ガジェットの比較/カメラ/ドローン/SDカード/ロボット掃除機

【2021年】最強 iPhone・スマホ用ジンバルおすすめ7選!

スマホジンバル比較

手ブレを補正してくれるスタビライザー・ジンバルは大型の一眼レフ用、中型のGoPro用があります。

高性能なカメラが内臓されたiPhoneやスマートフォンでもブレない動画が撮れるとあって人気です。

しかし、いざ購入しようと思っても、種類が多すぎて悩む、またスタビライザーとジンバルの違いもよくわからないという方も多いと思います。

ここでは、ジンバルとスタビライザーの違いと、携帯しやすい折りたたみ式のiPhone・スマホ用ジンバル・スタビライザーの人気モデル3社7機種を徹底比較。

おすすめモデルも紹介しています。

比較するのはこの3メーカーの人気ジンバル7機種。

人気のDJIから新機種が発売された。OM 4 SEが9月6日発売、OM 5が9月13日発売。
※価格は調査時の実勢価格のため変動します。
2021年9月9日調査

イメージ画像


機種NEW
DJI
OM5
NEW
DJI
OM 4 SE
VLOG
Pocket 2
DJI
OSMO Mobile3
MOZA
MINI-MX
Feiyu Tech
Vimble ONE
MOZA
NANO SE
発売日2021年9月2021年9月2020年7月2019年8月2020年9月2020年7月2020年12月
実勢価格17,930円11,439円12,650円 9,091円12,393円6,200円4,799円
軸数3軸3軸3軸3軸3軸1軸1軸
重量292g390g272g405g412g186g250g
詳細へ 詳細を見る 詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

高性能なジンバルカメラで人気のDJIから発売されているスマホス用ジンバル、革新的なアイデアで発売されたマグネット脱着式のジンバルDJI OM 4の後継機2機種が登場。OM4 SEとOM 5

DJIはドローン、ジンバルカメラなどで世界をリードするブランド。

そんなメーカーが発売する最新のスマホ用ジンバルは発想も性能も違う。購入を検討している人は必ずチェックしよう。

ここで紹介するジンバルはどれも人気のあるメーカーの中から3つのカテゴリー別に紹介。

3タイプのジンバル
  • 最新3軸高性能モデル
  • 小型3軸高性能モデル
  • 小型1軸軽量モデル

3社のスタビライザー。斬新なアイデアを投入してきた人気のDJI OM 4とFeiyu TechのVLOG pocket 2、MOZAのMINI-MXこの3社のジンバルは何が違うのか徹底比較していきます。

比較したいスマホジンバルをクリック
【DJI OM 4 VS  VLO Gpocket 2】
【Osmo Mobile 3 VS MINI-MX】
【Vimble ONE VS NANO SE】

目次
  1. ジンバルとスタビライザーの違い
  2. ジンバル・スタビライザーでスマホも手ぶれのない動画
  3. iPhone・スマホジンバルの選び方
  4. iPhone・スマホ用ジンバル スタビライザーの性能一覧
  5. DJI OM 5 VS DJI OM 4 SE 比較
  6. DJI OM 4 VS Feiyu Tech VLOG pocket 2 比較
  7. DJI OM 4 スマホジンバルのおすすめポイント
  8. Feiyu Tech VLOG pocket 2 小型スマホジンバルのおすすめポイント
  9. DJI Osmo Mobile 3 VS MOZA MINI-MX 比較
  10. DJI Osmo Mobile 3 スマホジンバルのおすすめポイント
  11. MOZA MINI-MX スマホスタビライザーのおすすめポイント
  12. Feiyu Tech Vimble ONE VS MOZA NANO SE 比較
  13. Feiyu Tech Vimble ONE 小型ジンバルのおすすめポイント
  14. MOZA NANO SE 小型ジンバルのおすすめポイント
  15. スマホジンバルのおすすめ3選
  16. iPhone・スマホジンバルとは
  17. この記事のまとめ

ジンバルとスタビライザーの違い

ネット検索をするとスタビライザーとジンバルは、同じモノのような表現をされているのをよく見かけますが、目的は同じでもこの2つには違いがあります。

スタビライザー
モーターが付いていない
モーターがないスタビライザーは機械式、重りでカメラを安定させる機構をもつ。

ジンバル
モーターが付いている
回転軸に付いたモーターにより、カメラの安定を制御する電子式。現在はジンバルが主流。

ひな

現在販売される多くの手ブレ補正をする機材は一眼レフ用、iPhone・スマホ用も電子式のジンバルね。

ジンバル・スタビライザーでスマホも手ぶれのない動画

一般にスタビライザーやジンバルが浸透してきたのは最近のことで、まだ知らない人も多いと思います。テレビや映画界では、ぶれのない映像を撮るための機材としてスタビライザーが使われてきました。

テレビでスタッフがカメラを抱え、走りながら撮影することもあるロケ番組。

動きのある移動シーンなどでもブレ防止の機材を使い撮影することで、揺れや、ぶれがなく安定した映像をテレビを見る人に届けることができます。

近年では電子式のジンバルが主流となり、一般では一眼レフやアクションカメラ対応のジンバルを使う人が増えました。

そんなジンバルもiPhoneやスマホのカメラ性能がよくなり、スマホ専用のジンバルが登場しました。

iPhone・スマホジンバルの選び方

iPhoneやスマホのカメラは、デジカメが必要ないほど高画質で、友達、子ども、ペットなど撮影する機会は多いと思う。

不満があるとすれば、電子式のブレ補正ではイマイチと思うことがよくある。特に動き回る子どもやペットの動画を撮るときは、歩きながら撮るときもある。

そんなときブレてどうしようもない映像がとれたら残念するぎる。

そこで役立つのがスマホ用のジンバル。走って撮影してもブレない「ヌルヌル動画」が撮れたら感動もの。

ジンバルを使えばスマホでは撮れないローアングルの撮影も簡単。

これから購入を考えている人は、ジンバル・スタビライザーの選び方は、以下の点は必ず確認してほしい。

iPhone・スマホの対応幅と重量

スマホのt対応重量
ジンバル選びの確認ポイント1

これだけは絶対に確認しよう。

  • スマホの対応幅
  • スマホの対応重量(ペイロード)

ペイロードはジンバルのモーターがどれだけの重量のスマホに耐えられるかになるので、必ず確認しておこう。

ジンバルが小型なほど対応重量が低くなる。


意外と見落としがちになるのがiPhone・スマホの対応サイズ。最近では大画面のスマートフォンが多いので、対応幅、対応厚さをよく確認しよう。

たくま

特に大きいサイズのiPhone PROやPRO MAXにスマホ用ケースをつけている人は注意が必要だよ。

ひな

小さいスマホも対応できない可能性があるから確認した方がいいね。

購入してから付けられない、重すぎてジンバルモーターが正常に動作しない。

そんな後悔をすることになるから注意したいですね。

たくま

人気のDJI OM 5にiPhone12を取り付けて使う場合を例に確認してみよう

人気のDJI OM 4 SEとOM 5は特殊な磁気クランプを採用しているので他のジンバルと比較するとスマートフォンの対応幅が67〜84 mmと可動範囲が狭い。大型スマホを持つユーザーは注意してほしい。

参考:iPhone12のサイズで確認してみよう。
・iPhone 12 mini (幅64.2mm)
・iPhone 12 Pro Max(幅78.1mm)

iPhone12の幅

iPhone 12 シリーズでDJI OM 5を使う場合、67~84mmの対応幅内に収まる必要がある。最小の12 miniは幅が64.2mmで対応していないことになる。

Pro Max幅78.1mmで対応はしているが、スマホケースをつけて使うなら、その幅が対応しているか確認が必要となる。

iPhone 12 miniは対応していないが、スマホケースをつけて67mm以上になれば使える。スマホケースに厚みがあるものは対応できない場合があるのでよく確認しよう。

OM 4の対応スマートフォン厚さは、6.9〜10 mm。

ジンバルの回転軸の数で選ぶ

3軸ジンバルVS1軸ジンバル
ジンバル選びの確認ポイント2
  • 3軸ジンバル
  • 1軸ジンバル

よく言われる滑らかな「ヌルヌル動画」を撮りたい人、高性能な最新ガジェットが好きなら3軸ジンバルスタビライザーがおすすめ。

3つの回転軸にそれぞれモーターがついていて左右・上下・回転の手ぶれをおさえてくれる。

しかし買ってみたものの3軸ジンバルのスタビライザーは筐体が大きく重要が重いものが多い。購入して使ってみたら重くてダメだったと後悔する人もいる。

そんな人には3軸の軽量モデルか、1軸のシンプルなジンバルがおすすめ。

ひな

手ぶれをおさえてくれる軽くて小さくて安い、そんなスマホ用スタビライザーを求める人も多いよね。

ジンバルを購入したのにスマホの電子ブレ補正で撮った動画と大して変わらないならジンバルを購入する必要はない。

3軸ジンバルの仕組みは

  • パン(水平・左右)
  • ティルト(垂直・上下)
  • ロール(回転)

この3つの回転軸があることで、全ての方向のブレを防止します。

初めてジンバルを持つ人はそのスムーズでスマホが浮いているかのような不思議な動きに感動するかもしれません。

たくま

ブレないヌルヌル動画が撮りたいなら3軸ジンバルで決まり。1軸ジンバルも悪くはないけど、過剰な期待はしない方がいいよ。

1軸ジンバルもそれなりにブレを防止してくれますが、パン(水平・左右)のみとなるので、大きな期待をして購入すると後悔することになるので、1軸ジンバルはそれなり、を理解している方が購入するなら問題はない。

3軸のジンバルを搭載したブレを防止するカメラは他にもこんなガジェットがあります。

もっと小さくて軽い3軸ジンバルが気になる人はこちらの記事もおすすめ

3軸ジンバルを搭載したドローン

サイズと重量をチェックしよう

サイズと重量


旅行に持って行くなら重量やジンバルのサイズもチェック。

ジンバル選びの確認ポイント3
  • ジンバル重量
  • ジンバルサイズ

一眼カメラ用のジンバルと違い、スマホ用のジンバルは折りたたみができるものがほとんどです。

折りたたみはできるものの、高性能機ではサイズ感も大き目となり、重量も重いものがあるので荷物を少なくしたい旅行ではコンパクトサイズがおすすめ。

たくま

長時間の撮影をするなら重くて疲れる場合もあるので、握力や腕の力が弱い人、特に女性はよく検討する方がいい。

一般的なジンバルの重量は400~500g前後が多く、軽量モデルになると170g~280g程度。

ひな

ちょっとここで注意したいのが、軽量モデルはシンプル機能の1軸ジンバルが多いよ。

小型、軽量で3軸ジンバルの高性能機がほしい人は機種選びを間違えないでね。

旅行ではなるべくかさばらないコンパクトで軽いものがほしいユーザーも多いはず。3軸の高性能がほしい、でも小さくて軽いものがいい人は、よく検討してみよう。

iPhone・スマホアプリの編集機能にも注目

動画編集

スマホ用ジンバルはブレない動画を撮るという目的はあるが、スタビライザーを使うもう1つのメリットがある。それは各メーカーが用意した専用アプリを使えば撮影も動画の編集も簡単。しかも動画編集のスキルが一気にアップする。

SNSによくアップする人、友人やグループ間で撮った動画をシェアする人は持つべきガジェット。

iPhone・スマホ用ジンバル スタビライザーの性能一覧

人気のスタビライザーの重量、サイズ、ジンバルの回転軸数、駆動時間など一目で分るようにまとめています。

スマホを取り付けて使うスタビライザーは高性能になるほど重量が重くなるモノが多く、握力の弱い人は軽量なモデルもあるので、よく比較して検討しよう。

インテリジェント機能にも注目。こんなことができたらいいのになと思う機能があるか、ないかも比較。

たくま

被写体を自動追尾するアクティブトラック(DJI)、タイムラプス、ジェスチャーコントロールなど、あればいいなと思う機能がついていると、スタビライザーを使う楽しさがかわってくるよ。

DJI OM 5 VS DJI OM 4 SE 比較

2021年9月に発売された人気のDJIのスマホジンバル2機種。どっちが買いなのか、気になる性能を徹底比較していきます。

基本スペックの比較 【DJI OM5 VS DJI OM 4 SE 】

イメージ画像機種名評価発売日実勢価格サイズ重量スマホ対応幅
スマホ対応厚さ
スマホ対応重量内臓延長ロッド
最大長
バッテリー種類バッテリー容量バッテリー電力量
電圧
駆動時間充電時間ジンバル充電ポート外部デバイス
充電ポート
ユニバーサル
マウント
ワイヤレス
モデル
アプリ三脚詳細へ

DJI OM5
(5.0 / 5.0)
2021年9月13日17,930円展開時:264.5×111.1×92.3 mm
折りたたんだ状態:174.7×74.6×37
mm
ジンバル:290g
磁気スマートフォンクランプ:34g
67~84mm
6.9〜10 mm
230 ± 60 g215mmパウチ型電池1000 mAh7.74 Wh
6~8.8V
6.4時間1.5時間USB-C非対応1/4インチ
ネジ穴
Bluetooth LOW
Energy 5.0
DJI Mimo長さ:138 mm
直径:32 mm
重量:72g
詳細を見る

DJI OM4 SE
(4.5 / 5.0)
2021年9月6日 11,440円展開時:276×119.6×103.6 mm
折りたたんだ状態:163×99.5×46.5 mm
ジンバル:390g
磁気スマートフォンクランプ:34g
67~84mm
6.9〜10 mm
230 ± 60 g 非対応18650 Li-ion 2450 mAh 17.64 Wh
7.2V
15時間2.5時間USB-CUSB-A 1/4インチ
ネジ穴
Bluetooth LOW
Energy 5.0
DJI Mimo 長さ:138 mm
直径:32 mm
重量:72g
詳細を見る

最新のOM 5は全く新しいデザインでさらに携帯性がよくなった手のひらサイズの高性能ジンバルDJI OM5。

OM 4は小型であったが、もう少しコンパクトで軽い方がよいとのユーザーの口コミを反映する形で従来機と比較するとOM 5はひとまわり小型化され、カバンなどに入れやすく、持ち運び性に貢献している。

DJIのスマホジンバル史上、最も軽量モデル。

大きな変更点としては延長ロッドが内臓された。これのおかげでハイローポジションにも対応できるようになっている。

延長ロッドは精巧に作られているのでよくあるチープ感はない。最大215mm、伸縮はスムーズでストレスなく調節ができる。

人間工学に基づいたハンドル設計、筐体のクオリティなど製品の作りのよさはさすがDJI品質。

被写体をとらえるトラッキングは、ActiveTrack 3.0から4.0に進化。

さらに注目したいのが重量。おもな機能はかわりないが、重量は100gも軽くなっている。長時間の撮影時はこの100gの違いが大きい。

OM 4 SEは従来モデルのOM 4と外観や機能は同じ。違うのは購入しやすい価格になって新発売になったこと。

たくま」

OM 4はSEになって大幅な価格修正が行われて、高性能機がとても安く購入できるようになったよね。

【OM5 3軸手ブレ補正 延長ロッド内蔵 折りたたみ設計 ShotGuides マグネット着脱式】
【OM5 3軸手ブレ補正 延長ロッド内蔵 折りたたみ設計 ShotGuides マグネット着脱式デザイン】
【3軸スタビライザー 手ブレ補正 マグネット着脱式デザイン 携帯性 折りたたみ設計 分身パノラマ ジェスチャー操作 ActiveTrack 3.0 Vlog撮影 DynamicZoom iOS/Androidも対応】

DJI OM 4 VS Feiyu Tech VLOG pocket 2 比較

DJI OM 4 VS VLOG Pocket2の比較

3軸ジンバルカメラでもライバル的メーカーでもあるDJIとFeiyu Tech。スマホ用ジンバルも完成度が高いスタビライザーを商品化している。

Feiyu TechのVLOG pocket 2は2020年7月発売、DJI OM 4は2020年8月同じ時期に発売された。

この2機種はともに両社のスマホ用ジンバルのフラッグシップモデルとなり高性能機ではあるが、性格は全くちがう。

あえてこの2機種を比較対象とした。その違いも含めて比較していこう。

基本スペックの比較【DJI OM 4 VS  VLO Gpocket 2】

イメージ画像機種名評価発売日価格サイズスマホ対応幅スマホ対応重量ジンバル折りたたみ式アプリスマホ接続Bluetooth充電三脚バッテリー駆動時間重量詳細へ

DJI
OM 4
(4.5 / 5.0)
2020年8月
2021年9月
OM 4
19,800円
OM 4 SE
11,439円
展開時:276×119.6×103.6 mm
折りたたんだ状態:163×99.5×46.5 mm
67〜84 mm230 ± 60 g3軸対応DJI MimoワイヤレスBluetooth Low Energy 5.0USB type-C対応2450mAh15時間ジンバル390g
磁気スマホクランプ32.6g
磁気リングホルダー11.4g
詳細を見る

Feiyu Tech
VLOG pocket 2
(4.0 / 5.0)
2020年7月9,990円展開時:63.7×93.9×247.5 mm
折りたたんだ状態:111×57.9×146.6 mm
41~89mm250g以下3軸対応FeiyuONワイヤレス対応USB type-C対応875mAh9時間272g詳細を見る
【折りたたみ式ジンバル マグネット脱着式デザイン】
【超軽量 折りたたみ式コンパクト iPhone/android対応 縦横撮影可能】

どちらも人気メーカーのフラッグシップモデルであるが、装備内容や性能、サイズ、重量は大きく違う。性格は違うがどちらもほしくなるガジェット。

DJI OM 4は斬新なアイデアの磁気クイックリリースが新しい。スマホをジンバルに取りつけるための装置が磁気を利用したタイプ。

たくま

DJI OM 4の重量はジンバルが390g、磁気クランプかホルダーどちらをつけるかによってトータルの重量が違ってくるので注意しよう。スマホクランプを取りつけた場合は、重量が他より重くなる。

磁気スマホクランプはスマホを挟んで使う。磁気リングホルダーはスマホの裏面に貼りつけるタイプ。どちらもパッケージに同梱されているので、好きな方を選べる。

磁気のメリットはスマホの脱着が簡単。ジンバルにスマホをつけたり外したりするのが面倒くさいと思う人に嬉しいアイデアだ。これなら急な電話が掛かってきてもぱっと外してすぐに対応ができる。

ひな

磁気とは考えたね、これはかなり使い勝手がよさそうでおすすめ。旅行で使うときは脱着が簡単でいいよね。新しくて、高性能機がほしいならOM 4ね。

VLOG pocket 2は高性能な3軸ジンバルのスタビライザーなのに重量が272gと軽い。そしてコンパクトなサイズ。重くて大きいジンバルはちょっと苦手というユーザーにベストなスタビライザー。

DJI OM 4のジンバルが390g+磁気スマホクランプの32.6gを付けると422.6gとなる。VLOG pocket 2が272g、比較するとその差はなんと150.6g。

見ためもOM 4の方が一回り大きく手のひらが小さい人には大きく感じるかもしれない。

この重量差は大きい、ジンバル本体にスマホの重量をプラスしたときの総重量も考えておきたい。

参考:iPhone12の重量を参考にして考えてみよう。

  • iPhone 12 mini (133g)
  • iPhone 12 Pro Max (226g)

筆者はVLOG Pocket 2にiPhone 12シリーズの中で最も軽いminiを装備して使っている。総重量は272g+133g=405g特に重く感じることのないちょうどいい重量感。

これがOM 4になると本体と磁気スマホクランプのみで422.6gとなる。スマホを取りつけると550gを超えてしまうので、重いと感じる人もいると思う。

たくま

どちらも折りたたみ式で収納はできるが、小型で軽量なジンバルで機能性を重視するならVLOG pocket 2。本体の品質と最高の機能で選ぶならOM 4。

駆動時間の比較【DJI OM 4 VS VLOG pocket 2】

機種コード DJI
DJI OM 4
Feiyu Tech
VLOG pocket 2
バッテリー容量 2450 mAh 875 mAh
充電時間 2.5時間 1.5時間
駆動時間 15時間 9時間

筐体が大きいDJI OM 4はバッテリー容量がVLOG pocket2の約3倍弱。そう考えるとpocket2の駆動時間9時間は優秀と言える。

1回の充電が1.5時間で完了することを考えると十分な駆動時間。

OM 4は15時間と長時間の駆動に対応。ただし1回の充電時間は2.5時間を要する。1日が24時間しかないのでpocket2の9時間なら旅行でも十分に使えるレベルでしょう。

とことん撮影する人でも予備バッテリーを1つか2つ購入しておけば十分だと言える。

ジンバルの比較【DJI OM 4 VS  VLOG pocket 2】

機種コード DJI
DJI OM 4
Feiyu Tech
VLOG pocket 2
パン軸回転範囲 -161.2°~171.95° 330°
チルト軸回転範囲 -106.54°~235.5° 165°
ロール軸回転範囲 -136.7°~198° 323°

どちらも3軸のジンバルだからブレのない撮影ができる。可動範囲は上記の通り。

インテリジェント機能【DJI OM 4 VS VLOG pocket 2】

機種コード DJI
DJI OM 4
Feiyu Tech
VLOG pocket 2
ジェスチャー操作
被写体フォロー ActiveTrack 3.0 オブジェクト
トラッキング
タイムラプス
パノラマモード

DJI OM 4、VLOG pocket 2どちらもジェスチャー操作ができる。簡単なジェスチャーをするだけで写真撮影も動画撮影を開始することもできる。

三脚を使えば観光地の背景をバックに自撮りや恋人とのツーショットも人に頼まなくてもできるのがいい。

被写体フォローでは、DJI OM 4がActiveTrack 3.0、VLOG pocket 2はオブジェクトトラッキングとよりすばやく追尾するファストフォローモードも搭載する。

DJI OM 4 スマホジンバルのおすすめポイント

DJI OM4のおすすめポイントは、ブレない動画の安定性が抜群。最強クラスと言っても過言ではないスタビライザーの技術が優れている。

走っての撮影も、階段の上り下りでもとにかく滑らかな動画が撮れるのがOM 4。

全てが最高クラスの高機能、ブレない安定した動画が撮れる

【折りたたみ式ジンバル マグネット脱着式デザイン】

さすがはDJIの製品、性能も優れているが、筐体の作りがいい。グリップも握りやすく全体の質感もフィット感も申し分がない。

OM 4は旧モデルOsmo Mobile 3よりさらにモーターが強力になり、ペイロードも前機種の200 ± 30 gよりも230 ± 60 gとより重量のあるスマートフォンに対応している。

OM 4の便利な機能がもう1つある。磁気によるクイックリリースでスマホが簡単に外せるだけでなく、スタンバイモードになる痒い所に手が届くDJIのガジェットはスゴイと感心する。

価格に関しては他の高機能スマホ用ジンバルと比較してもそれほど高いということもなく、高機能スマホジンバルの購入を考えているならOM 4がおすすめ。

ジンバルスタビライザーのスマートフォンホルダーへ脱着する面倒を改善したアイデア、磁気スマホクランプと磁気リングホルダーにより付ける、離すが瞬時におこなえる。

スマホジンバルを旅行に持っていったことを想像してみよう。スマホを使う頻度は高い、撮影をするたびに付ける、離すを繰り返すと面倒くさくなる。

磁気スマホクランプならスマホケースを使っていても使えそうだ。ケースを使わないユーザーならリングホルダーを使うのもおすすめ。

ひな

OM 4は完成されたスマホジンバルって印象、DJIの製品はエンドユーザーのことをよく考えて商品化してるよね。ほんとすごい。

DJI OM 4はいくつもの多彩な機能が搭載されている。

よくある機能はどこのメーカーも採用しているので、ここではDJIの新機能の分身パノラマと、主要機能について簡単に紹介していこう。

DJI OM 4の機能
  • ダイナミックレンジ
  • タイムラプス
  • アクティブトラック
  • DynamicZoom
  • スピンショット
  • ジェスチャーコントロール
  • 分身パノラマ
  • 240°パノラマ
  • 3×3パノラマ
  • ペンライトモード
  • 吊り下げモード
  • ダイナミックズーム

DJI OM4のクリエイティブ機能

DynamicZoom、映画などで使われる視覚効果でムーブアウト、ムーブインが面白い、背景が伸びるようなズームが可能で特別な編集はしなくても誰でも簡単に空間をゆがめたようなズーム撮影が楽しめる。

ActiveTrack 3.0、OM 4のトラッキングはけっこうな早い動きにも反応してくれ、かなり制度が高くなっている。

DJIのドローンにも搭載される機能で、動く被写体をフォローしながらスタビライズ動画を撮影できる。

おそらくほとんどの人は、人やペットなど、動くものを被写体にすると思う。しかしこの機能は動かないモノをフォローし、撮影者が動きながら撮影するときにも使える。

分身パノラマはDJI OM4の新機能、自動でOM 4が5秒間隔で動く、カメラの前で違うポーズをしていけば、面白い合成写真が完成する。他にもペンライトモードや吊り下げモードがある。

吊り下げモードは下(地面)からの撮影アングルで迫力のある映像を楽しめる。

Feiyu Tech VLOG pocket 2 小型スマホジンバルのおすすめポイント

VLOG pocket 2には多くの機能が搭載されハイエンドユーザーでも満足のいくジンバル。

高性能ではあるが、最もおすすめする理由は、性能ではなくコンパクトな持ち運び性と重量。家族で旅行に出かけるときでも邪魔にならないサイズと重量は、この手のガジェットではポイントが高い。

軽い272gコンパクト、小型ジンバルの高機能モデル

【超軽量 折りたたみ式コンパクト iPhone/android対応 縦横撮影可能】

VLOG pocket 2は2代目となり、初代モデルも好評だったが、不満点としてあがっていた、モーターの強化や操作性を向上するジョイステックなど、サイズはそのままで大きな改良がされた。

初代は物理ボタンが2つだったのに対し、VLOG pocket 2はジョイステックを含め7つの物理ボタンとなり操作性が大幅に向上した。

さらに充電端子がmicroUSBからUSB-Type-Cになり充電ケーブルの統一化ができるようになったのは嬉しい。

クリックBluetooth接続や軸ロック検知機能も付いた。そしてロールの可動範囲が240°から323°に改善されさらに使いやすくなった。

ひな

ミニ三脚が使いやすい、置くときはもちろん、三脚をたたむとグリップが長くなり持ちやすくなるから状況に応じて使い分けができるし、手が大きい人でも対応できるよ。

専用アプリFeiyuONをダウンロードして接続することで多くの機能が使えるようになる。

VLOG pocket 2の機能
  • オールフォローモード
  • ファストフォローモード
  • ジェスチャーコントロール
  • オブジェクトトラッキング
  • パノラマモード
  • インセプションモード
  • ヒッチコックドリーズーム
  • タイムラプス
  • スローモーチョン

多くの機能を搭載しているVLOG pocket 2の代表的なものでは、指で画面を選択するだけでトラッキングモードになり、追跡モードはスムーズな反応をしてくれる。

ジェスチャーコントロールはピースをすると写真撮影、手を振ると動画の録画を開始をする。

たくま

VLOG pocket 2は私も使っているけど、3軸なのに小さくて軽くて高性能だからとにかく出番が多いジンバル。

DJI Osmo Mobile 3 VS MOZA MINI-MX 比較

Osmo Mobile 3 VS MINI-MXの比較

DJI OM 4が登場後、MobileOsmo 3の価格はずいぶん値下がりした。新型も魅力はあるが安く購入できるなら旧型でもいいというユーザーは多いだろう。

公式サイトでは13,750円となっているが、他サイトの最安値なら8,050円でOsmo Mobile 3のコンボが購入できる。
※価格は調査時の実勢価格のため変動します。(2021年7月24日調査)

ユニークな形状のMOZA MINI-MX、MobileOsmo 3、どちらも高機能で人気は高い。それぞれ比較して行こう。

基本スペックの比較【Osmo Mobile 3 VS MINI-MX】

イメージ画像機種名評価発売日価格サイズスマホ対応幅スマホ対応重量ジンバル折りたたみ式アプリスマホ接続Bluetooth充電三脚バッテリー稼働時間重量詳細へ

DJI
Osmo Mobile 3
(4.5 / 5.0)
2019年8月8,218円展開時:285×125×103 mm
折りたたんだ状態:157×130×46 mm
62〜88 mm200 ± 30 g3軸対応DJI MimoワイヤレスBluetooth Low Energy 5.0USB type-C対応2450mAh15時間405g詳細を見る

MOZA
MINI-MX
(4.0 / 5.0)
2020年9月12,518円展開時:120×120×265mm
折りたたんだ状態:145×50×180mm
60~88mm143~280g3軸対応MOZA Genieワイヤレス対応USB type-C対応2000mAh20~24時間412g詳細を見る
【折りたたみ式ジンバル】
【折りたたみ式 軽量・コンパクト 24時間連続使用可能 三脚付属 MSG02】

駆動時間の比較【Osmo Mobile 3 VS MINI-MX】

機種コード DJI
MobileOsmo 3
MOZA
MINI-MX
バッテリー容量 2450 mAh 2000 mAh
充電時間 2.5時間 2.5時間
駆動時間 15時間 20~24時間

MobileOsmo 3は15時間と十分な駆動時間で旅行でも安心して使う事ができる。MOZA MINI-MXの連続駆動時間は20~24時間と長時間に対応するパワーがある。

20時間以上駆動することを考えると撮影頻度にもよるが、1泊程度の旅行なら充電しなくても対応できそうである。

ジンバルの比較【Osmo Mobile 3 VS MINI-MX】

機種コード DJI
MobileOsmo 3
MOZA
MINI-MX
パン軸回転範囲 -162.5°~170.3° 340°
チルト軸回転範囲 -104.5°~235.7° 140°
ロール軸回転範囲 -85.1°~252.2° 300°

どちらも高機能の3軸モーターのジンバル、スムーズなブレを抑えた動画が撮れる。可動範囲は上記の通り。

インテリジェント機能【Osmo Mobile 3 VS MINI-MX】

機種コード DJI
MobileOsmo 3
MOZA
MINI-MX
ジェスチャー操作
被写体フォロー ActiveTrack 3.0
タイムラプス
パノラマモード

Osmo Mobile 3のインテリジェント機能はOM 4とほぼ同じで専用アプリのDJI Mimoをダウンロードすることで多くの機能が使えるようになる。

MOZA MINI-MXも同様でアプリMOZA Genieを使うことでストーリーが簡単に作れるマジックモードなど機能は満載。

DJI Osmo Mobile 3 スマホジンバルのおすすめポイント

DJI OM 4が発売されたことで、価格が大幅に値下げされた。1世代前のスタビライザーだが、もともとフラッグシップモデルのOsmo Mobile3の機能は申し分ない。

Osmo Mobile3が7,000円台で購入できるのはお得感がある。

OM4と同様の機能を持つ旧モデルは今が買い

【折りたたみ式ジンバル】

新型にこだわりがない人、安くてよいモノを購入したい人なら買いのスタビライザー。

Osmo Mobileの機能
  • ストーリーモード
  • ジェスチャー操作
  • ActiveTrack 3.0
  • スポーツモード
  • クイックロール

Osmo Mobile3のペイロードは200 ± 30 g。対応のスマートフォン幅が62〜88 mm。最新のOM 4の対応幅が67〜84 mmなのでOsmo Mobile3の方が対応できるスマートフォンは多い。

1世代前のジンバルではあるが、Osmo Mobile2では大きかった筐体もOsmo Mobile3では小型化し、携帯性も向上させている。

重要となるグリップも人間工学に基づいたデザインを採用、15°のグリップ角度で持ちやすさを追求している。

インテリジェント機能に関しては、OM 4とほとんど同じ機能が使えるのでここでは省略しますが、動きの速い被写体を撮りたいときはスポーツモードにするとクイックに追尾ができる。

他、専用アプリでワンプレスアクティブトラックをONにし、トリガーボタンを押すと簡単にトラッキングを開始してくれる。画面タップで被写体をスワイプで手動による追尾設定もできる。

ジェスチャー操作はピース、もしくは手をかざすと撮影を開始。停止は手動となる。

MOZA MINI-MX スマホスタビライザーのおすすめポイント

MINI-MXは他のジンバルとはちょっと違う形状をしいているユニークなデザインがカッコいい。付属の三脚の取り付も、持ち手の部分ではなく、ジンバル軸の下方への取り付けとなる特殊なデザイン。

使う人のことを考えたMOZAの高機能モデル

【折りたたみ式 軽量・コンパクト 24時間連続使用可能 三脚付属 MSG02】

人間工学にもとずいたデザインで握りやすい角度のついたグリップ形状のおかげで腕が疲れにくい印象を受ける。

また直感操作ができるパネルなど、MOZAは人が使いやすいデザインへのこだわりも大切にしている。

操作性のいいジョイステックが付き。3軸のメカニカルジンバル。ペイロードは280gまで。

MINI-MXの機能
  • タイムラプス
  • スローモーション
  • 高速追跡
  • ドリーズームモード
  • スポーツギアモード
  • インセプションモード

トラッキングはスクリーンの囲み枠をタッチして追跡対象を確認するだけ、追従もスムーズでいい感じの操作感。

ジェスチャーコントロールはピースでショット録画を開始、パー・グーでショットを停止できる。MINI-MXはモーターパワーがしっかりしていて安定感があり、安心して使えるスタビライザーという印象。

Feiyu Tech Vimble ONE VS MOZA NANO SE 比較

Vimble ONE VS NANO SEの比較

どちらも1軸のシンプルな軽量ジンバル。3軸のジンバルを必要としないユーザー向けのスマホジンバルはロールのみの1軸モーター。シンプルな機能で軽量、小型、価格がリーズナブル。

3軸ジンバルのような滑らかな動画は撮れない、水平方向のみ補正するタイプなので、過度なブレ防止を期待をすると後悔する。

Feiyu TechとMOZAのシンプル操作、1軸ジンバルスタビライザーを比較してい行きます。

基本スペックの比較【Vimble ONE VS NANO SE】

イメージ画像機種名評価発売日価格サイズスマホ対応幅スマホ対応重量ジンバル折りたたみ式アプリスマホ接続Bluetooth充電三脚バッテリー稼働時間重量詳細へ
Feiyu Tech
Vimble ONE
(4.0 / 5.0)
2020年7月6,980円展開時:
折りたたんだ状態:
41~89mm250g以内1軸対応FeiyuONワイヤレス対応micro USB対応800mAh6時間186g詳細を見る

MOZA
NANO SE
(4.5 / 5.0)
2020年12月4,689円展開時:60.7×48.6×300.8mm
折りたたんだ状態:60.7×60.9×171.4mm
50~90mm140~280g1軸対応MOZA Genieワイヤレス対応USB type-C対応950mAh10時間250g詳細を見る
【18cm延長ロッド内蔵 折りたたみ式 超軽量 コンパクト 縦横撮影可能】
【iPhone/Android対応 1軸補正 着脱式リモコン 折りたたみ可能 MST01】

駆動時間の比較【Vimble ONE VS NANO SE】

機種コード Feiyu Tech
Vimble ONE
MOZA
NANO SE
バッテリー容量 800 mAh 950 mAh
充電時間 - 2.5時間
駆動時間 6時間 10時間

細い、軽い1軸ジンバルの駆動時間はVimble ONEが6時間とちょっと不満なレベル、バッテリーは内蔵型なので、予備バッテリーはない。NANO SEは10時間で手軽に使うジンバルとしては必要にして十分。

手軽に使うスマホジンバルと割り切ってちょこちょこ使う程度なら6時間の駆動時間でも十分。

ジンバルの比較【Vimble ONE VS NANO SE】

機種コード Feiyu Tech
Vimble ONE
MOZA
NANO SE
パン軸回転範囲 - -
チルト軸回転範囲 - -
ロール軸回転範囲 - 270°

1軸のスマホジンバルは回転軸のモーターは1つで、ロールのみの稼働となる。1軸ジンバルが水平を補正するだけなので、ブレ補正には限界がある。

インテリジェント機能【Tech Vimble ONE VS NANO SE】

機種コード Feiyu Tech
Vimble ONE
MOZA
NANO SE
ジェスチャー操作
被写体フォロー - -
タイムラプス -
パノラマモード - -

Vimble ONEは1軸ジンバルでこの価格で考えたら高性能。ジェスチャー操作もタイムラプスも使える。NANO SEもジェスチャー操作が可能。

Feiyu Tech Vimble ONE 小型ジンバルのおすすめポイント

Vimble ONEを手にした時の第一印象は小さい、細い。重量も186gと超軽量。ポケットにも入るサイズ感。

ミニの三脚も付属しているが、これを外すとさらにコンパクト。ジンバル軸はロール軸だけとなりモーターは1つの1軸ジンバル。全てがシンプルなVimble ONE。

超小型でいつでもどこでも手軽に使えるジンバル

ブレ補正は、3軸ジンバルのような動画には不向きでも、歩いて使うブレ補正にはロール軸のジンバルが水平を保つ。使う人によっては不満を感じるかもしれないが軽量、小型、1軸モーターで考えると十分使える。

【18cm延長ロッド内蔵 折りたたみ式 超軽量 コンパクト 縦横撮影可能】

グリップから上が伸縮できるので自撮り棒のように伸ばして撮影ができる。ローアングルの撮影もしやすいので、ロールフォローモードにするローアングルや斜めからの面白い動画も撮れる。

ポケット、バッグにいれて手軽にお出かけコンパクトサイズ。

Vimble ONEの機能
  • 伸縮ロッド内臓
  • フォローアップモード
  • ジェスチャーコントロール
  • ヒッチコックドリーズーム
  • 自動調光
  • 光の軌道追跡
  • タイムラプス

Vimble ONEは、コンパクトに手軽にシンプル操作で使いたい人向けのスマホジンバル。

MOZA NANO SE 小型ジンバルのおすすめポイント

NANO SEはコントローラーが取り外すことができるので、SEを三脚で立てて、離れた場所からコントローラーを使い遠隔操作が可能となる。

伸縮ができるロッドでちょっと高性能な自撮り棒としても使える。

コンパクトでも使える機能を装備した1軸ジンバル

【iPhone/Android対応 1軸補正 着脱式リモコン 折りたたみ可能 MST01】

ジェスチャーコントロールでは、チョキで撮影開始、パーからグーにすると停止をすることができる。

NANO SEの機能
  • マジックビデオモード
  • ジェスチャーコントロール

マジックビデオモードにはさまざまなテンプレートが用意されているので、選ぶだけで、自動で回転しながら撮影をしてくれる。

NANO SEは旅先に持っていくのにちょうどいい1軸ジンバル。

スマホジンバルのおすすめ3選

スマホジンバルはさまざまな機種が販売されている。聞いたこともないメーカーも含めたら多くのモノがあるので、迷ってしまう。

ここで比較してきたスマホ用ジンバルは実績のある信頼のあるメーカー製を以下のカテゴリーで一番のおすすめを紹介していきます。

目的のジンバルは?
  • 最新で選ぶハイエンド高性能3軸ジンバル
  • 携帯しやすい小型&軽量の高性能3軸ジンバル
  • 軽量&小型、シンプル操作の1軸ジンバル

高性能スマホジンバルのおすすめ

高性能で選ぶならダントツでDJI OM4。筐体の完成されたきれいなデザインと品質。さまざまな機能を搭載した、ハイエンドモデル。

使う人のことを考えたジンバルは、今までにないアイデアも詰め込んだガジェット。

ジンバル軸のモーター強度など、使い比べたらかわる違いを感じられるジンバル。買い替えや、後悔したくないならこれがおすすめ。

【折りたたみ式ジンバル マグネット脱着式デザイン】

コンパクト3軸スマホジンバルのおすすめ

コンパクトサイズで軽量、そして3軸の高機能ジンバルカメラならFeiyuTechのVLOG Pocket2がおすすめ。

サイズは小型でも不安のないモーターに強化。さらにジョイステックや7つの物理ボタンで操作性も向上。

使えばわかる操作性と小型のモデルのメリットである携帯性は申し分ない。携帯性、高機能、軽量の3拍子が揃ったスマホ用ジンバル。

【超軽量 折りたたみ式コンパクト iPhone/android対応 縦横撮影可能】

軽量1軸ジンバルのおすすめ

Vimble Oneは伸縮ロッドで自撮り棒のように使える1軸ジンバル。軽量、携帯性は抜群ですが、インテリジェント機能も豊富で、女性におすすめしたいジンバル。

【18cm延長ロッド内蔵 折りたたみ式 超軽量 コンパクト 縦横撮影可能】

iPhone・スマホジンバルとは

iPhone・スマートフォン用のスタビライザーはジンバルとも呼ばれる装置で、ジンバルの回転軸が3軸のタイプが最も高性能になる。

ほとんどのスマホにはiPhoneも含め、電子式の手ブレ補正があるがどうしてもガタつきを解消するために画質を犠牲にする結果となる。

これがスマホ用のジンバルを使うことでスマホの姿勢をしっかり補正し「ヌルヌル動画」を撮ることができる。使えばわかるが、スタビライザーの動きはとてもスムーズで使うのが楽しくなる。

手軽な1軸を購入したけど、やっぱり3軸がほしいと買い替える人も多い。逆に3軸を購入したけど、重くて使いこなせないなどを理由に、結局使わなくなったという人もいるので、自分の使う用途をよく考えて選んでほしい。

ジンバルの回転軸
  • パン(水平・左右)
  • ティルト(垂直・上下)
  • ロール(回転)

上記の3つの方向に回転ができるものを3軸ジンバル。2軸のものはティルト(垂直・上下)とロール(回転)の2つと回転が可能。1軸ではティルト(垂直・上下)のみとなる。

3軸のスタビライザーはぬるぬるの滑らか動画を撮りたい方におすすめ。

2軸を購入するなら3軸をおすすめする。軽くて安い、でもブレを抑えた動画が撮りたいという方には1軸のスタビライザーがおすすめ。

スタビライザーはブレ防止だけでなく多くのメリットがある。Bluetoothで接続し手元でカメラの操作ができるもはもちろん、ローアングルの迫力ある撮影や、ドローンで撮ったかのような動画など、さまざまなことができる。

この記事のまとめ

iPhone・スマホ用ジンバルは、3軸モータータイプは使うとその滑らかな映像に感動するほど。家族での旅行や仲間とシェアして使うのもいい。

手ブレ補正はすばらしい、でもそれだけではない機能が満載のジンバルは、スマホでは撮れないアングルの動画が撮れるので、撮る楽しさが倍増するアイテムです。

ここで紹介したジンバルはスマホ用ですが、スマホを必要としないジンバルカメラも人気があります。また近年人気が拡大しているドローンにもジンバルカメラが付いたものがあります。

スマホ用ジンバルで紹介したDJIはジンバルカメラを得意とするメーカーで、スマホ用ジンバル、小型カメラが付いたジンバルカメラ、ジンバルカメラ付きのドローンをラインナップしています。

思いでを楽しくきれいに残すなら3軸のジンバルガジェットを使ってSNSでシェアしよう。




シェアをしてくれるとうれしいです


Amazon.co.jpでお買い物するなら


ギフト券を現金チャージするのがお得です。5,000円チャージで1,000円分のポイント還元キャンペーンも実施中。