

スマホ4分割画面表示

実際のiPhoneでの4画面表示。

見守りカメラを1台のみ設置なので4画面中、1画面のみの表示ですがカメラを最大4台設置すると1つの画面で複数の場所を同時にモニタリングをすることができます。

会話機能

スピーカーマークをタップでカメラ設置場所のリアルタイム映像と音声を聴くことができます。音声が不要の場合はもう一度タップするとスピーカーがオフになります。

スマホから話しかける時はマイクマークをお押しているときだけ会話ができます。

Echo Showアレクサと連携でよりスマートな見守りができる音声コントロール

Amazon デバイスのEcho Showと「SwitchBot 見守りカメラ 3MP」を連携することで家事など手が離せない状況では

タクマ

アレクサ、子供部屋を見せて

アレクサ

ハイ!

音声コントロールでスマートに子供やペットの様子をすぐに確認することができます。他にもセキュリティーモード、プライバシーモードにも対応。

セキュリティーモードを「ON」して出かけ万が一不審者など思わぬ侵入者があった場合「Echo Show」から警告音が出て不審者を威嚇します。

「Echo Show」などのスマートスピーカーの連携をしておけば音声でプライバシーモードをオンにすると、見守りカメラのレンズが自動で下向きになりプライバシーを保護するので安心です。

取り付け場所

天井取付け台座と取付けネジ

見守りカメラの設置場所はどこにしようかと悩むポイントです。

置くだけのカメラでは設置する場所が限られて部屋全体が撮れる位置への設置が難しい場合があります。

「SwitchBot 見守りカメラ 3MP」は置くはもちろんですが、天井への設置もできるようになっているので監視カメラのように高所からも部屋全体を監視撮影することができます。

目に見えるプライバシー保護

目に見えるプライバシー保護機能は、お出かけ時は見守りカメラ。

帰宅したらアプリの操作でカメラのレンズ隠すことができます。レンズを下向きに回転して目隠しの状態となるのでユーザーのプライバシーをしっかりと保護します。

データの保存 & プライバシー保護

「SwitchBot 見守りカメラ 3MP」は最大256GBのmicroSDXCカードに対応しています。見守りカメラの映像はmicroSDカードに保存されます。

クラウドストレージにデータ保管ができる

microSDカードに撮影した動画保存ができますが、SDカードは

・カードの破損
・カード抜き取りによる証拠隠滅

という2つのデメリットがあります。

クラウド保存にも対応し、AESで暗号化された動画データは、暗号化されたTLSチャンネルを介して転送されるのでユーザーのプライバシーは保護されるので安心です。

クラウドストレージは「高度な暗号化」でプライバシーが守られ、データ損失もありません。

購入はSwitchBotアプリ内から有料プランの申し込みができます。

プラン価格
月額890円
年額8,900円

見守りカメラの設置場所にもよりますがデータの損失が心配な人にはクラウドストレージがおすすめです。

SwitchBot 見守りカメラ 3MPのレビューのまとめ

「SwitchBot 見守りカメラ 3MP」を紹介しました。

ポイント
ここがナイス
  • 4,980円で購入できる
  • 水平360度と垂直115度を追跡
  • 目に見える保護カバー
  • 1つのアプリで管理できる
    SwitchBot製品
  • 天井設置もできる

見守りカメラは年々需要が高まり、各メーカーから多くの機種が販売され、価格も性能もピンキリ状態です。

そんな中「SwitchBot」から発売されている見守りカメラは

・SwitchBotシリーズ

による連携機能が大きなメリットです。

他社の見守りカメラにはできないアプリ1つで全ての「SwitchBot」製品を連動させることができます。

よりセキュリティの強化をするのも簡単です。

・SwitchBot ロック
・SwitchBot 指紋認証パッド
・SwitchBot キーパッド/指紋認証パッド
・SwitchBot カード
・SwitchBot 人感センサー

などと連携させることでセキュリティが強化されたスマートホームが実現できます。

SwitchBot 見守りカメラ 3MPは3年保証が付いて安心して使うことができます。

家族や自分自身の暮らしの安心を手に入れることができる「SwitchBot 見守りカメラ 3MP」をぜひ試してください。

スイッチボット(SwitchBot)
¥4,980 (2022/12/04 20:59時点 | Amazon調べ)
\タイムセール/
Amazon

犬型&猫型ペットカメラ