ガジェットの比較/カメラ/ドローン/SDカード/ロボット掃除機

ウォーターサーバーの電気代は高いの?人気7社電気ポットと比較してみた!

ウォーターサーバーの電気代は1ヶ月でどれくらい?と気になる人も多いともいます。

・水を冷やす
・熱くする

常時電源を入れたままなのでウォーターサーバーの電気代は高そうなイメージがありますよね。

家庭用ウォーターサーバーを設置したいけど

・電気代はどれくらい必要なの?
・高そう
・月々の電気料金はいくら掛かるの?

と気になる方も多いと思います。

近年のウォーターサーバーは省エネモードを搭載したエコな機種のラインナップも多くなり、一般モデルとどれくらい違うのかも比較していきます。

人気のウォーターサーバー7社の最新モデルの電気代を比較、違いや省エネランキングを紹介していきます。

ウォーターサーバーの電気代!電気ポットとどっちが高いか比較

ウォーターサーバーの電気代は冷水と温水がいつでも出ることを考えると、高そうなイメージがありますよね。

特にお湯の温度を高くするヒーターは多くの消費電力を使うので気になります。

各メーカーの電気代の公表値と電気ポットの電気代を比較していきます。

測定は以下の条件下

日本電機工業会自主基準による測定(室温23℃、湯沸し2回/1日、 再沸とう1回/1日、保温90℃で23時間/1日、365日/年間、その他水量等の試験条件:HD-112に基づく、電力料金目安単価27円/kWh(税込){2014年4月改定}で計算)季節による周囲温度等の条件により、変動する場合があります。

引用元:象印 ポット・ケトル https://www.zojirushi.co.jp/syohin/pot_kettle/

電気ポットの電気代は容量や仕様によって違いますが、おおよそ10円~30円/日です。

電気ポットで有名なメーカー「象印」の電気ポットで比較してみましょう。

機種保温タイプ容量電気代
(年間)
電気代
(1か月)
電気代
(1日)
CV-WB30 電気+まほうびんで
保温
3.0L 約5,500円約458円 約15円


CD-WU22
電気で保温2.2L約9,800約817円約26.8円


CD-WU40
電気で保温4.0L約13,600円約1,133円約37.3円

電気ポットの1か月の電気代は平均約500~1,000円ほどです。

保温タイプが電気+まほうびんのタイプは、ウォーターサーバーで言うところの「エコモード機能」と同じようなイメージですね。

ではウォーターサーバーの有名メーカー

・フレシャス
・プレミアムウォーター

の電気代を比較してみましょう。

メーカー機種エコ機能電気代
(年間)
電気代
(1か月)
電気代
(1日


フレシャス
Slat 
Slat cafe
搭載約4,560円380円約12円


プレミアムウォーター
スリムサーバーIII 搭載約7,560円630円約20円

ウォーターサーバーの1か月の電気代の平均は「電気ポット」と同じで約500円~1,000円ほどと言われています。

今回比較したメーカーのサーバーは最新モデルでエコモードを搭載しています。

エコモードをONにすると約400円~600円なので電気ポットと比較してみるとウォーターサーバーの電気代は決して高くないことが分かります。

メーカーでどのようなサーバーをラインナップしているかでも違いがありますが、家庭用の最新モデルでは

・エコモード
・省エネモード

を搭載しています。

のちほど詳しく解説していきますが、エコモードを搭載した機種は夜間(消灯)すると自動で温水ヒーターをオフにする機能や、温水温度を低く設定できるなど家計に優しいウォーターサーバーです。

同じシリーズの機種

・床置き型
・卓上型

でも消費電力の違いで電気代が異なりますので、メーカーや機種によってどれくらい電気代が違うのか比較していきます。

ウォーターサーバー消費電力と電気代

ウォーターサーバーに限らず消費電力が大きいほど電気代は高くなります。

常時電気を使う家電の1ヶ月の電気代は

・冷蔵庫:約7,000円~8,000円
・電気ポット: 約500円~1,000円

必要な時だけ使う家電は以下

・エアコン
・洗濯機
・テレビ
・照明器具

です。必要な時だけ使う家電はご家庭の使用頻度で「電気代」が変わりますが、「常時電気」を使う家電は得に省エネモデルを選びたいですね。

ウォーターサーバーはいつでも「冷水」・「温水」が利用できるようにコンセントは挿したまま、電源は常に入れた状態にしておく必要があるので「電気代」が気になりますね。

特に温水は消費電力(W)が高いので1ヶ月の電気料金が心配な方も多いと思います。

フレシャスの

・dewo
・dewo mini

で冷水と温水の消費電力を比較していきます。


dewo

dewo mini
冷水80W100W
温水350W200W
冷水温度4〜10℃5〜10℃
温水温度
(通常)
80~85℃80〜85℃
温水温度
(エコモード)
65~75℃70〜75℃

お湯がいつでも出るように温水ヒーターを使うウォーターサーバーはでは「温水」を使う時の消費電力が高いことが分かります。

ウォーターサーバーは「冷水」・「温水」を同時に冷やす、温めるを行っているので上記比較のサーバー「dewo」を例にすると

・冷水:80W
・温水:350W

で合計430Wの消費電力となります。

エコモードを搭載した機種では温水側の電力消費を抑えてくれるので、積極的に省エネ運転をしたいですね。

ウォーターサーバー床置き型と卓上型の電気代!どっちが安い?

ウォーターサーバーの本体はユーザーが利用しやすいようにほとんどのメーカーで

・床置き型
・卓上型

を選べるようにラインナップしています。

人気メーカーの

・プレミアムウォーター
・フレシャス

の床置き型と卓上型のサーバーで1ヶ月の電気代を比較してみました。

メーカーの公表値では床置き型よりも卓上型の方が電気代が高くなっています。

プレミアムウォータープレミアムウォーター フレシャス フレシャス
機種スリムサーバーⅢ
ロングタイプ
スリムサーバーⅢ
スリムタイプ
dewo dewo mini
タイプ床置き卓上床置き卓上
電気代/月
(通常)
約630円約790円
電気代/月
(エコモード)
約500円約630円約330円約490円

卓上型の方が本体が小型で電気代が安いイメージがありますが、比較表でも分かるようにウォーターサーバーの電気代は「床置き型」よりも「卓上型」の方が約100円/月ほど高くなることが分かります。

卓上型のウォーターサーバーは床に置くスペースがない方や一人暮らし、自分の部屋で使われる方が多いようです。

置き場所がある方は「電気代が安い」床置き型がおすすめです。

ウォーターサーバーの電気代節約の3つの方法

ウォーターサーバーの電気代を少しでも節約したいそう思う方は多いと思います。

冷蔵庫のように常時電気を入れたままの家電なので、ウォーターサーバーを設置する前に注意したい3つのポイントを確認しておきましょう。

電気代節約①エコモードを搭載したウォーターサーバーを選ぶ

ウォーターサーバーのメーカーや機種により

・エコモード
・省エネモード

など機能やできることは様々ですが、どれも「節電」が目的の機能です。

1ヶ月の電気代を少しでも安く抑えたいなら最新のエコモードを搭載したサーバーを選びましょう。

電気代を安くするポイントは使っていないときの「温水」の消費電力を抑えることです。

省エネ機能ではボタンを押すだけで温水温度を15℃程度下げて70℃前後にする機能。さらに部屋の明るさをセンサーが検知して自動で温水ヒーターを停止する機種があります。

明るくなれば10~15分でいつも使っている温水に戻るため問題なく利用できます。

電気代節約②壁から離して設置する

ウォーターサーバーは水が入ったボトルやビニールパックを本体にセットして使います。日光が当たる場所や、エアコンなどの風が直接あたる場所は避けたいですね。

特に窓際は冬場は温水に影響をしたり、夏場なら直射日光や熱で水が温度変化することで放熱効果が低下するなどして「消費電力」が大きくなることがあります。

ウォーターサーバーを設置するときは、熱がこもらないように最低でも壁から5cm以上は離して設置しましょう。

周囲に風の通り道を作り、ウォーターサーバーに負担がかからないようにすることで無駄な消費電力を抑えることができます。

電気代節約③ 電源を切らない!コンセントを抜かない

電化製品はむやみに電源の入り切り操作をすると余計に電力を消費します。

ウォーターサーバーも同じで電源を切ってしまうとお湯の温度を上げるのに時間がかかるので「電気代」が高くなります。

さらに電気を切ってしまうと雑菌の繁殖を抑える機能まで停止してしまいます。衛生面でキレイに保つためにもコンセントは抜かないようにしましょう。

ウォーターサーバー電気代の比較

ウォーターサーバーの電気代はメーカーや機種により違いがあります。

さらに機種ごとに細かく電気代を算出しているメーカーもあれば、おおよそでしか公表していないメーカーもあります。

ウォーターサーバー7社の電気代比較
  1. プレミアムウォーター電気代
  2. フレシャス電気代
  3. うるのん電気代
  4. アクアセレクト電気代
  5. クリクラ電気代
  6. アクアクラ電気代
  7. アルピナ電気代

各メーカーの電気代を比較表でまとめています。

メーカープレミアムウォーターフレシャスうるのんアクアセレクトクリクラアクアクララアルピナ
電気代/月490円~1,188円330円~750円513円~755円600円~1,00円756円~1300円500円~1,000円1,000円
エコモード搭載搭載搭載非搭載搭載搭載非搭載
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る 詳細を見る詳細を見る詳細を見る

上記人気メーカーの中でも電気代/月を機種ごとに公表しているのが

・プレミアムウォーター
・フレシャス
・うるのん

この3社以外はおおよその公表値です。

電気代に幅があるのはサーバーの機種によっての違いです。またエコモードを使った場合と使わない場合で細かく公表しているメーカーもあります。

電気代が気になる方は「電気代」がしっかりと記載されたメーカーを選びましょう。

電気代が安い順ウォーターサーバーおすすめランキング7選

ここでは各メーカーごと、機種ごとに「電気代」まとめています。

電気代が安い順におすすめランキング形式で紹介していきます。

電気代が安いランキング① フレシャス電気代

ウォーターサーバーフレシャスの電気代を比較していきます。

フレシャスのおすすめポイント
  • 電気代約330円/月~
    省エネ度No.1安心のブランド
  • おしゃれなサーバー
    デザイナーズモデルgoodデザイン賞
    カフェ機能付きもラインナップ
  • おいしい天然水
    選べる3つの採水地
  • 女性に優しいメーカー
    軽量ボトルが選べる

フレシャスは家庭用に開発されたウォーターサーバー「9機種」をラインナップ。

家計に優しい省エネモードをすべての機種に搭載しています。1ヶ月の電気代も330円~とウォーターサーバー業界トップクラスでとてもエコです。

お湯、冷水がいつでも使えて1日の電気代は約11円~と超エコなサーバーをフレシャスではランナップしています。

フレシャスではユーザーのことを考えてしっかりと公式サイトで「電気代」を表示しています。

機種名Slat+cafeSlatdewo minidewoSIPHON+miffyRilakkumaONE PIECE
タイプ床上床上床上卓上床上卓上床上床上
消費電力冷水90W
温水430W
冷水90W
温水430W
冷水80W
温水350W
冷水100W
温水200W
冷水80W
温水350W
冷水100W
温水200W
冷水80W
温水350W
冷水80W
温水350W
カフェ機能コーヒー抽出
一杯:0.5円
非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応
電気代
エコモード
約380円約380円約330円約490円約750円約490円約750円約750円
省エネ70%カット70%カット60%カット70%カット30%カット60%カット30%カット30%カット
購入プラン
(税込
一括:49,500円
36回:1,741円/月
水価格:17%OFF
一括:49,500円
36回:1,436円/月
水価格:17%OFF
一括:43,890円
36回:1,283円/月
水価格:18%OFF
一括:47,300円
36回:1,375円/月
水価格:18%OFF
レンタルのみ一括:48,950円
36回:1,359円/月
水価格:18%OFF
レンタルのみレンタルのみ
レンタル料
(税込)
初月無料
前月3箱以上/無料
前月0~2箱1320円/月
初月無料
前月3箱以上/無料前月0~2箱990円/月
初月無料
前月3箱以上/無料
前月0~2箱550円/月
初月無料
前月2箱以上/無料
前月0~1箱550円/月
無料購入のみ無料無料

サーバー本体は

・購入プラン
・レンタルプラン

から選べるのもフレシャスの良心的なところです。購入プランはお水の価格が18%OFF~17%OFFで購入できるお得なプランです。

家計にさやしい「省エネ」No.1のフレシャスのウォーターサーバー。

省エネ度電気代水の種類
(5.0 / 5.0)
380円~天然水
初期費用送料注文ノルマボトルタイプ
無料無料なしワンウェイボトル

フレシャスはコチラ

電気代が安いランキング② プレミアムウォーター電気代

ウォーターサーバープレミアムウォーターの電気代を比較していきます。

プレミアムのおすすめポイント
  • 電気代/月は約490円~
    省エネ度No.2
  • amadanaコラボ
    おしゃれなコラボサーバーがランナップ
  • おいしい天然水が自慢
    非加熱処理の天然水はひと味違う

おいしい天然水のプレミアムウォーターでは「6機種」をラインナップ。

おしゃれな「amadana 」とのコラボモデルのサーバーも人気です。

ほとんどの機種で「エコモード」を搭載し1ヶ月の電気代は約490円~と家計に優しいウォーターサーバーを取り入れています。

1日あたりわずか16円~と省エネを実現しています。

電気代も「通常使用」と「省エネモード」を使った時の電気代がしっかりと公表されています。

機種名スリムサーバーⅢスリムサーバーⅢamadanaamadanacado×
PREMIAM WATER
QuOL
タイプ床上卓上床上床上床上床上
消費電力
電気代
通常
約630円約790円約1,060円約610円約840円約1,188円
電気代
エコモード
約500円約630円非搭載約490円約670円約1,080円
レンタル料金無料無料無料1,100円/月通常: 1,100円/月
MOM CLUB
2本:880円/月
4本:550円/月
1,100円/月

費用を抑えたい方はレンタル「無料」のサーバーがおすすめです。

非加熱処理で天然の味にこだわるウォーターサーバーの「天然水」はおいしいと好評です。

省エネ度電気代水の種類
(4.5 / 5.0)
490円~天然水
初期費用送料注文ノルマボトル
無料無料2本/月
2本セット配送
ワンウェイボトル

プレミアムウォーターはコチラ

電気代が安いランキング③ うるのん電気代

ウォーターサーバーうるのんの電気代を比較していきます。

うるのんは国内外コンテストで5冠を達成した富士の天然水を提供するメーカーです。

「富士の天然水さらり」はモンドセレクションなど多くの賞を受賞した特別な天然水です。

うるのんのおすすめポイント
  • 電気代/月は約513円~
    省エネNo.3
  • 権威ある賞を5冠の天然水
    おいしい富士の水
  • スタイリッシュサーバーインパクト大
    ドラマでも利用実績のあるおしゃれサーバー

内部クリーン機能を搭載したうるのんのウォーターサーバー。電気代/月はエコモードを搭載したGrandeが513円と省エネサーバーです。

Grandeはうるのんの子育てプラン対象です。

17円/日の電気代で家計に優しい業界トップクラスのエコサーバーです。

機種名GrandeGrandeスタイリッシュ
サーバー
スタンダード
サーバー
タイプ床上卓上床上床上
消費電力冷却:90W
加熱:350W
冷却:90W
加熱:350W
冷却:90W
加熱:350W
冷却:90W
加熱:350W
電気代
通常
約755円約755円約1,000円 約1,000円
電気代
エコモード
約513円約513円非搭載 非搭載
レンタル料金330円330円無料無料

うるのんのサーバーの中ではおしゃれなデザインのスタイリッシュサーバーのインパクトが大でです。

人気があるサーバーですが「エコモード」には対応していません。

省エネ度電気代水の種類
(4.5 / 5.0)
513円~天然水
初期費用送料注文ノルマボトル
無料無料2本/月ワンウェイ

うるのんはコチラ

電気代が安いランキング④ アクアクララ電気代

ウォーターサーバーアクアクララの電気代を比較していきます。

アクアクララのおすすめポイント
  • 電気代/月は約495円~
    省エネNo.4
  • 安全安心のRO水
    ROろ過で限りなく純水
  • コーヒーコラボマシンが人気
    アクアウイズならいつでもコーヒーが淹れられる

アクアクララは安全・安心の水を提供するRO水のトップメーカーです。

ウォーターサーバーは「4機種」をラインナップ。

ECOモードを搭載した機種はコーヒーマシンとコラボした「 アクアウィズ 」。ECOボタンを押すだけで温水の温度を70~75℃に維持して消費電力が45%削減で約495円/月です。

1日16円の電気料金でコーヒーマシン付きのウォーターサーバーが使える。

70~75℃は赤ちゃんのミルクの調乳にも推進される温度です。

機種名アクアファブアクアウィズアクアスリムアクアスリムS
タイプ床上床上床上卓上
消費電力
電気代
通常
約900 約900円 約900円 約900円
電気代
エコモード
約495円
省エネ非搭載消費電力
45%削減
非搭載非搭載
省エネ度電気代水の種類
(4.0 / 5.0)
495円~RO水
初期費用注文ノルマ送料ボトルタイプ
無料なし無料リターナブルボトル

アクアクララはコチラ

電気代が安いランキング⑤ クリクラ

ウォーターサーバークリクラの電気代を比較していきます。

クリクラのおすすめポイント
  • 電気代/月は523円~
    省エネNo.5
  • 強炭酸水が飲めるサーバーも選べる
    クリクラShuwa
  • 産院で一番選ばれているウォーターサーバー
    お客様満足度No.1

クリクラのウォーターサーバーは宅配水市場で11年連続お客様満足度NO.1のRO水のメーカーです。

サーバーは4タイプがラインナップしています。

クリクラでは「強炭酸水」が飲めるマルチサーバー「クリクラShuwa」も選ぶことができます。

省エネサーバーは電気代523円/月~

おしゃれなクリクラFitはエコモードには対応していませんが電気代600円/月~と家計に優しいサーバーです。

家計に優しい電気代を抑える省エネサーバーや最新のおしゃれなFitサーバーをラインナップ。

機種名クリクラ
Fit
クリクラ
サーバー
クリクラ
省エネサーバー
マルチサーバー
クリクラShuwa
タイプ床上床上/卓上床上/卓上床上
消費電力冷水:95W
温水:350W
冷水:73W
温水:450W
/
冷水:75W
温水:350W
冷水:80W
温水:300W
/
冷水:90W
温水:300W
冷水:76W
温水:350W
電気代
通常
600円~900円1,000円~1,300円
電気代
エコモード
535円/523円
再加熱機能対応非対応非対応非対応
省エネ度電気代水の種類
(4.0 / 5.0)
523円~RO水
初期費用注文ノルマ送料ボトルタイプ
無料1なし2無料リターナブルボトル

※1:クリクラ省エネサーバーの場合、初回金7,700円(税込)、クリクラFitは初回金2,200円/台(税込)、クリクラFit再加熱機能付きは4,400円/台(税込)が必要。
23ヶ月で注文数6本未満の場合は月1,100円(税込)かかります。

クリクラはコチラ

電気代が安いランキング⑥ アルピナ

ウォーターサーバーアルピナの電気代を比較していきます。

アルピナのおすすめポイント
  • 電気代/月は580円~
    省エネNo.6
  • 12Lボトル1,134円
    500ml換算で約48円
  • 北アルプスの天然水を使用
    贅沢に天然水をROろ過

アルピナは北アルプスからくみ上げた天然水をROろ過をした安全安心なRO水のメーカーです。

レンタル料が必要ですが、1ヶ月の水の消費量が多いご家庭では、水単価が安いのでお得なサーバーです。

エコサーバーや水素水サーバーもラインナップしています。

電気代はエコサーバーが約580円/月~

1日あたり約19円~

ウォーターサーバー本体はおしゃれ感はありませんが、シンプルでどこに置いても違和感のないタイプです。

機種名エコサーバースタンダードサーバー卓上サーバー水素水サーバー
タイプ床上床上卓上床上
消費電力冷却95W
加熱260W
冷水:80W
温水:300W
冷水:95W
温水:275W
冷却85W
加熱330W
電気代
通常
1,000円1,000円1,000円1,500円
電気代
エコモード
約580円
省エネ消費電力
42%削減
非対応非対応非対応
レンタル料金959円629円629円1,729円
省エネ度電気代水の種類
(3.5 / 5.0)
580円~RO水
初期費用注文ノルマ送料ボトルタイプ
無料
※水素水サーバーは11,000円
なし配送エリア内無料リターナブルボトル

アルピナはコチラ

電気代が安いランキング⑦ アクアセレクト

ウォーターサーバーアクアセレクトの電気代を比較していきます。

アクアセレクトのおすすめポイント
  • 電気代/月は約600円~
    省エネNo.7
  • 水質No.1の天然水
    水質日本一「宮川」の天然水
  • 天然水最安値
    おいしい天然水が安い

アクアセレクトは水質日本一に17回輝いた宮川(伊勢神宮の禊ぎ川)の天然水を提供するメーカーです。

天然水でRO水なみの低価格でコスパ最強のウォーターサーバーです。

気になる電気代は約600円/月~と決して高くはありません。

電気ポットと変わらない電気料金でウォーターサーバーが利用できます。お水価格がリーズナブルなのでトータルで考えると家計に優しい宅配水です。

機種名OVIO7000OVIO7000OVIO6000OVIO6000
タイプ床上卓上床上卓上
消費電力冷水:100W
温水:400W
冷水:100W
温水:300W
冷水:95W
温水:520W
冷水:95W
温水:520W
電気代
通常
約600円〜1,000円約600円〜1,000円約600円〜1,000円約600円〜1,000円
エコモード非搭載非搭載非搭載非搭載
タイトル
省エネ度電気代水の種類
(3.5 / 5.0)
600円~天然水
初期費用注文ノルマ送料ボトルタイプ
無料あり
最低1箱/月
無料 ※1ワンウェイボトル

※1沖縄県、北海道、離島については有料となります。

アクアセレクトはコチラ

ウォーターサーバー電気代比較の省エネランキングまとめ

ウォーターサーバーの電気代はメーカーやサーバーの機種によって電気代が違うのがお分かりいただけたと思います。

全体として常時電源を繋いでおく必要のある家電では、ウォーターサーバーは電気代が安い方です。

電気ポットよりも電気料金を安く抑えて、お湯だけでなく冷水もいつでも使える利便性で家族も大満足です。

特に最新のエコサーバーは電気代/月が500円以下と家計に優しいので不安だった方も安心して利用できます。

電気代が安いウォーターサーバーはここで紹介しているメーカーNo,1~3位がおすすめです。

ポイントはココ
電気代が安いおすすめランキングNo.3は
  1. フレシャス
  2. プレミアムウォーター
  3. うるのん

電気代が安くておしゃれなウォーターサーバーがおすすめです。

インテリアに合うおしゃれな家計に優しい省エネサーバーで天然水やRO水でコーヒーや紅茶を楽しみましょう。

もっと詳しく知りたい方コチラの水の種類や価格、ウォーターサーバーデザインを比較を見てね。