超小型隠しカメラ!おすすめの人気機種【2020年】

2020年最新超小型カメラおすすめ

【超小型カメラ】人気ランキング-これを選べば間違いのないBEST3

【赤外線 動体検知 360度回転ブラケット付き】
【1080P高画質/録音監視カメラ/赤外線 動体検知】
【WiFi対応防犯監視カメラ 動体検知暗視機能】

手で持つというより、指でつまむほど小さな本体、それが超小型カメラです。適当に置いておくと紛失してしまいそうなほど小さなものまであります。隠して使うには最適。

そんな超小型のカメラの使い方、機能別おすすめの人気機種まで紹介していきます。

スポンサーリンク

 

超小型カメラとは

文字通りとにかく小さい本体に、超小型のカメラレンズを内蔵させたカメラです。小さいからおもちゃレベル?と思ってしまいまう方もいると思いますが、これがなかなかの高性能の機能を持つカメラがあります。中にはチープなものもありますが、ここでは実用も兼ねた高性能モデルに焦点をあてていきます。

超小型カメラの中には人気のWi-Fi機能でスマホ操作ができるもの、動体検知機能、暗視撮影などいろいろです。監視カメラとして使える本格的なものまであります。

いろいろな機能を備えた超小型カメラの最大のメリットは小さいからこそできる様々撮影方法です。

 

超小型カメラのメリット・デメリット

とにかく小さいミニカメラ。このサイズだからこそあるメリット・デメリット、短所も理解して購入することで失敗した!なんてことがないように知っておきましょう。

 

超小型カメラのメリット

サイズが小さいことが最大の武器となるメリットです。小さいからこそ隠せる場所がたくさんあります。また目立たないので適当に置いていても気付かないこともあるほどです。

とにかく隠して使うならおすすめのカメラ。

 

超小型カメラのデメリット

本体が小さいことで問題となるデメリットはこの2つ。

超小型カメラのデメリット
  • バッテリーが小さい
  • 無くす恐れがある。

本体サイズが小さくなればバッテリー自体もミニサイズとなり、容量(mAh)も少なくなります。近年のバッテリーは高性能となり、小さくても大容量化が進んでいますが、それでもサイズに比例して容量も違ってきます。

スパイ博士
バッテリーが小さいと連続稼働時間や録画時間は短くなるが、機種によってはモバイルバッテリーやUSB対応のハブから電源をとることで24時間の連続稼働に対応させることもできるんだよ。

 

もう一つのデメリットは無くす可能性がある。とにかくサイズが小さいので、しっかり管理しておかないと無くして見つからなくなることもあるので注意しよう。特に本体カラーがブラックだと物陰にあると目立たないので取り扱いには気をつけよう。

 

超小型カメラの機能とおすすめ機種

超小型カメラにはいろいろな機能を備えた機種が販売されています。基本的には利用目的によって欲しい機能を備えた機種を選ぶのが理想的です。

あると便利なおすすめの機能は

超小型カメラに装備されるおすすめの機能
  • WiFi機能
  • 動体検知機能
  • 暗視撮影機能
  • マウント付き

 

超小型カメラのWiFi機能とおすすめ

WiFi機能は小型カメラだけでなく、今やいろいろな機器に装備されています。Wi-Fiでスマホ、iPhoneと接続させて専用アプリで操作ができるものがたくさんあります。代表的なものでは音楽プレーヤー、パソコン、テレビなど。

超小型カメラでもWi-Fiを装備した機種があります。スマホ、iPhoneとつなげることで離れた場所から操作ができたり、動画の再生、保存までできるものがあります。PCがなくてもスマホがあればOKという便利さで人気のある機能です。

【WiFi対応防犯監視カメラ】
【Wifi対応 赤外線暗視 広角140°】
【WIFI超小型カメラ ネットワークカメラ iPhone/Android対応】

 

超小型カメラの動体検知機能とおすすめ

動体検知機能は監視カメラや防犯カメラでも装備される機能です。24時間常時録画をしていると何か問題があった時の動画、観たい場面の動画を再生したくてもその時の映像を探すのにとても時間がかかります。

しかしこの動体検知機能をONにしておくと、カメラの前で何かが動いた時だけ撮影してくれる機能です。この機能をONにしておけば何かあった時だけ撮影してくれるので目的の動画がすぐに見つかります。

 

超小型カメラの暗視撮影機能とおすすめ

暗視撮影には赤外線LEDが必要となります。防犯や監視目的で超小型カメラを使う場合はぜひ赤外線LEDを装備したものを選びましょう。ほとんどの機種が暗くなると自動で赤外線LEDを点灯します。

暗視撮影の動画はカラーではなく白黒となります。赤外線の届く距離が長いものほど、より鮮明で遠くまで撮影することができるのでより本格的に夜間撮影をしたいなら赤外線LEDがより強力なものを選ぼう。

【赤外線 128GB対応】
【赤外線 暗視】
【赤外線LED 暗視撮影】

 

超小型カメラのマウント付きとおすすめ

超小型カメラを活かしたマウントは360度回転するものや、本体がマグネットでスチールならどこでも設置できる便利なアイテムを装備したカメラです。

マウントを装備したものは使い勝手がよく超小型カメラの使い勝手を最大限に引き出せるアイテムです。

【360度回転ブラケット付き】
【クリップ回転マウント付き】
【専用マウント付き】

 

超小型カメラはこう使う

とにかくミニな小型カメラ、無造作に置いていてもパッと見分からないほど小さい。これを隠して使うならさらに分からないのは言うまでもない。

隠すポイントはカメラ本体と同色系、カメレオンのように同じ色系で同化させるのだ。

使い方は監視カメラ、防犯カメラとして使うならマウントなどが付属した機種を選ぶ、隠して使う目的ならできるだけ小さな機種を選ぶ。

隠すならこんな場所がおすすめ

上手く隠す
  • テレビボード
  • 出窓の小物の影
  • カーテンレール
  • 観葉植物の隙間

ほとんどの超小型カメラはブラックカラーです。白や他の色よりも黒は目立たないことがメリットとなります。隠す場所も黒系のテレビボード、家電の影などに隠すのがおすすめです。

部屋の角、カーテンレールの上、カーテンの隙間、小物の間など、黒いカメラを他のものと上手く同化させることで隠す場所、隠せる場所はたくさんあります。

超小型カメラには専用のマウントが付属されている機種もあります。マウントに取り付けて高い位置取り付ければ監視カメラになります。

 

まとめ

超小型カメラは人気があり、販売されているものはいろいろなタイプがあります。必要な装備が付いた小型カメラを選び、自宅、車庫、部屋などの防犯に役立てて下さい。

超小型カメラは価格が安く、取り扱いが簡単で、防犯目的だけでなくペットの監視などにも使われます。