小型カメラの超広角レンズが人気!!ワイドにお部屋を撮影

撮りたい所をワイドに撮影するなら小型カメラの広角レンズがすすめです。小型カメラの広角レンズと言えば、読んで字のごとく広い画角で通常のレンズよりも広い範囲が撮影できるカメラレンズのことです。

一眼レフカメラなどでよく使われるズームレンズの広角側で焦点距離を調整したり、広角レンズを使ったりして撮影されます。小型カメラでもこうした広角レンズを装備した機種が登場してきました。ここでは広角レンズに対応した小型カメラについてまとめてみましたので参考にして下さい。

 

広角レンズの役割とは

広角レンズで動画や写真を撮影すると広範囲の撮影が可能です。広がりのある写真が撮れるので風景などを撮影するときによく使われます。またもう一つの特徴として奥行きのある迫力ある画像が楽しめます。

例えば小型カメラの広角レンズで監視カメラとして部屋を撮影していたとすると、通常レンズでは部屋全体は撮影できず肝心な場面(端)が撮れていない・・・なんてことも、超広角レンズなら部屋全体が撮影できるのでバッチリ撮れていた。そんな役立ちレンズが広角です。

 

小型カメラ機種別広角範囲

超広角レンズが搭載された小型カメラ数種ありますが、角度にも種類があります。下記にまとめましたので参考にして下さい。

一般的なレンズでは50°、70°から80°、90°、画角が広いレンズは100°以上~120°、170°まで取り揃えています。数値が大きくなるほど広い画角でワイドな撮影ができるレンズです。撮影したい状況に合ったものを選択しましょう。

 

超広角レンズのメリット

広角レンズにはそれぞれ種類があり、その撮影できる範囲も変わってきますが、通常の範囲で撮影できるカメラと比較すると撮影した画像や動画のワイド感と奥行きの違いはレンズの広角度によって違います。

また広角レンズではお部屋などの防犯カメラとして利用する時など広い角度で撮影できる広角レンズならではのメリットもあります。ご利用シーンに合わせて広角レンズに対応した機種を選択しましょう。

 

小型カメラ広角レンズのおすすめ紹介

小型カメラでは利用目的別に種類が豊富です。通常のレンズのものから広角を装備したもの、交換用レンズがオプションとして販売されているものなどたくさんの種類があります。

その中でも実用的で人気のある広角レンズを搭載した機種を紹介して行きます。

 

スパイ博士
こちらは基盤ユニットの完成品です。オプションのレンズでは広角レンズを撮り揃えているので、撮影状況に応じて狭い画角、広い画角で使い分けるのがおすすめだよ。
基盤ユニットUT-124/オプション
【4K H.265 256GB対応】
【UT-124専用 広角4Kレンズ 視野角90° 長さ約90mm】
【UT-124専用 リモコン】

小型カメラの基盤ユニット!自作カメラの作り方とおすすめ9選

2020年5月28日
スパイ助手
超小型カメラなのに画角が広いから自宅の防犯カメラにおすすめだよ。隠して撮れる広角レンズカメラ。
【広角レンズ 自動赤外線暗視小型カメラ】
【広角140° ホーム防犯カメラ】

超小型隠しカメラ!おすすめの人気機種【2020年】

2020年6月28日

 

スパイ博士
置き時計型カメラはなんと150°の広角レンズ。これなら部屋全体が撮れるぞ。
【150°広角 置時計型カメラ】

置時計型カメラの使い方!おすすめと人気機種【2020年】

2020年5月28日
スパイ助手
小型のジンバルカメラを使えばブレのないプロみたいな動画が撮れちゃうんだよ。広角レンズで人気の2機種を紹介しちゃうよ。
【4Kビデオカメラ 128°超広角視野】
【広角120° 6軸ハイブリッド補正 4K/60fps撮影 】

小型3軸ジンバル カメラおすすめ!4社人気モデル徹底比較!【2020年】

2020年10月25日

この記事のまとめ

広角レンズは、広い画角で撮れるので、広い場所、広い部屋でも広範囲の撮影ができるので、映らないところを最小限にできるので撮れない死角を少なくでき、肝心なところが撮れていなかった・・・のようなことを最小にすることができます。

監視するカメラや証拠撮りの小型カメラでは、より多くの範囲を撮れる方が便利です。

標準のレンズでは、撮れる範囲が限られて役に立たないと思う方はぜひ広角レンズを選びましょう。