ガジェットの比較/カメラ/ドローン/SDカード/ロボット掃除機

超小型カメラのおすすめ9選!よく売れている人気機種(2022年度版)

小型カメラは自宅の防犯、悩み事の証拠撮影など幅広く利用されるカメラです。

隠せる超小型のカメラでどのようなシーンで撮影をしたいのかで機種選びは違ってきます。

隠して監視カメラとして使いたいけど多くの機種があって

・どんなタイプがいいの?
・どんな機能があるの...
・どれがおすすめ

と悩む人もいると思います。

小型でも

・Wi-Fi機能
・解像度4K
・暗視カメラ
・長時間録画

など付加機能も機種によってさまざまです。

この記事では使う状況別に小型カメラのおすすめの機種を紹介していきます。

人気!どれにするか迷ったらおすすめ!

スマホで遠隔操作、カメラが回転する高性能小型カメラ。

評価解像度画角Wi-Fi
(5.0 / 5.0)
4K160°スマホ操作
暗視撮影機能サイズ(mm)
赤外線LED動体検知機能
360度水平回転
マウント
50×45×40
\タイムセール/
Amazon
\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場

手で持つというより指でつまむほど小さな本体、それが超小型カメラです。

適当に置いておくと紛失してしまいそうなほど小さなものまであります。隠して使うには最適のカメラ。

超小型カメラとは

文字通りとにかく小さい本体に、超小型のカメラレンズを内蔵させたカメラです。

サイズが小型すぎておもちゃレベル?と思ってしまう方もいると思いますが、これがなかなかの高性能な機能を持つカメラがあります。

中にはチープなものもありますが、ここでは実用も兼ねた高性能モデルに焦点をあてていきます。

超小型カメラには人気のWi-Fi機能でスマホ操作ができるものや

・動体検知機能
・暗視補正機能
・赤外線LED

など実用的な機能を持つカメラがあります。

画質も4Kの解像度、本体がスマホ操作の遠隔操作で360°回転する小型カメラまで販売されています。

小型でも監視カメラや防犯カメラとして使える本格的な高性能タイプもあります。

いろいろな機能を備えた超小型カメラの最大のメリットは

小さいからこそできる

様々撮影方法です。

超小型カメラのメリット・デメリット

とにかく筐体が小さいミニカメラ。

小型のサイズだからこそある

・メリット
・デメリット

長所だけでなく、弱点も理解して購入することで買って失敗した!そんなことがないように小型カメラの特性を知っておきましょう。

超小型カメラのメリット

サイズが小さいことが最大の武器「メリット」です。

メリット①
  • 隠しやすい

手のひらに隠れる小型だからこそ隠せる場所がたくさんあります。目立たないので適当に置いていても気付かないこともあるほどです。

隠して使うシーンで利用するならおすすめのカメラ。

一般的なカメラでは撮れない場面の撮影に適しています。

小型カメラの隠し方はこちらの記事がおすすめです。

メリット②
  • 小型でも監視カメラとして使える

小型カメラは本格的な防犯カメラや監視カメラのように使えないのでは?と思ってしましますが、そんなことはありません。

・Wi-Fi機能
・ネットワーク接続

ができるタイプならスマホで遠隔操作が可能となり、離れた場所や、外出先から自宅の監視も可能です。

超小型カメラのデメリット

本体サイズが小さく「ばれない」カメラとして多くのメリットがあるカメラですが、デメリットもあります。

デメリットは以下の2つ。

デメリット①
  • バッテリーが小さい

本体サイズが小さくなれば内臓バッテリーも限られたサイズとなり、容量(mAh)も少なくなります。

最近のバッテリーは高性能でサイズが小型でも長時間に対応できる省エネ化が進んでいますが、限界があります。

サイズに比例してバッテリー容量の大小も影響があります。

スパイ博士
バッテリーが小さいと連続稼働時間や録画時間は短くなるけど、機種によってはモバイルバッテリーやUSB対応のハブから電源をとることで24時間の連続稼働に対応させることもできるんだよ。
デメリット②
  • 小さすぎて無くす可能性がある

筐体が小さく、しっかり管理しておかないと無くして見つからなくなることもあるので注意しましょう。

特に本体カラーが黒系だと、部屋にある雑貨などと同化してしまいどこにあるのか見つからなくなることもあるので要注意です。

小型カメラのおすすめ9選を機能別に紹介!

高性能な超小型カメラにはさまざまな機能を備えた機種が販売されています。

基本的には利用目的によって必要な機能を備えた機種を選ぶのが理想的です。

あると便利なおすすめの機能

超小型カメラおすすめの機能!
  • Wi-Fi機能
  • 動体検知機能
  • 暗視撮影機能
  • マウント付き

超小型カメラのおすすめ!Wi-Fi機能

WiFi機能は小型カメラだけでなく、今やいろいろなガジェットに搭載されています。

Wi-FiでスマートフォンやiPhoneと接続させて専用アプリをダウンロードすることでさまざまな操作ができるようになります。

代表的なものでは

・スマホ
・音楽プレーヤー
・イヤホン
・パソコン
・一眼カメラ
・アクションカメラ
・テレビ
などがあります。

超小型カメラでもWi-Fiを搭載した機種が各メーカーから販売され人気があります。

スマホ
iPhone
タブレット端末
パソコン

と接続させることで離れた場所から遠隔操作ができたり、動画の再生、保存まで出来てしまいます。

PCがなくてもスマホさえあればOKという便利さで人気です。

そんなWi-Fi機能を搭載した小型カメラのおすすめを紹介していきます。

Wi-Fiおすすめ① Freesun

評価解像度画角Wi-Fi
(5.0 / 5.0)
FHD
1080P
120°スマホ操作
暗視撮影機能サイズ(mm)
赤外線LED動体検知30×30×30


Wi-Fiおすすめ② Monja

評価画質画角Wi-Fi
(4.0 / 5.0)
FHD
1080P
140°スマホ操作
暗視撮影機能 サイズ(mm)
赤外線LED動体検知 30×30×30


Wi-Fiおすすめ③ Mansso-JP

評価 画質 画角 Wi-Fi
(3.0 / 5.0)
FHD
1080P
150°スマホ操作
暗視撮影 機能 サイズ(mm)
赤外線LED動体検知
警報通知
38×7.6×38


超小型カメラのおすすめ!動体検知機能

動体検知機能は

・監視カメラ
・防犯カメラ
・見守りカメラ

などに装備される機能です。

24時間常時録画をしていると何か問題があった時の動画、観たい場面の動画を再生したくてもその時の映像を探すのにとても時間がかかります。

しかしこの動体検知機能をONにしておくと、カメラの前で何かが動いた時だけ撮影してくれる機能。

動体検知機能をONにすることでカメラの前で「不審な動き」があった時だけ撮影してくれるので目的の動画がすぐに見つかります。

下着泥棒に悩む一人暮らしの女性が動体検知機能をONにして留守中や就寝中に洗濯物に向けてカメラを設置。
動きを検知したらカメラが自動で撮影。
下着泥棒の犯行の一部始終を動画に収めることができます。
「証拠動画があれば警察も証拠がないよりは動いてくれます。」

下着泥棒対策はコチラ

キモい下着泥棒対策!小型カメラで「証拠」を撮る

動体検知機能付きの小型カメラを紹介していきます。

動体検知機能おすすめ① ELEPRO

評価画質画角Wi-Fi
(4.0 / 5.0)
4K
AAP内
160°スマホ操作
暗視撮影機能 サイズ(mm)
赤外線LED動体検知
マウント
39×39x×40


超小型カメラのおすすめ!暗視撮影機能赤外線LED

カメラで暗視撮影するには赤外線LEDが必要となります。

小型カメラを防犯や監視カメラ目的で使う場合は、夕方から夜中の暗い状況でも撮れるカメラが必要です。

薄暗い夕方、真っ暗の夜中を撮るなら

・赤外線LED

を装備した暗視撮影対応の小型カメラを選びましょう。

チェックポイント

敷地内への不法侵入や自動車、バイクの盗難、自動車へのイタズラ、留守宅への空き巣などの犯行は暗くなってからが多く発生します。

不法侵入対策はコチラ

自宅に不審者侵入?悩み解決/不法侵入対策・対処方法

車上荒らし対策はコチラ

悪質な車上荒らし対策!カメラで動かぬ「証拠」を撮る

赤外線LEDを搭載した小型カメラは、明暗センサーで暗くなると自動で赤外線LEDを点灯するタイプがおすすめです。

暗視撮影の動画はカラーではなく白黒となります。

赤外線の届く距離が長いものほど、より鮮明で遠くまで撮影することができるので「本格的に夜間撮影をしたいなら」赤外線LEDがより強力なものを選びましょう。

おすすめは

・赤外線LEDの照射距離が5m以上。

赤外線LED付きの小型カメラを紹介していきます。

赤外線LEDおすすめ① BBIDSW

評価画質画角Wi-Fi
(4.5 / 5.0)
4K160°スマホ操作
暗視撮影機能 サイズ(mm)
赤外線LED動体検知


赤外線LEDおすすめ② Aasonida

評価 画質 画角 Wi-Fi
(3.5 / 5.0)
FHD
1080P
120°スマホ操作
暗視撮影 機能 サイズ(mm)
赤外線LED動体検知
磁気スタンド


赤外線LEDおすすめ③ Smhawk

評価 画質 画角 Wi-Fi
(3.0 / 5.0)
4Kスマホ操作
暗視撮影 機能 サイズ(mm)
赤外線LED動体検知30×30×30


超小型カメラのおすすめ!マウント付き

超小型カメラに付属するマウントは利用範囲が広がりとても便利です。

・360度回転するもの
・本体がマグネット式

などのマウントがあり、マグネット式なら鉄やスチール製ならどこでも設置できます。

両面テープで固定するタイプ、クリップで挟むタイプでも同様にいろいろな場所に取り付けて使うことができます。

マウントを装備したタイプは使い勝手がよく小型カメラの性能を最大限に引き出せるアイテムです。

マウント付きの小型カメラを紹介していきます。

マウント付きおすすめ① SHISHI

評価画質画角Wi-Fi
(5.0 / 5.0)
4K160°スマホ操作
暗視機能機能 サイズ(mm)
赤外線LED動体検知
360度水平回転
マウント
50×45×40


マウント付きおすすめ② OKAWA

評価画質画角Wi-Fi
(4.5 / 5.0)
4K160°スマホ操作
暗視機能機能サイズ(mm)
赤外線LED動体検知
デバイス共有
41×41×41


超小型カメラの使い方

とにかくミニな小型カメラ、無造作に置いていてもパッと見分からないほど小さいです。これを隠して使うとばれない度が一気にアップします。

ここがポイント!
隠すポイントはカメラ本体と同色系、カメレオンのように同じ色系で同化させる。

使い方は監視カメラ、防犯カメラとして使うならマウントなどが付属した機種を選ぶ、隠して使う目的ならできるだけ小さな機種を選ぶ。

隠すならこんな場所がおすすめ

上手く隠す
  • テレビボード
  • 出窓の小物の影
  • カーテンレール
  • 観葉植物の隙間

ほとんどの超小型カメラの筐体は、黒です。白や他の色よりも黒は目立たないことがメリットとなります。

隠す場所も黒系のテレビボード、家電の影などに隠すのがおすすめ。

・部屋の角
・カーテンレールの上
・カーテンの隙間
・小物の間

など、黒いカメラを他のものと上手く同化させることで隠す場所、隠せる場所はたくさんあります。

小型カメラの隠す方法なら以下の記事がおすすめです。

小型カメラの隠し方のコツ

小型カメラの隠し方と隠すのが簡単なおすすめ機種一覧

超小型カメラには専用のマウントが付属されている機種もあります。

マウントに取り付けて高い位置取り付ければ監視カメラになります。

この記事のまとめ

超小型カメラは、筐体がチープなモノでもそれなりに使える画質と機能を備えた機種が多く販売されていいます。

この画像のカメラは本体はチープでこんなのまともに使えるのレベルですが、画質や性能は申し分ありません。

小型カメラ

購入しやすい価格帯で、この手のカメラが初めての方でも安心です。

小型カメラのおすすめ機能の再確認
  1. Wi-Fi機能
  2. ネットワーク接続
  3. 赤外線LED搭載
  4. 動体検知機能
  5. マウント
  6. カメラの回転
  7. 高解像度の4Kカメラ

最近の機種は、Wi-Fiでスマホと接続して遠隔操作ができるだけでなく

・撮る
・見る
・編集
・保存

など、全ての操作ができる機種が多く、さらにネットワーク接続対応なら外出先から、カメラを設置した場所をスマホやパソコンで「リアルタイムの映像」が見れる便利さがあります。

取り扱いが簡単で、防犯目的だけでなくペットの監視などにも使われます。

必要な装備が付いた小型カメラを選び

・自宅(不審者や空き巣)
・部屋(出かけている間に誰か入っていないか)
・車庫(大切な車やバイクの盗難やイタズラ)

などの防犯に役立てて下さい。