小型カメラOnlineShop通販
小型カメラOnlineShop通販 > 小型カメラの使い方!機種別ばれない動画&画像の撮影方法!!マル秘テクニック


小型カメラの使い方!機種別ばれない動画&画像の撮影方法!!マル秘テクニック

【小型カメラの使い方、撮影マル秘テクニックで「あなたが欲しい動画や画像を思いのままに手に入れる」!!】



小型カメラは一般的なカメラとは違い、防犯目的の監視カメラや、突然のトラブル発生時の言った言わないの会話の録音、年々増加する悪質なDV被害、ストーカー被害などの証拠収集撮影に使われたり、セクハラ、パワハラを受けて悩んでいる方がその場面を撮影し証拠の記録や浮気調査など興信所や探偵社プロによる撮影にも使われたりする特殊なカメラです。

このようなカメラはスパイカメラや隠しカメラ、カモフラージュカメラとも呼ばれ撮影していることを隠して悟られないように撮影するのが基本目的であり、撮影には多少の知識と経験があった方がトラブル防止目的においても重要な要素となります。

目次

1.特に初めてこのような撮影に挑戦する方に注意してもらいたい事項

2.欲しい動画や画像を限りなく100%に近く手に入れるために間違いのない機種選択
●2-1【自宅で撮影編】
●2-2【オフィスで撮影編】
●2-3【店舗で撮影編】
●2-4【外出先で撮影編】
●2-5【自動車内で撮影編】

3.事前のアングル確認をするだけで成功率が飛躍的にアップ!!その方法とは
●3-1【固定型カメラのアングル確認】
●3-2【持ち運び型カメラのアングル確認】
●3-3【装着型カメラのアングル確認】

【充電器カメラ】スパイダーズX A-610aB
小型カメラの人気No.1モデル。アルミボディの超薄タイプ軽量!!
1、暗視補正機能 2、長時間10時間稼働 3、大容量バッテリー
(税込:



1.【特に初めてこのような撮影に挑戦する方に注意してもらいたい事項】


【第1章】隠して撮影することは、リスクがあることを忘れないでもらいたい。

例えばあなたがDV被害で悩んでいて、被害の証拠記録のため小型カメラを使って撮影したとしましよう。
しかしその撮影していることが相手に悟られて(ばれて)しまったら、あなたへの被害は拡大するでしょう、これはDV被害の証拠収集に限ったことではなく、どのような場面でも隠して撮影することにはリスクが付きまとうことを忘れないでほしい。

そして間違っても法に触れるような使い方(盗撮行為など)は絶対に行わない、安易な気持ちで使わないようにしてもらいたい。
自分や家族を守るための自己危機管理用、防犯カメラ、監視カメラとして使用して下さい。

さて本題に戻りますが、撮影を行う前に計画を持ち実践するのと、突発的に実施するのとでは成功率に大きな差が必ずでることを認識してほしい。
あなたが撮影したいその瞬間、撮影のチャンスが訪れるのは何%ですか?その僅かなチャンスを逃さないために事前の撮影準備、計画は重要です。

038865_mini小型カメラの種類はメガネ型、腕時計型、充電器型、ペン型、ライター型、火災報知器型などたくさんの機種が販売されています。あなたはどのカメラを選択しますか?

もしあなたが真剣に思いのままの動画や画像を手に入れたいと思っているのなら、機種の選択は最も重要です。外見がカッコイイから、なんとなくこれにしょう、など安易な機種選択をすると、望む動画や画像を撮影する機会を逃してしまうかも知れません。

趣味での撮影や、いつか役に立つかもしれないから購入しようという思いでスパイカメラを手に入れるのであれば、外見や機能面だけを比較して購入することに問題はありません。

ここではストーカー被害やパワハラやセクハラ、浮気などの証拠収集や、留守中の自宅や部屋などの監視カメラ、その他にどうしても記録したい場面などの限られたチャンスを動画や画像保存するためにできる限り失敗をしない機種の選択から機種別の撮影方法までをご紹介。

近年の小型カメラは高性能・高画質なハイスペック仕様の機種が多数販売されていますが、撮影する場所や場面に適した機種を選択することで成功率を大幅にUPさせることができます。

欲しい動画や画像を限りなく100%に近く手に入れるために間違いのない機種選択


あなたはどこで何を撮影したいのか?
【第2章】撮影する場所に適した、撮影しやすい機種があることを知る。

下記に一般的によくある撮影場所とそれに適したカメラの機種をまとめてみたので参考にしてもらいたい。


2-1【自宅で撮影編】

自宅で撮影する機種としておすすめのカメラは固定型です。撮影の失敗が少なく、撮影アングルを事前に確認しておく事で高確率で撮影したい動画が手に入れられる。

持ち運び型カメラでもテーブルやボックスなどの上に置いて撮影をする時は、比較的失敗が少なく便利だ。
小型カメラは、使い方の工夫次第であなたの身を守るのに役立つアイテムになるのでポイントを抑えて撮影するようにしよう。

掛け時計型カメラ・・・自宅リビング、各部屋
置時計型カメラ・・・自宅リビング、各部屋
ティッシュボックス型カメラ・・・自宅リビング、各部屋
エアコンスイッチ型カメラ・・・自宅リビング、各部屋
PC/AC電源アダプター型カメラ・・・パソコンの設置部屋、他電気製品がある部屋
火災報知器型カメラ・・・自宅玄関付近や各部屋の天井
電球型カメラ・・・廊下などのダウンライト仕様の天井
フック型カメラ・・・寝室、クローゼット付近
充電器型カメラ・・・棚や、テーブルの上に置いて
ミントケース型カメラ・・・棚や、テーブルの上に置いて
キーレス型カメラ・・・棚や、テーブルの上に置いて
ライター型カメラ・・・手に持って、棚や、テーブルの上に置いて
メガネ型カメラ・・・装備して、棚や、テーブルの上に置いて

●2-2【オフィスで撮影編】

054871_mini会社では持ち込んで違和感のない機種を選択する必要があります。パソコン周辺ならUSBメモリー型、デスクや会議室などではペン型カメラがおすすめ。

会社ではパワハラやセクハラに悩む方も多くそんな悩みにあなたの助けになるのが小型カメラです、被害を受けている場面の証拠収集に。他にもよくあるのが会社での盗難問題、更衣室ロッカーなどのから金品がなくなることもよくある問題だ、このような場面の証拠記録にも役立つカメラがあるので悪質な行為を記録することで、様々な悩みを解消できることもある。

ペン型カメラ・・・デスクのペン立てに入れて、会議室の机上、スーツの胸ポケット、ビジネスバッグの側面ホルダーに入れて

USBメモリー型カメラ・・・パソコン環境周辺、自分のデスク上など
PC/AC電源アダプター型カメラ・・・・パソコン環境周辺、自分のデスク
フック型カメラ・・・更衣室での盗難などの証拠
ペン型カメラ・・・取引先との商談など記録
腕時計型カメラ・・・突然のトラブルの撮影、会話の録音などに

●2-3【店舗で撮影編】

あなたが店舗のオーナーであれば、商品の万引きやレジの現金が気になるはずです。また閉店後、深夜の店舗内の様子などの監視カメラ赤外線ライト搭載がおすすめ。

掛け時計型カメラ・・・レジ監視、万引き監視
火災報知器型カメラ・・・レジ監視、万引き監視
電球型カメラ・・・万引き監視
赤外線ライト電球型カメラ・・・閉店後の店内監視
上記の隠しカメラはカモフラージュ性が抜群で、隠しカメラとしての役割を十分に発揮してくれる。またこれらは遠隔リモコンで操作できるタイプが多く、離れた場所から操作ができるのも魅力だ。長時間録画に対応しているので監視カメラとしの機能もバッチリである。

●2-4【外出先で撮影編】

外出先で使えるカメラは持ち運びが容易な小型のカメラと身に着けて使う2タイプがあります。場面や状況に合わせて使うことで効果を発揮します。
身に着けて使うメガネ型や腕時計型カメラは突然のトラブル発生時に会話など録画や録音をすることで証拠となり、あなたを守るために証拠を提出すれば優位に進めることもできます。
自動車運転時ならドライブレコーダーの代用も可能。


充電器型カメラ・・・外出先、飲食店など、彼氏、彼女の部屋で
メガネ型カメラ・・・場所を選ばず使用可能
サングラス型カメラ・・・アウトドア、自動車運転、自転車運転
キャップ/帽子型カメラ・・・アウトドア、自動車運転、自転車運転
ミントケース型カメラ・・・彼氏・彼女の部屋
キーレス型カメラ・・・彼氏・彼女の部屋、飲食店など
ライター型カメラ・・・喫煙コーナーのある場所、彼氏・彼女の部屋

●2-5【自動車内で撮影編】

026048_mini自動車内ではキーレス型が最も自然です。サンバイザーにペン型を装備しての使用もおすすめ。

キーレス型カメラ・・・突然の事故等の証拠収集
ペン型カメラ・・・サンバイザーポケットなどに取り付けて後方撮影
帽子型カメラ・・・ドライブレコーダーの代用可能
メガネ型カメラ・・・ドライブレコーダーの代用可能
ティッシュボックス型カメラ・・・自動車内での会話の録音や置場所により撮影も可能

撮影場所に適した機種を選択する重要性がお分かり頂けただろうか?手に入れたい動画や画像のためにぜひ参考にしてもらいたい。
上記は一例であり、各機種の特性を活かした使い方をあなたが工夫すればもっと多くの場面で使えるアイテムになる。またこの他にも生活雑貨に身を隠したその他に役立つ、特殊カメラがあるので状況に合わせて使い分けるといいだろう。

3.事前のアングル確認をするだけで成功率が飛躍的にアップ!!その方法とは

機種別の撮影アングルを知る
【第3章】事前のアングル確認の必要性
129450カメラの撮影は録画ボタンをONにする又は、動体検知機能などの自動撮影機能が働いて録画を開始するが、ここで重要となるのがアングル確認だ。後で後悔しないためにアングル確認のための事前撮影練習は必須であることを私の経験上強くおすすめする。

3-1【固定型カメラのアングル確認】

撮影の失敗が少ないことで初めての方でも扱いやすいのが固定型カメラだ。
特に掛け時計型カメラ火災報知器型カメラは上部から斜め下アングルでカメラの向けた側の部屋全体を見渡せるように撮影ができるため、自宅では空き巣被害や何者かの部屋への侵入形跡がある時などに活躍します。他には、DV被害や浮気などの証拠収集など幅広く使え、失敗が少ないのが特徴のカメラです。
この機種では設置する場所をよく考え部屋全体が撮影できる箇所に設置することが必要となる。

人気の火災報知器型カメラは実際に撮影されたアングルを確認できる公式動画が用意されているので、どのような位置関係で撮影できるのかこちら火災報知器型カメラ公式動画を参考にしてほしい。

置時計型カメラのアングル調整と置き場所
置時計型カメラは初めての方にも扱いやすく、万が一手に取られてもカメラレンズが見えづらいように画面表面にミラー仕様を採用したものや、ボタン類を排除したパネルタッチ操作のカメラがラインナップされている。
置時計はどこの家庭にでもあり、通常は時間が見やすい場所に置かれているため、これをカメラをして使う際にはとても撮影しやすいのが特徴だ。
リビングや自分の部屋など目立つ場所に置いていても問題がなく、撮影したい方向に向けておけば、思いのままの動画が撮影できる。

ただしここで注意してほしいのが、アングル確認だ、最低1回は実際に撮影して対象者の全体が撮影できているか確認しておこう、空き巣などの被害や、留守中に誰かが侵入している場面を撮影することを想定した場合、必ず〝動体検知機能〟が搭載された機種では、動体検知機能モードを設定して撮影確認もしておいてもらいたい。そうすることで無駄なメモリーの消費を抑えることができるからだ。
特にフルHDやHD撮影時は記録容量が大きいのでmicroSDカードや内部メモリの消費が大きいので注意しよう。
また対象者を撮影した際に顔など証拠として使える部分が写っているか確認をしておこう。足だけ写っていても証拠として使えないので注意が必要だ。

3-2【持ち運び型カメラのアングル確認】

持運び型カメラは撮影する際、自宅など事前確認ができる場所での撮影はテーブルやボックスなどの上に置いて使う方法もあり、そのような場合には2-1で紹介した置型カメラと同様のアングル確認を行えば、比較的簡単に思いのままの撮影ができる。

しかし実際初めての場所でカメラを使う時はアングル確認ができないので普段からの練習、おおよそのカメラ角度などを知っておくと成功率は飛躍的にアップするのでぜひ体感覚でマスターしておいてもらいたい。

持運び型で人気の充電器型カメラの場合、スマホなどを充電しながらカメラ撮影をするとカモフラージュ性がアップしておすすめの使い方だ。ただし飲食店など外出先で撮影をする際は、テーブルなどの上に置いて撮影しても相手の顔などを撮影するのは難しいので音声録音のみで使ったり使用方法に工夫が必要だ。無理に顔などを撮影しようとすると不自然な動きをしてしまうので控えた方がよい。
持ち運び型を外出先で使う時は、音声録音中心で使うことが望ましい。
外出先で相手の顔などを抑えたい場合は次で説明する装着型がおすすめ。

3-3【装着型カメラのアングル確認】

身に着けて使う小型カメラの最も多く使われているのがメガネ型、腕時計型のカメラだ。
・(メガネ型カメラ)は自分目線で撮影できるのが特徴で、フレームに仕込まれた超小型のレンズは、2タイプ用意されておりサイドレンズ仕様とセンターレンズ仕様がある。
メガネのレンズにはクリアレンズ、ミラーコートレンズ、最近登場した機種ではスモークレンズのサングラス型もラインナップされている。
またメガネ型カメラの超小型レンズのピンホール穴を目立たなくすることが課題であったが、最新機種ではその穴が見えない、レンズが見えない理想のメガネ型カメラも登場しているのでメガネ型カメラの購入を検討している方はこの最新型匠ブランドSPEye Black-Commandoをおすすめする。

詳細な使用方法はこちらのメガネ型カメラの撮影テクニックで確認してみよう。

・(腕時計型カメラ)は腕に装備することで毎日小型カメラを腕に装備しておけることが特徴だ。撮影のアングルではあなたの腕次第でどのような場面も撮影できるが、不自然な腕の動きをしないように注意が必要だ。
詳細な使用方法はこちらの腕時計型カメラの撮影テクニックで確認してみよう。

・(帽子型カメラ)は外出時やアウトドアな場面では非常に使いやすく初心者にもおすすめの機種だ。撮影アングルはメガネ型カメラに似たような感じで撮影できるのが特徴で両手がフリーで使えるので自転車に乗りながらの撮影などにも便利だ。
詳細な使用方法はこちらの帽子型カメラの撮影テクニックで確認してみよう。

・(ボタン型カメラ)は服のボタン部分に装着するカメラで、厚着をする秋~冬~春先までの使用がおすすめのカメラだ。
服の内側からボタン型のカメラ部分をボタン穴に入れて使うもので、最新機種では専用のリングをかざして録画を開始する機種も発売されている。

小型カメラの使い方まとめ

どうでしたか?小型カメラには多種多様な隠しタイプのカメラがあるのがお分かりいただけたのではないだろうか。あなたの目的に合ったものを選ぶことで、ここというポイントできっと役に立つアイテムになるでしょう。いろいろな悩みを抱えたあなた、もしもの備えで用にする方、防犯&監視用にと思っている人、持っているだけで安心できることもあります。

正しく利用してあなたとあなたの家族や友人を助けるアイテムとして使いましょう。また趣味のホビーや観察用としても利用できるのでいつも持っていると便利に役立てることができるでしょう。

※当サイトに記載の方法はあくまで参考です、この撮影方法でのいかなる損害も当方ではなんら責任を取りません。実際の撮影は自己責任で行って下さい。

小型カメラのご使用の注意事項とお願い。

プライバシーの侵害・各都道府県の迷惑防止条例等に抵触する盗撮等の悪質な行為には絶対に使用しないでください。