ガジェットの比較/カメラ/ドローン/SDカード/ロボット掃除機

WH-1000XM4 レビュー|業界最高クラスSONYのノイキャン最強!ヘッドホン!

今回はソニーのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM4」を購入したのでレビューをしていきます。

すでに新型「WH-1000XM5」が2022年5月27日に発売されていますが、僕はあえて「WH-1000XM4」を購入しました。

理由は音質やノイキャン性能が良くて新型より安い。

やっぱりソニーですね。

結論から言ってしまうとトータルバランスは最高レベル。ノイキャンレベルは「えっ?うそでしょ」と感じるほどスゴイ。

タクマ

もちろん感じ方に個人差はありますよ

Bluetoothの遅延もなく映画やゲームも快適です。

音質も2万円ほどのヘッドホンとはあきらかに違う←比べるな?

新型「WH-1000XM5」と旧型「WH-1000XM4」どっちにしようかと

・価格と性能で悩む

そんな方の参考になれば嬉しいです。「WH-1000XM4」の実機レビューと新型「WH-1000XM5」との比較もしています。

ソニー(SONY)
¥33,200 (2022/08/27 21:17時点 | Amazon調べ)
\タイムセール/
Amazon
\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場

WH-1000XM4 VS WH-1000XM5の比較!

「WH-1000XM4」のレビューを紹介する前に

・WH-1000XM4
・WH-1000XM5

新旧で何が変わったのか比較表で紹介していきます。

機種評価発売日実勢価格プロセッサードライバーユニットマイクDSEE Extreme360 Realtiy Audio外音取り込みモードNCオプティマイザー通信方式充電時間駆動時間
(連続再生)
充電方法重量


WH-1000XM4
(4.5 / 5.0)
2020年9月4日34,545円
公式:41,800円
高音質NCプロセッサ「QN1」40 mm4個対応対応対応対応Bluetooth 5.0約3時間最大30時間
(NCオン時)
最大38時間
(NCオフ時)
USB Type-C約254 g


WH-1000XM5
(4.5 / 5.0)
2022年5月27日42,000円
公式:49,500円
高音質NCプロセッサ「QN1」
統合プロセッサー「V1」
30 mm8個対応対応対応(オートNCオプティマイザー)Bluetooth 5.2約3.5時間最大30時間
(NCオン時)
最大40時間
(NCオフ時)
USB Type-C約250 g

WH-1000XM4の開封レビュー

WH-1000XM4のパッケージ表側

パッケージなんてどうでもいいよ。と聞こえてきそうですが、この「WH-1000XM4」の外箱の触り心地がなんとも言えない質感。

WH-1000XM4のパッケージ表側

安物のガジェットとは違うさすがはソニーさんです。

箱から出してみると

・キャリングケース
・説明書

持ち運びに便利なコンパクトサイズのキャリングケースを開けると

・ヘッドホン本体
・USB Type-C ケーブル
・ヘッドフォンケーブル
・航空機用プラグアダプター

が入っています。

旅行やお出かけ時に持って行くときもいいですね。ヘッドフォンをしっかりと保護してケーブル類などの付属品もまとめて入るので扱いやすいです。

こういうところも抜けがないのがさすがSONYです。

デザイン

デザインはシンプルイズベスト。やわらかい印象のシンプルなデザインでありながら高級感もあるのがさすがソニー製。

カラーは

・ブラック
・プラチナシルバー
・ミッドナイトブルー(限定)
・サイレントホワイト(限定)

カラーブラックプラチナシルバーミッドナイトブルーサイレントホワイト
限定カラー限定限定

4カラーですが、ブルーとホワイトは限定販売です。僕が購入したのはブラックカラーです。

持った感じの質感は上々。ツヤのないマットカラーにゴールドの「SONY」文字がアクセントでいい感じです。ツヤがないので派手さはありませんが長く愛用できるデザインです。

ノイズキャンセリング機能

僕はワイヤレスイヤホンのノイズキャンセリング機能には慣れていますが、ヘッドフォンの「ノイズキャンセリング」は「WH-1000XM4」が初です。

難しいことは置いておいて「WH-1000XM4」のノイキャンは「えっ?何この無音空間は」というレベルの静寂が得られます。

実際に電車や車に乗ってみましたがあきらかにワイヤレスイヤホンのノイキャン性能とは違う静寂に驚きました。

タクマ

決して大げさに言っているわけではないよ

ノイズをしっかりとらえる「デュアルノイズセンサーテクノロジー」

2つのセンサー(スピーカー)

・フィードフォワードマイク
・フィードバックマイク

がノイズを捉え騒音を打ち消すソニーのテクノロジー。ぜひこのノイキャン性能を実際に体験してほしいですね。

SONY独自開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」がさらに進化して中音域の騒音をかき消す機能が向上したみたいです。

ただ電車の音など完全に消えるわけではありませんがソニーの高性能イズキャンセリング機能のスゴイところは「カスタムボタン」を長押しすることで使う人の装備状況

・髪型
・メガネの有無
・装着ズレ

これらを数秒で検知してユーザー合わせてノイキャン特性を最適化します。

  • さらに「WH-1000XM4」には気圧センサーが搭載されているので飛行機に搭乗中の気圧の変化も検知しノイキャンを最適化。

なかなかスゴイですね。またまた言うけどさすがソニーさん。

音質

僕は外出時に音楽を聴くのはAir Pods Proがメインですが最近Anker Soundcore Life P3を購入したのでこちらも併用して使っています。

自宅ではゲームや映画では「Beats solo3」のヘッドフォンをメインに使っていますが、全体にバランスがいい音質です。

これが360 Reality Audio認定モデルの体験なのか?

比較対象になるか分かりませんが「Beats solo3」で音楽を聴いていた僕が初めて「WH-1000XM4」で音楽を聴いたときに何とも言えない心地のよい奥から聞こえてくる音というか、なんと表現したらいいのか分かりませんがあえて言うなら

・「奥行きがある」

あきらかに今まで使っていた「Beats solo3」とは違う性能を感じました。「Beats solo3」も決して悪くはありませんがさらに価格が高いだけのことはあると感じさせるSONYの技術力を感じます。

これがソニーが言う「全方位から音が降りそそぐ、新体験」。オブジェクトオーディオという技術。

イメージは上図で「360度の全方位で包まれているように聞こえる」。確かに言われてみればそんな異次元の体験かもしれない。

ワイヤレスでもハイゾレ級の高音質

「WH-1000XM4」の音質は

・低音域
・中音域
・高音域

すべての音がバランスが良いチューニンがされている感です。デフォルトでも十分ですが音域に関しては専用アプリをダウンロードして

・イコライザー調整が自由にできる

ので好みの音質を求めることが可能です。

フィット感 装着感付け心地は?

僕ば「Beats solo3」を購入して使っていましたが、ヘッドバンドの側圧(締め付け)がきつめなので僕には長時間の使用はちょっと痛くなってくる感がイマイチだったこともあり「WH-1000XM4」の付け心地に期待していました。

スライダーは9段階に調整が可能でよくあるヘッドホンと同じですが、側圧が最適で強すぎず、弱すぎず絶妙。痛くもなくそれでいて外れやすい不安感も全くなし。

そして本体が軽い「WH-1000XM4」は

結論から言うと最高の付け心地です。

長時間使用していても締め付け感はなく頭や耳への負担や痛みは全く感じられません。

フィット感は抜群で「値段の違い」はこういうところに差が出ると再認識されられました。

イヤパッドの材質や質感は申し分なくソフトな付け心地は最高の一言です。

拡大するとこんな感じ。

ヘッドバンドの材質もイヤパッド同様に程よい柔らかさ質感は最高です。

タクマ

価格が高いだけのことはあって各部の素材感、付け心地は最高だよ。

ヘッドフォンはイヤホンと違い映画を観るにしろ、ゲームで使う場合でも長時間で使うことが多いので付け心地は音質の次に優先度が高いですね。

もしかしたら音質よりも大切かも。

そういう意味で「WH-1000XM4」は僕にとっては最高のヘッドホンです。

他機能

「WH-1000XM4」は音質がよくノイキャンも高性能です。

他の機能を紹介していきます。

ヘッドホンを付けたまま会話ができるスピーク・トゥ・チャット

「スピーク・トゥ・チャット」機能はヘッドホンを付けた状態で会話をしたいときヘッドホンを付けたままで会話ができる機能です。

実際に音楽を聴いていて声をだしてみました。

なんと自動で

・音楽が停止
・外音取り込み

に切り替わりヘッドホンをしたままの状態で会話が普通にできました。

バッテリー持ち

「WH-1000XM4」は1回満充電すると最大38時間の音楽再生が可能です。ノイキャン機能をONにした場合でも30時間と十分な稼働時間を確保しています。

毎日充電していれば外出時にバッテリー切れになる心配はなく安心ですね。

クイック充電に対応!10分の充電で5時間の再生ができる

・急なお出かけ時に充電量が少ないとき
・外出先で充電が少ないとき

たった10分の充電で5時間の再生を可能にするクイック充電に対応。

10分ならお出かけ前の準備中に充電ができますね。

WH-1000XM4 レビューのまとめ

SONY WH-1000XM4を紹介しました。新型 WH-1000XM5はさらに進化していますが、結論を言うと

・WH-1000XM4を買って正解

僕には十分な音質、ノイキャン性能です。SONYの人気ヘッドホンが35,000円以下で購入できるので満足度は高いです。

  • そして何より最高の付け心地!これは重要ポイントです。

WH-1000XM4が安い

実勢価格で新型より8,000円から10,000円ほど安く購入できるので予算で悩んでいるあなたには「WH-1000XM4」をおすすめします。

新型WH1000XM5

予算上限はないよと言う方は新型でも旧型でも買って後悔はないです。