ガジェットの比較/カメラ/ドローン/SDカード/ロボット掃除機

Insta360 Ace Proの夜間撮影レビュー!GoPro HERO12と比較してみた結果!

アクションカメラで暗所撮影しても暗くて使い物にならないよ。今までのアクションカメラでは常識でした。

そんなアクションカメラ市場に低照度下でも綺麗に夜間撮影できるInsta360 Ace Proが発売されました。

ライカと共同開発された光学技術を投入、さらにより多くの光を取り込める大型1/1.3インチセンサーに加え、5nm AIチップ(AIノイズ除去)と低照度撮影に特化したPureVideoモードを搭載。

結論からいうとライバルのGoPro HERO12と比較にならない低照度下での性能差に驚きました。

GoPro HERO12 Blackとの比較映像をメインにAce Proの夜間・夜景撮影性能をいろいろなパターンでレビューしていきます。

Insta360
¥67,800 (2024/02/10 20:34時点 | Amazon調べ)

Insta360 Ace Proの特徴

ライカ共同開発スーパーズマリットレンズを搭載。レンズの周りには「SUPER-SUMMARIT-A 1:2.6/16 ASPH.」と表記されています。

画質を決めるイメージセンサーは1/1.3インチに加えライカと共同開発された光学レンズで高い描写性能が特徴。

ライバルGoPro HERO12のセンサー1/1.9インチよりも大型サイズ。

自撮りディスプレイ比較:Ace Pro vs GoPro12

Insta360は他2社のアクションカメラにはない2.4インチフリップ式タッチスクリーンを搭載、大型スクリーンでアングル確認をして自撮りにも対応したVLOG撮影におすすめのカメラです。

夜景に強いAce Pro
  • ライカと共同開発の光学技術
  • 大型1/1.3インチセンサー
  • 夜景撮影PureVideoモード搭載

Insta360 Ace proの撮影性能

Insta360 Ace Proは夜間撮影性能の高さがGoProや他アクションカメラよりも頭一つ飛び出ているカメラです。

GoProはHERO12でHDR動画が使えるようになり暗所撮影性能が向上したと言われていますがHDRで撮影した結果、街路灯の多い街中ならそこそこ撮れますが、低照度下では滲みがひどくYouTubeなどに掲載できるレベルではありませんでした。

タクマ

GoProは明るい時間帯のアクションシーンのみ撮れればいい設計なのかもね

Ace Proは夜間撮影は難しい設定が不要でPureVideoモードにするだけで綺麗な夜景撮影ができます。

タクマ

初心者でも簡単に綺麗な夜景撮影ができるよ。

「AUTO」撮影で簡単に綺麗な撮影ができますが、「M」をタップしてマニュアルモードでホワイトバランスやISO感度を変更して夜間撮影を楽しむこともできます。

タクマ

初心者からベテランまで楽しめるアクションカメラだね。

夜景撮影に特化したPureVideoモードでAUTO→Manualモードに変更で設定変更ができるのは

・ホワイトバランス
・EV値

「低照度手ブレ補正」機能も搭載しています。

通常の動画でAUTO→Manualモードに変更で設定変更できるのは

・STD
・ISO感度
・ホワイトバランス
・シャッター速度
・EV値

Insta360 Ace pro vs GoPro12の夜間・夜景撮影比較

昼間の明るい環境での撮影性能は各社のアクションカメラで描写性能に大きな違いを感じることはできませんが、暗所撮影性能ではセンサーサイズやレンズの違い、レンズや補正技術などメーカーよって大きな違いがあります。

今回はPureVideoモードを搭載したInsta360 Ace ProとHDRビデオ機能を搭載したGoPro HERO12の夜景性能をガチしてみました。

Insta360 Ace Pro vs GoPro HERO12|標準ビデオ比較

まずは標準ビデオで暗所撮影比較をしてみました。比較はInsta360 Ace ProとGoPro HERO12。

標準ビデオで撮影。

・4K/30FPS
・シャープネスは中
・設定は全てAUTO

で撮影してみました。

街灯などの多い比較的明るい場所から徐々に街灯の少ない裏路地へと進みながら撮影をしてみました。

標準ビデオでも低照度下の撮影性能はGoPro HERO12よりもAce Proの方が画質が綺麗に撮れていますのでビデオをチェックしてみて下さい。

動画前半の明るい場所では大きな違いは感じられませんが、街灯の少ない路地に入った場面では建物の様子など大きな違いがありました。

画質だけでなく映像のブレにおいてもAce Proは安定していますが、Gopro12は映像のブレがひどくなっています。

標準ビデオで正直ここまで差が出るとは思っていませんでした。

Insta360 Ace Pro(PureVideoモード) vs GoPro HERO12(HDR動画)

次はそれぞれ暗所に強いモードで撮影。

・Insta360 Ace ProはPureVideoモード
・GoPro HERO12はHDR動画

HDRビデオで暗所撮影性能が向上したと評判のGoPro HERO12とInsta360 Ace Proの暗所撮影に特化したPureVideoモードで夜間撮影をしてみました。

撮影は住宅街でかなり暗い場所、低照度下で撮影比較をしてみました。

GoPro12は暗くて何が撮れているのかよく分からない映像です。特に道路はほとんど撮れていませんでした。

Insta360 Ace Proは建物や道路などはっきりと綺麗に撮れています。

タクマ

低照度下でもブレない映像はスゴイね。

動画の後半でAce Proの「低照度手ブレ補正」をオンにしてみましたが周囲が暗すぎる場合は画面の輝度低下やちらつきが発生することがあるので、ある程度明るめの場面での使用がおすすめです。

Insta360 Ace Proは「低照度手ブレ補正」を使わずとも低照度下でのブレに対しては優秀です。

手動で設定をしなくても「PureVideoモード」をONにするだけで暗所でも綺麗に撮れるので初心者も簡単です。

イルミネーションから街中撮影|標準モードからPureVideoモード

標準ビデオでイルミネーション→PureVideoモードでイルミネーション→PureVideoモード街中の撮影をしてみました。

Ace ProのPureVideoモードは暗い場所でより効果が実感できますが、街中の比較的明るい場所でも鮮明に夜景撮影ができています。

Insta360 Ace Proの夜間・夜景撮影が綺麗!GoPro12と比較のまとめ!

Insta360 Ace Proの夜間撮影性能のレビューをお届けしました。

1/1.3インチセンサーを搭載するAce Proは標準ビデオでもブレが少なく安定した明るめの夜景撮影ができました。

おすすめポイント
  • PureVideoモードをONにすれば誰でも綺麗に夜景が撮れる
  • 低照度下でも手ブレ補正が強力なのでブレのない撮影ができる

PureVideoモード機能をONにすることで、夜景撮影が一変します。明るく綺麗な映像が撮れるだけでなくブレも少ない高画質を実現。

ライバルGoPro HERO12との撮影比較を見ていただいた通り、低照度下でも綺麗な撮影をしたい人には夜景撮影に特化したPureVideoモードを搭載するAce Proがおすすめです。




シェアをしてくれるとうれしいです

Amazon.co.jpでお買い物するなら


ギフト券を現金チャージするのがお得です。