小型カメラOnlineShop通販
小型カメラOnlineShop通販 > 小型カメラ豆知識 > 小型カメラの長時間録画-人気機種を徹底比較!!


小型カメラの長時間録画-人気機種を徹底比較!!

小型カメラの長時間録画に対応する機種の中で、当店売れ筋の人気商品を対象に比較、連続録画時間、その他の機能についてまとめています。小型カメラで長時間の動画を撮影するなら大容量バッテリー搭載機種or省電力ICチップを搭載した長時間録画に対応機種がおすすめ。
 

長時間の録画&稼働で選ぶならトータルで優れたバッテリー型カメラがおすすめ。






 
長時間録画に対応した機種がなぜ必要となるのか、またどのようなタイプの小型カメラが長時間録画及び稼働に対応しているのかについて分かりやすく一覧表にまとめて説明していきます。小型カメラを使った長時間の監視や防犯、証拠撮り撮影をする必要がある方は参考にしてみて下さい。
 

1.小型カメラの長時間稼働&録画に対応したスペック比較

ここに掲載している機種は長時間録画に対応したおすすめの小型カメラを集めました。小型カメラの本体に内臓されたバッテリーのみで長時間の録画に対応した機種です。24時間365日監視カメラとして利用する際は、別売りのACアダプター対応製品を選択しましょう。
 
長時間録画対応:充電器カメラ】

機種コード スパイダーズX
(A-610 Plus)
スパイダーズX
(A-613)
機種 スパイダーズX
(A-610 Plus) スパイダーズX
(A-613)
A-603 A-602
価格(税込) 価格 価格
録画稼働時間 最大24時間 最大18時間
AC外部電源対応 24時間以上 24時間以上
レンズ品質 フルハイビジョン フルハイビジョン
動画サイズ 1980×1080px 1980×1080px
画像サイズ 4032×3024px x
フレームレート ~30FPS ~30FPS
暗視補正機能 × ×
動体検知機能
赤外線ライト × ×
繰り返し録画機能
重量 120g 103g

 

長時間録画対応:充電器カメラ】

機種コード スパイダーズX
(A-614)
スパイダーズX
(A-612S)
機種 スパイダーズX
(A-614) スパイダーズX
(A-612S)
A-614 A-612S
価格(税込) 価格 価格
録画稼働時間 最大15時間 最大13時間
AC外部電源対応  24時間以上  24時間以上
レンズ品質 フルハイビジョン フルハイビジョン
動画サイズ 1980×1080px 1980×1080px
画像サイズ 4032×3024px x
フレームレート ~30FPS ~30FPS
暗視補正機能 x x
動体検知機能
赤外線LED
繰り返し録画機能
重量 223g 138g

 

​【長時間録画対応:充電器カメラ】

機種コード スパイダーズX
(A-610aB)
スパイダーズX
(A-604)
機種 スパイダーズX
(A-610aB) スパイダーズX
(A-604)
スパイダーズX
(A-610aB)
スパイダーズX
(A-604)
価格(税込) 価格 価格
録画稼働時間 最大10時間 最大10時間
AC外部電源対応 × 24時間以上
レンズ品質 フルハイビジョン フルハイビジョン
動画サイズ 1980×1080px 1980×1080px
画像サイズ 4032×3024px ×
フレームレート ~30FPS ~23FPS
暗視補正機能 ×
動体検知機能 ×
赤外線LED ×
繰り返し録画機能
重量 122g 136g

 

長時間録画対応:火災報知器カメラ】

機種コード スパイダーズX
(M-910)
スパイダーズX
(M-948)
機種 スパイダーズX
(M-910) スパイダーズX
(M-948)
M-910 M-948
価格(税込) 価格 価格
録画稼働時間 最大10時間 最大11時間
AC外部電源対応 × ×
レンズ品質 フルハイビジョン フルハイビジョン
動画サイズ 1980×1080px 1980×1080Px
画像サイズ 4032×3024px 4032×3024px
フレームレート ~30FPS ~30FPS
暗視補正機能
動体検知機能
赤外線ライト × ×
繰り返し録画機能
重量 50g 155g

 

長時間録画対応:置き時計型カメラ】

機種コード スパイダーズX
(C-502)
スパイダーズX
(C-501)
機種 スパイダーズX(C-502) スパイダーズX(C-501)
C-502 C-501
価格(税込) 価格 価格
録画稼働時間 最大10時間 最大10時間
AC外部電源対応 24時間以上 24時間以上
レンズ品質 フルハイビジョン フルハイビジョン
動画サイズ 1920×1080px 1920×1080Px
画像サイズ 2592×1944px 1920×1080px
フレームレート ~30FPS ~30FPS
暗視補正機能 × ×
動体検知機能 ○(人体検知機能)
赤外線LED ×
繰り返し録画機能
重量 400g 268g

 

長時間録画対応:その他、小型カメラ】

機種コード スパイダーズX
(M-940)
スパイダーズX
(H-778)
機種 スパイダーズX
(M-940) スパイダーズX
(H-778)
M-940 H-778
価格(税込) 価格 価格
録画稼働時間 最大15時間 最大9時間
AC外部電源対応 × ×
レンズ品質 フルハイビジョン ハイビジョン
動画サイズ 1920×1080px 1280×720px
画像サイズ 2560×1920px 4032×3024px
フレームレート ~30FPS ~30FPS
暗視補正機能 × ×
動体検知機能 ○(人体検知機能)
赤外線ライト × ×
繰り返し録画機能
重量 237g 212g

 

2.小型カメラで長時間録画ができる機種とは

隠しカメラの中でも小型(ペン型、腕時計型、USBメモリ型、ライター型等)のカメラでは本体に内臓されているバッテリーのサイズと容量が少ないので長時間録画に対応することはできません。あとで見てもらう稼働時間比較表をみると分かりますが、小さなサイズの小型カメラでは約60分程度の連続録画が限界です。
 

長時間稼働及び録画に対応している機種は、比較的本体サイズが大きめの小型カメラが長時間に対応していると言えます。これは大きな容量(mAh)のバッテリーが内臓できるため、その容量に応じた稼働が確保できるわけです。
 

3.小型カメラの長時間稼働と長時間録画について

『長時間稼働』とはバッテリーの容量(mAh)に応じて小型カメラ(スパイカメラ)を連続して稼働させることができる時間をいいます。このまとめページでは、稼働及び録画時間が5時間以上となるものを目安として長時間としています。長時間録画には内臓されているバッテリーのみので連続稼働約24時間に対応している機種も発売されました。
 
2018年4月9日現在
これは2017年に発売された省電力ICチップ搭載でずか4200mAhのバッテリーでなんと驚きの24時間連続録画が可能な機種が発売されました。あの爆発人気を誇る名機スパイダーズX (A-610)の進化機種 ⇒スパイダーズX (A-610 Plus) です。その後も2018年にも省電力ICチップ搭載機種が発売され18時間の長時間稼働を実現しています。今後も省電力ICチップを搭載された機種が販売され、さらにロングな録画に対応した機種が発売されるこでしょう。
 

バッテリーでは限界があるため、常時電源が確保できるACアダプター(外部電源)に対応した機種では『ACアダプターの利用+繰り返し上書き録画対応』で24時間以上の稼働が可能となります。ポータブル充電器を使えば充電しながらの稼働も可能です。『長時間録画』にはmicroSDカードの容量と『繰り返し録画機能』が搭載されているかがポイントとなります。繰り返し録画に対応していない機種ではどれだけ稼働時間が長くてもメモリーがいっぱいになったら録画が停止してしまいます。
2018年モデルではmicroSDカード64GB、128GBの大容量メモリに対応している機種を当店では販売しています。長時間の録画した動画を保存するなら大容量メモリ対応機種がおすすめです。
 

通常microSDカードは32GB、64GB(A-612B)、最大で128GB(スパイダーズX (A-611) )に対応していますが、動画(特に高画質フルハイビジョン)はメモリーが沢山必要となるので、長い録画時間に対応させるには繰り返し上書き録画機能は必須です。小型カメラでは録画時間の長さは重要なポイントの一つに入る。なぜならどんなに高性能な機能が備わっていても、録画時間が短いといざという場面で役に立たないことがあるからです。
ただしスパイダーズX A-602のように長時間録画に対応していても「繰り返し録画」未対応品もあります。これは大切なデータに上書損失を防止するためです。利用する状況により必要なタイプを選択しましょう。
 

極端な例えをすると、防犯用に置き時計型のカメラを設置して、そのカメラのバッテリーが2時間しか持たないと想定しよう。となると防犯用に作動させたカメラは、録画を開始してから2時間後には停止してしまうことに・・・。この2時間で十分であればいいが、監視カメラとして使う時や、いつ訪れるか分からないチャンスを動画に収めようとするなら長時間録画は必須になってくるでしょう。
 

4.長時間録画を可能にするポイントとは?

長時間録画の問題は小型ビデオに限ったことではなく一般的なビデオカメラなども同じではないでしょうか。一般的なビデオカメラのように普通サイズのものには大きなバッテリーが搭載できるため、それなりの長時間録画は可能となっていますが小型カメラはその名の通り小型であることが長時間稼働及び録画という点ではデメリットとなっています。
 

ではそんなデメリットな点を持つカメラで長時間録画に対応させるにはどうしたらいいのか考えてみましよう。
 

長時間録画に対応させるポイントは二つ。一つ目は「バッテリー」。そして二つ目は「メモリー(microSDカード)」。この二つのポイントを理解しておくことが重要になります。フルハイビジョンやハイビジョンは綺麗な動画が楽しめる一方でメモリー容量が沢山必要となることを覚えておきましょう。
 

5.機種で使い分けて対応、長時間録画

小型カメラにはどの機種にもバッテリーが搭載されています。※(一部バッテリーを搭載しない直給電タイプもあり)では主な機種の連続録画を纏めてみたのでこちらをまずは見てみましょう。ボタン型カメラなど一部の機種を除く。
 

機種 製品名 録画時間
充電器型カメラ A-610ab ~24時間
ペン型カメラ P-117S ~60分以下
メガネ型カメラ E-250 ~60分
置時計型カメラ Black Knight 約8時間
火災報知器型カメラ M-910 ~10時間以下



上記表はメーカー公表値。
数値は理論値であり稼働時間を保証するものではありません。とあり、使用環境で変動するのでおおよその目安にしてもらいたい。
 

この中でも「持運び型カメラ」のペン型、メガネ型は録画時間が極端に短いのがお分かり頂けると思う。これは本体が小型なので当然バッテリーも小型化されるので限界もある。体に装備したり、持ち運んだりする機種は連続稼働時間が~60分程度が限界と思っていれば間違いがない。しかしこのような機種もテーブルや棚などの上に置いて撮影する場合は、ACアダプターやポータブル電源に接続きる機種もある。その場合は稼働時間はAC給電なら24時間以上休みなしの長時間に対応できる。
 

ただしメモリーカードの上書き保存(繰り返し録画)が条件となる。
 

また最新のメガネ型ではスペアバッテリーが付属したスパイダーズX (E-260)(匠ブランド ゾンビシリーズ)『Z-G011』もありバッテリーを交換することで長時間稼働に対応した人気モデルもあります。
 

他の3機種、充電器型、置時計型、火災報知器型カメラは本体の大きさもそれなりで搭載されるバッテリーも大きくなり長時間の録画に対応している。小型カメラの長時間連続録画は1つのテーマでもあるが、これは工夫次第で24時間対応させることが可能。本体が比較的大きい3機種は8時間~24時間と十分な録画時間に対応しているので“欲しい動画”を手に入れるには問題ないと言えます。
 
例えば部屋の監視カメラとして利用する場合、朝に録画開始のスイッチをONにして仕事に行ったとします、そして帰宅するまでの留守の部屋を録画したいなら、必要な時間帯を搭載バッテリーのみでカバーできることになります。
 

さらに「動体検知機能」が装備されている機種であれば、これをONにしておけば、物体が動いた時のみ動きを感知して自動録画、自動停止をしてくれるので無駄なバッテリーの消費とメモリー容量の消費を抑えてくれるので便利です。
 

6.小型カメラを長時間MAXに対応させる

小型カメラの長時間録画対応は一つの課題でもある。防犯カメラとして利用する場合「24時間以上対応させたい時がある」そんな時はACアダプターを利用すれば24時間対応させることができバッテリーを気にすることなく使える。全ての機種がACアダプターに対応しているわけではないので注意して下さい。
 

例えば腕時計型で本体が極端に小さなカメラでもACアダプターに対応させている機種が販売されている。こちらのスパイダーズX(W-707)。ACアダプターは別売りAC/DCアダプター スパイカメラ スパイダーズX (Fa-923)となっているが小型カメラ専用が販売されているので安心。またACアダプターを付属した機種もあるので自身の用途に合う腕時計型カメラを選びましょう。
 

置時計型カメラのように本体がそこそこ大きいタイプでは購入時に付属品で同梱されている機種もある。例えばこちらの機種『IR-Clock09』(アイアールクロック09)スマホ対応は安心して長時間稼働ができる。他にもACアダプター対応品があるのでお好みのデザイン、性能で選択をおすすめします。
 

7.こんな使い方もある長時間録画

小型カメラ(隠しカメラ)にはテッシュボックス型カメラがありますが、この機種は一般のテッシュボックスを入れるケース型をしたカメラ。このカメラケースにテッシュボックスを収めてもまだ空きスペースがあるため、中にポータブルバッテリーなどの充電器をいれて外部電源で長時間稼働をさせることが可能。この方法なら長時間録画に対応させることもでき、カモフラージュ性も抜群で自動車の中や各部屋など、どこに置いていても違和感なく使えるカメラです。またACアダプターにも対応で24時間以上の長時間録画&稼働も可能。
 

このようにちょっとした工夫をすることで、小型カメラを長時間録画に対応させることは可能です。使う用途で「機種の選択」をし、24時間以上の長時間録画に対応させたい場合は「ACアダプター対応」機種を選ぶことであなたの欲しい動画を手に入れる最良の選択をしましょう。
 

8.まとめ

長時間の稼働や録画に対応した機種では自宅や店舗等の監視カメラとして最適。24時間に対応させることで必要な時にメモリーカードに収められた動画を確認することができます。本格的な監視カメラは高額でなかなか購入に踏み切れませんが、小型カメラは比較的価格が安く初心者でも入りやすく人気です。
 

カメラの置き場所や隠し方を工夫すれば、留守中の自宅の敷地内の様子や、ペットの様子など普段目にすることができない場面を収めることもできます。長時間録画に対応した機種、対応させた使い方だからこそ手に入れることのできる情報(録画映像)があります。

 

長時間稼働&録画対応機種を有効に使い、不安に思っていたこと、知りたかった真実を確認することで不安を取り除ける場合があります。スパイカメラという特殊なカメラの機能を最大限に使いあなたの生活に安心を。