小型カメラの隠し方と隠すのが簡単なおすすめ機種一覧

小型カメラの隠し方。実際に小型カメラの購入をしようと思った方も、購入した方も、小型カメラを“ばれない”ように隠す方法をどうしたらいいのか?と思ったことはありませんか。

ここでは小型カメラのばれない隠し方と、隠しやすい機種について考えていきたいと思います。これから小型カメラの購入を検討している方、問題や悩みを抱えていて小型のカメラを隠して「証拠動画」を手に入れたい方の参考になれば幸いです。

 

隠しやすい小型カメラの特集

小型カメラの種類は多種多様で大型の外観を持つ掛け時計型カメラや、中型程度の置き時計型カメラ、HDD型カメラ、電源タップ型カメラ、充電器型カメラなどがあります。

中型の隠しやすい小型カメラ

【電源タップ型カメラ】
【置時計型カメラ】
【充電器型カメラ】

 

小型になると充電器型カメラや腕時計型カメラ、ペン型カメラ、メガネ型カメラがあります。これらの小型カメラはどれも超小型のレンズが仕込まれて小型カメラを隠して使う必要がないよに作られたものです。しかし使い方、場面によっては隠して使う必要があります。

小型の隠しやすい小型カメラ

【ペン型カメラ】
【腕時計型カメラ】
【メガネ型カメラ】

 

ルームシェアや親と同居など自分の部屋に誰か入っている?と感じる。誰か侵入している形跡がある。このようなことは疑い出したらキリがありませんが、一度気になりだしたら「現実」を知らない限りすっきりしません。

市販の小型カメラを隠して使う方法と、自分で小型カメラを自作するして隠す方法もあります。自作の場合小型のカメラレンズを隠す場所を自分で考えられるので用途に応じて使えるだけでなく、ばれにくい隠しカメラを作ることが可能です。

 

小型カメラの隠し方

小型カメラの隠し方はちょっとした工夫をすることで、小型カメラ(スパイカメラ)のもつ性能を最大限に引き出すことができます。シチュエーション別に小型カメラの“ばれない”隠し方を考えていきたいと思います。

 

自宅&自分部屋の場合

小型カメラを自宅&自部屋で使う場合、トラブルの話し合いなど言った言わないの証拠記録、防犯目的、留守中の自宅内や部屋の様子などの撮影記録に使うことが多いでしょう。
またワンルームやアパートなど一人暮らしをする方、特に女性の場合不安も多く、留守の間に誰か侵入しているのでは?と気になることもあるでしょう。実際そのようなケースはよくあるので、真実を知ることで安心も手に入れることができます。

それでは自宅や自分の部屋での小型カメラの隠し方を考えて行きましょう。

 

・家具やテレビ、オーディオなどを利用する

リビングや自分部屋にはいろいろな家具、テレビボードやタンス、机などがあります。またテレビやオーディオ、PCなどの家電製品、飾りものの小物など自宅にはいろいろなものがあります。

小型カメラを隠す場合これらを利用することで大きなメリットがあります。隠しやすい小型カメラの中にトイデジタルカメラあります。このカメラを例にして考えて行きます。

トイデジタルカメラの中でも超小型のものであれば大きさが25mm×25mm程度の極小サイズです。手でつまんで持つという感覚のこのカメラなら隠し場所もたくさんあります。
ちょっと他のものを併用すれば初心者でも隠し方は簡単です。

 

ワンルームの部屋や自宅のリビングなら、テレビ、PC、オーディオの裏側にこそっと隠しておくだけでほぼ見えません。家電製品が黒なら黒い小型カメラを使う。白い色なら白い小型カメラを使い背景と同化させ見えにくくするのがコツです。

スパイ博士
ここで小型カメラの基盤ユニットで自作する方法を紹介するよ。部屋でも使えるハンカチを使った方法、ここでも製品(カメラレンズ部分)と同色系のものを使うことでばれない度がアップするのでYouTube動画をよく見てほしい

このように同色系を利用することでカメラレンズの存在、ばれない度が格段にupします。

基盤ユニットUT-124/オプション
【4K H.265 256GB対応】
【UT-124専用 広角4Kレンズ 視野角90° 長さ約90mm】
【UT-124専用 リモコン】
基盤ユニットUT-122/オプション
【 暗視補正 128GB】
【UT-122専用 長さ約140mm フレキシブル標準レンズ】

家の中の家電製品には隠し場所がたくさんあります。テレビ、PC、プリンターなどその電化製品の形状を上手く利用することで隠したときのカモフラージュ性はグンをアップします。
この方法は寝室でも同様です。意外と隠し場所が少ないように思いがちですが、工夫をすればいくらでも隠す場所はあるはずです。他にもタンス、鏡台、ベッドの宮棚、エアコンなどがあります。

小型カメラを隠すことで得られるメリットはAC電源からの常時給電ができること。小型カメラの多くはACアダプターを使える(中には不対応のものもあります)のでこれを使うことで24時間以上の常時録画を可能とします。

スパイ助手
でも1つだけ注意してね。カメラはうまく隠したけど電源用のコードが見えていたら台無しになるよ。だから気を抜かずにACコードもしっかりと隠してね。

ACアダプターのコードは小型カメラを隠すときと同じように家電製品などの裏側に隠せば全く見えません。小型カメラに搭載のバッテリーだけでは録画の稼働時間が少なすぎると言う方におすすめの撮影方法です。

トイデジのように小さめの小型カメラではバッテリーでの連続録画時間が60分~80分(超小型でこの稼働時間は優秀です。)なのでこれでは足りないと言う方にACアダプターとの併用は上手く隠した、見えない、ばれにくい小型カメラの性能を最大限に引き出すことができるおすすめの方法です。

 

店舗&会社の場合

小型カメラは本格的な監視カメラと比較するととても安くリーズナブルです。店舗や会社でも低予算で監視カメラを取り付けたい、そんな方におすすめです。しかも小型カメラなら、見せる監視カメラと違い、隠して撮影する方法なので違った目線での動画を撮影することができるメリットがあります。

店舗や会社では掛け時計型カメラや置時計型カメラ扱いやすくおすすめです。しかし細かな特定の場所を撮影したい場合は小型のものを使うことでピンポイントに思う場所を撮影することができます。

店舗でピンポイントに特定した場所を撮りたいならどこにでも挟んで使えるクリップ型ビデオカメラ、が扱い自作ができる基盤ユニットがおすすめです。陳列棚や商品案内の掲示物などに紛れ込ますことも可能です。

基盤ユニットUT-124/オプション
【4K H.265 256GB対応】
【UT-124専用 広角4Kレンズ 視野角90° 長さ約90mm】
【UT-124専用 リモコン】

 

 

自動車内の場合

自動車内で小型カメラを使うことがあるの?と思いますが、実際は自動車にはいろいろな人を乗せ、いろいろな場面に遭遇します。トラブルに巻き込まれることもあれば、自動車内で重要な会話をすることもあります。狭い自動車の室内はいわば密室でもる。小型カメラを隠す?少し不可能にも感じますが、実際はどうでしょう。考えて行きたいと思います。

自動車内は運転席、助手席のある前方と後部座席のある後方に分かれています。自動車にはスポーツカー、セダン系、ワゴン系などその形状でも室内の広さは大きく変わります。

自動車内で小型カメラを隠す場合、できるだけ小型のものが隠しやすくおすすめです。トイデジ、ミントケース型カメラ、ボタン型カメラなどが隠しやすいカメラです。

隠し場所はヘッドレストの間、シートの間、コンソールボックスやフロント側の小物入れなどたくさんあります。自動車内の前側、後ろ側のどちらを撮影するのかでも違ってきます。

もう一つ自動車内で撮影に適した小型カメラがこちらティッシュボックス型カメラです。もともと自宅用に便利なカメラとして販売されていますが、自動車内でもティッシュを使う方は多いと思います。これなら隠す必要がないので初心者の方、小型カメラを使う方におすすめです。

スパイ博士
なかなか使えるカメラだったけど現在販売されていないんだよね。テッシュボックス型カメラは意外にばれにくくて便利なんだけどね。ないなら基盤ユニットで自作するのも簡単でおすすめだよ。

 

まとめ

小型カメラは特殊なカメラです。普段撮影することのできない場面を動画に収めることができるビデオカメラは、一般的に見せて撮るカメラと違い“ばれない”ように撮影する必要があるカメラです。隠して撮影するのが前提のカメラですが、各都道府県迷惑防止条例に抵触するような盗撮(これは犯罪です)とは違い、主に不安に思うこと、悩んでいることを解決するため使われることが多いカメラです。また価格が安いので簡易監視カメラとしても使われます。

小型カメラの隠蔽性を高くするためには、そのまま使うよりも一工夫を取り入れ上手く隠すことで、より確実に、より安全に小型カメラを使うことができ「証拠」として使える動画を手に入れやすくなります。

特に深刻な悩みを抱える方は小型カメラ(スパイカメラ、隠しカメラ)の取り扱いには慎重になり万全の隠し方をマスターして撮影に挑んでいただきたいと思います。