ガジェットの比較/カメラ/ドローン/SDカード/ロボット掃除機

旅行にもおすすめ!Feiyu Tech VLOG pocket 2(ブイログポケット2)使い方&レビュー

iPhoneに内蔵のカメラで動きながら撮影をするとどうしてもブレるので、VLOG撮影で使えて旅行でもかさばらない小型サイズで軽量のスマホ用3軸ジンバルを購入しました。

こんにちはタクまです!
スマホ用3軸ジンバルって何?

3つのモーター(パン・ティルト・ロール)が水平を維持しながら手振れを補正し、スマホで滑らかな映像を撮ることができるガジェットです。

カメラ撮影で手ブレを防ぐにはどっちがいいの?とよく比較されるのが

・スタビライザー
・ジンバル

この2つです。

違いは「スタビライザー」は重りで調整する手動式タイプ、「ジンバル」はモーターで制御する自動タイプで仕様が全く違います。

ガジェットを購入する時はとことん比較して決める、僕が選んだFeiyu Tech VLOG pocket 2iPhone・スマホ用の3軸ジンバルです。

・コンパクト
・持ち運びがしやすい
・3軸で高性能
・ミニ三脚付き

ミニ三脚がポイントです。のちほど説明していますが、 VLOG pocket 2のミニ三脚は便利すぎます。

初代の VLOG pocketも好評でしたが、 2世代目となるFeiyu Tech VLOG pocket 2は、さらに進化して手元で操作ができる「ジョイスティック」やズーム機能が付きました。

この記事では口コミや評判のいい「VLOG pocket 2」を使った中での良い点、残念な点も紹介していきます。

VLOGにもおすすめ

旅行におすすめのスマホジンバルの選び方

いろいろなジンバルが販売されている中、「VLOG pocket 2」を選んだ理由に持ち運び性

・コンパクト
・軽い

この2つを重視して選びました。

ジンバルを旅行に持って行きたいので「軽くてかさばらない」が条件です。

さらに「3軸の高性能」そして置いて撮影もできる「ミニ3脚」が付いている。

こんな欲張りな条件で探したところFeiyu TechのVLOG pocket 2(ブイログポケット2)にたどり付きました。

僕が「Feiyu Tech VLOG pocket 2」を購入するときに比較した機種はこちらの「最強 iPhone・スマホ用ジンバルおすすめ7選!で紹介しているのでよかったら見てね。

スマホジンバル比較

ここでちょっとどんなジンバルがあるのか紹介しますね。

いろんなジンバルがあるよ!
ブレを制御するモーターは

3軸、2軸、1軸のジンバルがあって「3軸」がもっとも高性能です。

ちょっと比較表で見てみよう。

パン
(水平・左右)
ティルト
(垂直・上下)
ロール
(回転)
3軸対応対応対応
1軸対応なしなし

2軸は上記のどれか2つの軸にモーターがあります。(機種によって違う)

僕のジンバルを購入する予算は15,000円以内。

でいろいろと探して

1軸(水平・左右のみ制御)のジンバルなら5,000円以下でも購入できるので

安いから1軸にしようかとも思いましたが

ジンバルを購入する目的はiPhoneで動画を撮るときのブレの低減です。

後で買い替えたくなる可能性は十分にあるので最初から性能がいいものを購入しようと思いVLOG pocket 2に決めました。

タクま
タクま

1軸のジンバルは自撮り棒に少しだけブレ制御ができる程度の役割。

VLOG pocket 2のライバル3軸ジンバル登場

Feiyu TechのVLOG pocket 2のメリットは

・コンパクト&軽量
・3軸ジンバルで高性能

この2つのポイントを抑えた機種がDJIから発売されました。

「Feiyu TechのVLOG pocket 2」のライバル機となる「DJI OM5」

ちょっと簡単に比較してみますね。

商品評価発売日価格重量

VLOG Pocket2
(4.5 / 5.0)
2020年7月10,931円272g

DJI OM5
(4.5 / 5.0)
2021年9月17,929円292g

DJI OM5はスマホの着脱がマグネット式クランプで簡単にできる点と自撮り棒のように伸ばせる延長ロッドが内臓されているのでさまざまな撮影方法に対応が可能です。

Amazonの口コミでも高評価の「DJI OM5」は価格が18,000円ほどしますが、「 Feiyu Tech VLOG pocket 2 」は12,650円で購入できます。

「DJI OM5」のマグネット式クランプに対して

・低評価
・高評価

をどちらもしている人がいるので好みの分かれるところだと思いますが比較するのもいいと思います。

DJIのガジェットは全体的に品質がいいのでおすすめです。

どのようなジンバルがいいのかは使う人の好みや使う状況によります。

ジンバルの有名なメーカーでは今回レビューしているFeiyu Tech以外にも

・DJI
・MOZA

などがあります。

VLOG pocket 2よりも、もっと高性能な機種がよかったり、もう少し本体が大きい方がいい、価格が安い方がいいなど違う機種を見たい方はコチラのiPhone・スマホ用ジンバルの比較記事も見てくださいね。

ジンバルの比較はコチラ

スマホジンバル比較

Feiyu Tech VLOG pocket 2の仕様レビュー

Feiyu Tech VLOG pocket 2のパッケージと同梱品を確認していきます。

VLOG Pocket 2の箱を開けた画像

届いた外箱、可もなく不可もなくと言ったところでいたって普通ですね。

内箱を開けると

同梱品は以下

・VLOG pocket 2 本体
・ミニ三脚
・USB Type-Cケーブル
・ボータブルバッグ

上記4点+取扱説明書とクイックガイドが同梱されていました。

VLOG Pocket 2の同梱品内容画像

ミニ三脚は開いた状態にしてみました。

のちほど説明しますがこの「ミニ三脚」がとても便利です。

VLOG pocket 2の仕様を紹介します。

メーカー Feiyu Tech
機種名VLOG pocket 2
型番FYVLP2-BK
バッテリー1300 mAh
駆動時間9時間
本体重量272g
耐荷重250g
サイズ16.9 x 6.9 x 18 cm
主な対応機種Android/IPhone12ProMax/12Pro/12Mini/12

メーカー記載の対応機種はiPhone12シリーズですが、大きさが3タイプあるので分かりやすいかと思います。

他のスマホでも対応する幅が合うモノなら多くの機種で取り付けができます。

VLOG pocket 2のミニ三脚がとてもいい

VLOG pocket 2のミニ三脚は小さくてもしっかりと役割をはたすクオリティです。

本体に取り付けてVLOG pocket 2を床に置いてみました。ミニでも安定感もよくてお気に入りです。

ミニ三脚はVLOGの撮影や、旅行で友達や家族とみんなで一緒に撮るときに役立ちます。

VLOG pocket 2には「ジェスチャーコントロール」が付いているのでカメラの前に立ち指で決められたジェスチャーをするだけで撮影が簡単にできます。

次にミニ三脚が付いていない状態と付けた状態で比較してみましょう。

ミニ三脚を取り付けていない状態

VLOG pocket 2を持つとこんな感じで「コンパクト」です。

ミニ三脚を取り付けた状態

ミニ三脚を本体に取り付けて三脚の部分をたたむと、本体の持ちて部分が延長されて手のひらが大きい男性でも本体が持ちやすくなります。

高い位置から撮影したいときにも便利です。

VLOG pocket 2 三脚以外の機能があるこのミニ三脚は使いやすくお気に入りです。

Feiyu Tech VLOG pocket 2の使い方を実機でレビュー

VLOG pocket 2の使い方を順に説明していきます。

  1. 本体を充電
  2. FeiYuアプリをダウンロード
  3. 折りたたみの本体を開く
  4. iPhone/スマホを取り付け
  5. 4か所のロックを解除
  6. 電源を入れる
  7. FeiYuアプリを起動

まずは付属のUSB Type-Cケーブルをジンバルと電源に繋いで充電をします。

VLOG Pocket 2を充電

Feiyu Tech VLOG pocket 2の電源を入れる前に簡単な準備が必要です。

持ち運びができるようにコンパクトに折り畳めるVLOG pocket 2は4か所にロック機構が付いています。

この4か所にあるロックを解除します。

解除の順番は①の回すロックを「下に回して」ゆるめアームをあげてロックを「上に回して」固定します。

ここで「iPhoneもしくはスマホ」をクランプに挟んで取り付けます。

あとは②→③→④の順でロックを解除(回すだけ)してジンバルがダラ~んとゆるんだ状態にします。

スイッチOFFの状態
タクま
タクま

ロックを解除しないで電源を入れると「ピッ・・ピッ・・ピッ」と音がして赤ランプが点滅します。

4か所のロックを解除して電源を入れるとまるでロボットのように「ピピピッ」と元気よく音が鳴りだら~んとしていたジンバルにパワーが入ったイメージで起き上がり起動します。

このジンバルはアプリのダウンロードをしなくても動画を撮ることができます。

本体にある「動画」、「写真」のスイッチを押すことで撮影ができます。

専用のFeiYuアプリをダウンロードすると「ズーム機能」や

・タイムラプス
・ジェスチャーコントロール
・ファストフォローモード
・オブジェクトトラッキング

などが使えるようになり撮影がさらに楽しくなります。

旅行におすすめVLOG pocket 2は持ち運び性に優れている

Body Bagにも入るVLOG Pockt2

VLOG pocket 2が最もいい点は収納時にコンパクトに折りたためるのでバッグに入れてもかさばらないところが気にっています。

旅行に持って行くときにも荷物にならないのがいいですね。

それでいて高性能な3軸ジンバル。

折りたたみ時は3か所のアームがしっかりとロックできる仕様で、バッグに入れてもアームが動くことがなく安全に持ち運びができます。

旅先でプロのようなブレのない動画を撮りたい人におすすめです。

Feiyu Tech VLOG pocket 2の残念な点

VLOG pocket 2はジョイスティックの反応もよく思っていた通りの「滑らかな映像」が撮れるジンバルです。

サイズ感や重量も申し分がなく「持ち運びしやすい」点も気に入っています。

ここが残念

一つ残念な点はFeiYuアプリを起動するとVLOG pocket 2 の本体で「ズーム」機能が使えるようになりますが、これがイマイチ・・・「ズームの速度が遅め」。

ズームを多用する人やズームの速さを求める方にはやや残念と言えます。

Feiyu Tech VLOG pocket 2レビューのまとめ

今回は初心者でも使いやすい「Feiyu Tech VLOG pocket 2」を紹介しました。

iPhone13シリーズならすべて対応できるので、Androidスマホも多くの機種が対応できると思います。

僕がiPhone12 miniを取り付けてジンバルを使った感想ですが「 VLOG pocket 2 」よりもサイズが大きいと使いずらくなると思ったこと。

サイズは改めて重要だと感じました。

「 VLOG pocket 2 」の一番のお気に入りポイントは折りたたんだ時のサイズととにかく軽い重量です。

小さなバッグに入るサイズで「持ち運び・持ち歩き」にベストなスマホ用3軸ジンバルです。

使いやすいジョイステックなど高性能でコスパよしの「Feiyu Tech VLOG pocket 2」はスマホでの撮影におすすめのジンバルです。