ガジェットの比較/カメラ/ドローン/SDカード/ロボット掃除機

GoPro HERO12 Black レビュー!HERO11と何が違う?最新機種はHDRビデオも!

アクションカメラでダントツ人気のGoProシリーズの最新機種「GoPro HERO12 Black」が2023年9月発売されました。

筐体の形やデザインこそ目新しさはありませんが中身は年々進化するGoPro、今回の目玉機能は

・HDRビデオ
・Bluetoothオーディオ機能

「GoPro HERO 11Black」からの進化点など新旧2機種の実機での比較も交えてレビューしていきます。

GoProが初めての人も、旧機種からの乗り換えを検討している人もぜひ参考にしてみて下さい。

GoPro HERO 12 Blackの進化点

1世代前に発売された「HERO11 Black」は僕の中ではもはや完成形で「HERO12 Black」ではセンサーサイズの大型化で暗所撮影性能の向上に期待をしていましたが現状維持でした。

夜間撮影性能が弱点なので次期モデルには期待したいですね。

タクマ

1インチセンサーしてほしかったな。ちょっと残念。

外観においてもぱっと見て違いに気付く点は本体側面の「12」の数字、青い斑点模様くらいです。

あと底面に三脚用のネジが搭載されました。

性能ではGoPro10 Blackから搭載されたGP2プロセッサー、GoPro11 Blackから進化したbit深度の10bitカラーやアスペクト比8:7のセンサーなど過去の進化点はそのままにHDRビデオやワイヤレスマイクに対応したBluetoothオーディオ機能を搭載。

アクセサリー関連ではMAXレンズモジュラーが2.0となり4K60では、過去最大となる超広角の視野角177度を実現、Bluetoothによる防水リモートシャッター対応の延長ポールなど利便性が大きく向上しています。

前モデルからの進化点
  • HDRビデオに対応
  • 一体型1/4-20マウント搭載
  • HyperSmooth 6.0
  • アスペクト比が9:16に対応
  • Bluetoothオーディオ機能
  • タイムコード周期
  • 撮影間隔

過去のGoProに搭載されていたGPSはHERO12 Blackでは非搭載になりました。不要という判断なんでしょうね。

実際僕はGPSについては必要性を感じたことはありません。

昨今では高性能なアクションカメラを販売するメーカーも多くなっいてきました。特にマグネット式マウントを採用する利便性の高いアクションカメラでは

・DJI Osmo Action 4
Insta360 Ace Pro

がGoproのライバルでアクションカメラを購入する時に迷う人も多いと思います。

ただGoProには知名度だけでなく、歴代からの長きにわたり進化してきた完成度の高さ信頼性があります。

GoPro HERO 12 Black 実機レビュー

GoPro12+アクセサリーセットを購入しました。予備バッテリーやアクセサリーが付属したお得なモデルです。

タクマ

初心者におすすめのセットだよ

持ち運びに便利なハードシェルカメラケースが僕のお気に入り。しっかりした作りで型崩れもしないのでGoPro保護と必要なモノが収納できるのでほんと便利です。

ケースはファスナー式で開閉するタイプ。

蓋を開けるとケース内にぎっしりと本体と他付属品が詰まっています。撮影するシーンに合わせて入れるアクセサリーを変更して使うこともできます。

全て出した内容がこちら。GoProを使う基本セットといえるパッケージですね。これだけあればいろいろなシーンで撮影を楽しむことができます。

アクセサリーセット内容
  • GoPro12 Black本体
  • Enduroバッテリー x2
  • The Handler
  • ヘッドストラップ2.0
  • 携帯用ケース

こちらは取扱説明書やアクセサリーの使い方など。

デザイン

歴代少しずつ改良されてきましたがHERO9 Blackからほぼ同じサイズとデザインで目新しさがないHERO12 Black。

フロントLCDカラースクリーン搭載で自撮りも可能。

サイズがもう一回り小さくなればもっといいのですが。

背面モニターは2.7インチのタッチディスプレイ。

サイド側は「12」の数字になった点が違うのみで他、モードボタンや排水口のデザインも前モデルと同じです。

ここは排水口なので無理にこじ開けたりしないよう注意してください。

バッテリーやmicroSDスロットが入るドアラッチ部も変更点はありません。

上部のシャッターボタン部もデザインの変更は見られません。

底部には変更があり1/4ネジが中央に追加されています。

SDカードスロット

側面のドララッチを開けるとバッテリーを入れるスペースやUSB-Cポートが見えます。

中央あたりにmicroSDカードスロットが搭載されています。

microSDカードはこんな感じで挿入しますが、けっこう抜き差しがしずらいです。ここは改善してほしいところですが、本体サイズや防水性を考えると厳しいんでしょうね。

バッテリー|長くなった撮影時間

HERO12 には低温環境対応Enduroバッテリーが標準で付属。アクセサリーセットはこのバッテリーが2個入っているので予備として使うことができます。

側面のドララッチを開けて向きがあるので間違えないようにバッテリーをセットします。

電源管理機能の改良で5.3K60撮影で連続録画可能時間が2倍 (70分)になったらしいです。ほんまかよ~それなら嬉しいけど。

解像度連続録画時間
5.3K6070分
5.3K3090分
1080p30155分
タクマ

ということで検証

解像度(5.3K60)検証1( HERO12)検証2( HERO11)
1回目開始時間20:19~停止20:38
開始から19分
66%のバッテリー残量で熱停止
開始時間20:19~停止20:37
開始から18分
68%のバッテリー残量で熱停止
2回目再録画20:46~停止21:01
開始から15分
残り40%で熱停止
再録画20:46~21:04
開始から18分
残り38%で熱停止
3回目再録画22:48~23:09
開始から21分
残り1%で停止
再録画22:48~22:10
開始から22分
残り1%で停止
録画時間19+15+21分=55分18+18+22分=58分
タクマ

え?何、暖房(23度)が効いている部屋とは言え熱停止早すぎんか

暖房の効いていない玄関へ移動して再検証。

平置きでは厳しいみたいですね。アクションカメラは海や川、風があたる自転車やバイクに取り付けて使わないとダメですね。

ちょっと・・・予想外の展開。HERO11の方が録画時間が長いという結果。

スペック通りなら5.3K60での連続録画可能時間が2倍 (70分)に。5.3K30なら1.5時間以上、1080p30なら2.5時間以上連続で録画できるはず、ここは後日再度検証してみます。

タクマ

んーやっぱり次は安定した4Kで検証するべきですね

USB-Cポート

バッテリーをセットしたあとにType-Cポートに付属のUSB-C to Aケーブルを接続して充電を開始します。

写真では他の充電用のUSB-C to Cケーブルを使用しています。

充電中は本体モニター上部のLEDランプが点灯します。

予備バッテリーの充電はGoPro純正品もしくはサードパーティ製の充電器を1つ持っていると便利です。

写真のUSB充電器は互換性のある予備バッテリーが3つ付属したサードパーティ製品です。

新旧機種との比較

機種
発売日2023年9月2022年9月
価格62,800円54,800円
ブレ補正HyperSmooth 6.0HyperSmooth 5.0
HDRビデオ
Bluetoothオーディオ機能
三脚用1/4ネジ穴
GPS
サイズ幅71.8 x 高さ50.8 x 奥行き33.6 (mm)幅71.8 x 高さ50.8 x 奥行き33.6 (mm)
重量154 g154 g

センサーや解像度、フレームレートは同じ。

HERO12 BlackとHERO11 Blackの主な違いを比較表にまとめてみました。デザインこそ変わらないものの機能は確実に進化しています。

サイズと形状やデザイン|前モデルと同様

前モデルのHERO11 Blackと比較してみました。左がHERO12、右がHERO11。

どうですか?双子形状ですね。

サイズと重量は全く同じ。本体デザインも変更点はなく目新しさはありませんが、これがGoproのベストな形状だと言えます。

他のメーカーから発売される人気のアクションカメラDJI Osmo Action 4、Insta360 Ace Proも似たような形状を採用しています。アクションカメラに詳しくない人が見るとどれも同じに見えるかもしれません。

今回発売されたGoPro12 Blackの基本カラーはブラックですが青色の斑点模様の塗装がされています。

ちょっとした変化点ですが今までのGoProにないカラーです。

なんかゴミが付いたような色付けですが・・・僕はどちらか選べるとしたらHERO11のブラックの方がいいですね。

上部のシャッターボタンはHERO11 Blackが赤い丸だったのに対してHERO12 Blackは丸部分が凹デザインのみのシンプル仕様に変更。

ここも僕はHERO11 Blackの赤いシャッターボタンの方が好みです。

底部はGoPro12には新たに1/4ネジが付いたのみの違いです。

起動速度比較

起動はGoPro HERO11 Blackの方が早いというレビューを何度か目にしていますが、NEWモデルの方が遅いなんて・・・。

気になったので実際に検証してみましたが、GoPro12 Blackの方が起動も、電源オフも少しだけ速い結果となりました。

アップデート前のGoPro12は起動速度が遅かったのかな?よく分かりませんが間違いなくHERO12の方がわずかに速く起動します。

モニターのタッチ感度やレスポンスはほとんど違いが分かりません。

本体の底面に三脚用ネジ穴が追加

フォールディングフィンガーの中央に汎用性が高い三脚ネジ穴が新しく追加されました。

GoProはさまざまなアクセサリーが使えるようにフォールディングフィンガーを搭載しているので三脚用の1/4ネジ穴が必要なのか?と思った人も多いともいます。

フォールディングフィンガーでGoProをマウントするにはアタッチメントが必要でしたが、1/4ネジ穴対応であれば他社の三脚もハンドグリップも直で取り付けることができるので地味に便利です。

ただGopro本来のタフな衝撃に強い性能を発揮するなら、従来のマウント方法が衝撃を吸収してカメラを守る意味でもベストと言えます。

1/4ネジ穴はGoProを三脚で固定して撮影するといったシチュエーション限定に使用した方がよさそうです。

Blutoothオーディオマイク|ワイヤレスイヤホンで音声収録&音声コントロール

GoPro HERO12 Blackの新機能として、AirpodsやBluetoothイヤホンをGoproとペアリング、イヤホンのワイヤレスマイクを使うことができます。

YouTube動画撮影などをする際のナレーションなどの録音をする際にGoPro本体から離れた場所にいてもワイヤレスイヤホンのマイクから録音することができます。

さらにRawオーディオをONにするとワイヤレスマイクやイヤホンとGoPro本体両方で録音が可能となります。

音声コマンドによる操作はHERO12/11/10/9 Black~それ以前のモデルでも対応していますが、Bluetoothオーディオ機能を搭載したHERO12 Blackはワイヤレスオーディオマイクやイヤホンで離れた場所からでも遠隔で音声コマンドによる操作が可能となり利便性が向上しています。

よく使うコマンド一覧
GoPro撮影
GoPro撮影ストップ
GoProビデオスタート
GoProビデオストップ
GoPro写真
GoProタイムラプススタート
GoProタイムラプストップ
GoPro電源オフ
GoProビデオモード
GoPro写真モード
GoProタイムラプスモード

例えばこんなシーンで活躍します。

バイクにマウントしたGoProの操作は両手が使えない走行中はできません。動画開始や停止などの操作ができなく不便でした。

HERO12の新機能ならBluetooth接続したインカムのマイクからハンズフリーでGoProの操作ができるようになりました。

タクマ

両手が使えないバイクで走行中に音声によるハンスフリー操作ができるのが便利すぎるよ

補足として撮影の開始停止を知らせるアラート「電子音」をONにしておくとワイヤレスイヤホンでも電子音を聞きとることができるので、録画しているつもりができていなかったという失敗を防止することができます。

Bluetooth対応機器とのペアリングは簡単です。

ワイヤレスマイクで録音した音声はGoPro本体に保存されるので、バイクで走行中に撮影しながらヘルメットの中で話している音声データも動画をYouTube等へアップするだけで完了です。

あとから編集で音声を付け加える必要がありません。

タクマ

GoPro HERO12はモトブログやGoPro本体から離れた場所での撮影におすすめ。

GoPro HERO12 Blackを使ってみた

GoPro HERO12 Blackがどのように進化したのか実際に使ってチェックしていきます。

初期設定

初期設定は画面に従い進めるだけなので超簡単です。

まず言語を選択「日本語」にして画面上部右の✔マークをタップします。

言語はGoProを使う人の使う言葉を選択します。

法的事項「利用規約」を確認して「同意する」をタップします。

音声コントロールのオフ・オン設定画面が表示されますのでどちらかを選択します。僕はオンにしています。

後からでも変更が簡単にできます。

音声コントロールの言語、実際に声で発音する言語を設定します。

GoPro Qulkアプリ インストール

App StoreもしくはGoogle PlayからGoPro Qulkアプリ インストールします。カメラはONにしたままの状態で待機します。

GoPro Quik:動画編集アプリ

GoPro Quik:動画編集アプリ
開発元:GoPro, Inc.
無料
posted withアプリーチ

スマホのBluetoothをONにしてペアリングを開始します。画面に指示に従うだけで簡単にできます。

ペアリングが完了したら、GoProに名前を付けることができますがそのままでもOKです。カメラのWi-Fiに接続が完了したら完了です。

カメラの更新が最新Vr.になっていない場合は指示に従い最新バージョンへの更新を行います。更新が完了しましたと表示されたらQulkアプリが使えるようになります。

QulkアプリではGoProのモード設定やビデオ設定など細かくセッティングが簡単にできます。メディアでは転送した動画の再生、編集が簡単にできます。

アプリのUIが優秀なので迷うことなく誰でも簡単に操作ができます。

HDRビデオ

HERO12の動画撮影プロファイルは標準、HDR、GP-LOGの3つから選択して撮影ができます。

その中のHDR(High Dynamic Range)は標準比で高ダイナミックレンジで明るい部分と暗い部分のディテールをより鮮明にします。

従来の撮影方法とは異なり多々な輝度差を捉え、自分で見ているリアルで美しい被写体をそのままのイメージで撮影が可能。

HDRは、画像やビデオにおいて暗部と明部の差を広げ、より広範な明るさを再現する技術です。 今ままでの標準撮影では明るすぎる箇所が白飛びしたり、暗すぎる箇所が見えなくなることがありましたが、HDRはそのような問題を解決します。

逆光では景色が白つぶれしたり、室内では黒つぶれするなど残念な映像になるところをHDRビデオ撮影では明るさの幅を広げることでリアルに近い映像を撮影することができます。

HDRビデオの暗所撮影

GoProで夜景を撮影したい。そんなことを考えてGoProを選択する人もいると思いますが、HDRビデオを搭載したGoPro12でも低照度下ではかなり厳しいですね。

日中は綺麗に撮れるGoProでも夜間撮影は苦手です。

夜間でも街路灯の多い比較的明るめの街撮りシーンなら問題はありませんが街灯の少ない暗所ではかなり厳しいですね。

夜間撮影をInsta360 Ace Proと比較した動画をチェックしてみて下さい。

複数の画角パターンで撮影を楽しめるGoPro HERO12

1080P4K5.3KMAXレンズ2.0
HyperView 12mm
SuperView 16mm
広角 16~34mm
リニア 19~39mm
リニア水平ロック 360度フル回転
リニア+水平維持 最大27°の傾き
MaxHyperView
MaxSuperView
Max+広角
縦撮り

MAXレンズモジュール2.0

出目金みたいなもっこりしたレンズ「MAX LENS MOD 2.0」

このレンズを取り付けると以下3つの画角で撮影できます。

・MaxHyperView
・MaxSuperView
・Max+広角

画面の端がゆがみますが超広角視野角177度のなかなか面白い動画が撮れるレンズです。いつもと違った感じで撮りたい人は買うべきレンズです。

MAXレンズの取付は、HERO12の標準レンズを外します。

レンズの端をつまんで少し手前に引きながら右に回すと簡単に外すことができます。

標準レンズを外したら、MAX LENS MOD 2.0の凹み部分と本体の凸部分を合わせて取り付けます。

MAX LENS MOD 2.0を右回転させて取り付け完了です。特に難しいこともなく簡単です。

取り付け完了。

360度カメラっぽい出目金レンズですね。レンズを変えるだけで雰囲気がガラリと変わります。

取り付けたらMAXレンズ2.0オフを長押しします。

画面が切り替わるので「MAXレンズ2.0」を選択します。

画面を戻して「MAXレンズ2.0」をタップしてオン表示にして完了。

タクマ

HERO12 vs HERO11の画質比較をしているよ。

初心者でも簡単設定|イージーコントロール

GoPro12は解像度やフレームレート、画角など細かなセッティングができるのでさまざまな撮影シーン対応します。

初心者やカメラの設定が苦手な人には難しいかも知れません。そんな初心者の人向けに「コントロール」設定が可能です。

「コントロール」をタップすると「イージー」・「プロ」の選択ができる画面が表示されます。

コントロールプロは細かな設定ができるモード。

プロモードで解像度、フレームレート、画角、手振れ補正、HDRのオンオフなど撮影したいシーンに合った細かなセッティングが可能。

コントロールイージーではプロモードで設定した内容を簡単に切り替えることができるモード。

撮影現場での素早い切替にも対応、初心者にも扱いやすいモードです。

イージーモードでは細かなセッティングはできませんが、プロモードで設定された設定を3つの撮影品質で簡単に切り替えできます。

・最高品質 5.3K
・標準品質 4K
・基本品質 1080P

GoPro HERO12 Blackがおすすめな人

・最新モデルが好きな人
・離れた場所からワイヤレスイヤホンのマイクで収録したい人
・HDRで細部までキレイな撮影をしたい人
・ややこしい設定が苦手な人

GoPro HERO11 Blackを1年間使って撮影を楽しんでいましたが、Gopro HERO12 Blackが発売されたの買ってしまいました。

タクマ

いつもの衝動買い!

正直なところGoProは完成度が高いので僕の使い方ではHERO11 Blackで十分な性能でした。

HERO12を使ってみて、この機能使ったら後戻りできないよというような特化した機能は残念ながら搭載されていませんが

・Bluetoothオーディオ機能
・HDR撮影

この2つの機能は使ってみて「やっぱり新型はいいな」と思いました。

僕はバイクツーリングが趣味なのでインカムのワイヤレスマイクで操作と収録ができるのが最高です。

ただHERO11 Blackを持っている人でこの2つの機能を重要と思わない人には買い替えの必要性は感じません。

GoProを持っていない人なら間違いなくHERO12は買いです。

上記の機能は不要、使わないという人にはGoProの型落ちHERO10/11でも十分な性能なのでどれを買っても後悔はないと言えます。

GoPro HERO12 Black レビュー!まとめ

GoPro HERO12 Blackを紹介しました。

まだまだ使えるGoPro10 Black、完成度の高いGoPro11 Black、そこからさらに進化したGoPro12 Black。

結局どれがいいの。

今回HERO12 Blackの実機を使ってみて、GoProを初めて購入する人ならGoPro12 Blackが間違いなくおすすめです。

ただし高性能なGoProを少しでも安く手に入れたい人には、性能面で満足できるHERO12よりも8,000円安く購入できるHERO11がおすすめです。

機種価格
GoPro HERO1262,800円
GoPro HERO1154,800円
価格差8,000円

GoPro選びで迷ったら「どれがいい!GoPro HERO10・11・12の比較+MAXも違いが簡単に分る」こちらの記事を参考にしてみて下さい。

中古品を考えてる人は「中古よりも!GoProは型落ちがおすすめ!初心者必見選び方を解説!」の記事を見てから検討してみて下さい。




シェアをしてくれるとうれしいです

Amazon.co.jpでお買い物するなら


ギフト券を現金チャージするのがお得です。