ガジェットの比較/カメラ/ドローン/SDカード/ロボット掃除機

ドローンレンタルのおすすめ2社を比較!安心保険付き【2022年】

ドローンを始める人が年々増え、航空法の改正により機体の登録義務化や重量による分類に変更があったりと何かと話題のドローン。

これからドローンを始めたいと思う初心者の方、イベントなどでドローンが必要な企業の方などその目的はさまざまです。

ドローンは大きく分けると

・一般ドローン
・産業用ドローン

に分類されますが、産業用ドローンは数十万~数百万円と一般ではなかなか購入できない価格帯です。

法人で利用される場合はドローンの保管やメンテナンスやセットアップなどを考えると「レンタル」がおすすめです。

ドローンが初めての方は、購入してもすぐに飽きる可能性もあります。決して安くないドローンはレンタルで試してから購入するのがおすすめです。

この記事ではドローンがレンタルできる実績と安心の2社を比較。

お得なレンタル方法なども紹介していきます。

ドローンの選び方や比較はコチラ

ドローンレンタルの結論
  • 産業用ドローンなら「SS.Rental
    法人向け産業用ドローンが充実
  • 最新ドローンなら「SS.Rental
    空撮ドローン・産業用ドローンも最新がラインナップ
  • 初心者向けドローンなら「モノカリ
    初めての方も利用しやすい価格帯のドローンが選べる

ドローンのレンタルサービスの選び方

ドローンをレンタルする場合は、いろいろな条件を確認して利用する必要があります。

レンタルができる期間は

・1日から
・1ヶ月単位

でレンタルできるサービス会社があります。

ドローンレンタルのパターン
  • 1日から
    通常1泊2日~のレンタル
  • 1ヶ月単位
    月額制のレンタル

ドローンのレンタルでは1泊2日のレンタルでは+1日延長ごとに追加料金が必要。

1カ月単位ではレンタルする月数でレンタル費用が決められている場合が多い。

ドローンは費用さえ支払えば簡単にレンタルができますが、その前に確認しておきたいポイントを紹介していきます。

利用する目的でレンタルサービスを選ぶ

ドローンを飛行させる目的によってレンタルをする機体が違うので最初にどのレベルのドローンが必要なのか確認しましょう。

ドローンの種類

ドローンは3つのタイプで選ぶことができます。

  1. 産業用ドローン
    無人航空機(農薬散布、点検、調査、人命捜索など)
  2. 空撮ドローン
    無人航空機(撮影、趣味の飛行など)
  3. トイドローン
    模型航空機(初心者向け)100g未満

「産業用ドローン」は測量や調査、農薬散布など事業などで幅広く使われます。高額なドローンで主に法人向けです。

「空撮ドローン」は法人から個人まで幅広くレンタルされる最も利用者が多いタイプです。

「トイドローン」は100g以下の模型航空機に分類される初心者向けの機体です。

ドローンを飛行させるときは区域やルールを確認

ドローンをレンタルする前に改正航空法を確認しましょう。

まずドローンは機体の重量(バッテリー含む)で

・無人航空機
・模型航空機

に区分けされています。

この区分けがポイントです。

無人航空機は改正航空法が適用されます。一方で模型航空機は適用されないので手軽に飛行させることができるドローンで初心者の方におすすめです。

改正航空法について

ドローンの重量で違う航空法

2022年6月19日まで

  • 無人航空機(200g以上)
  • 模型航空機(200g未満)

2022年6月20日から

  • 無人航空機(100g以上)
  • 模型航空機(100g未満)

詳細はコチラの小型ドローン カメラ付きおすすめ!200g以下 9機種を比較に記載していますが、ドローンはルールをしっかりと守って飛行させなければなりません。

特に注意したいのが無人航空機の「登録義務化」です。個人所有だけでなく、レンタルでも事前の登録が必要です。

通常はレンタルサービス会社で登録手続きをしているので、レンタルする側の手続きは不要です。

これはレンタルでも同様に必要となるので以下の点を確認しておきましょう。

ドローンの飛行ルール

思わぬ事故を発生させないためにルールを守って飛行させましょう。

  • 飛行禁止空域
    ドローンには飛行が禁止された区域があります。
    空港周辺、150m以上の上空、人家の密集地域は許可が必要です。
  • 飛行の方法では
    夜間飛行・目視外飛行などでは国土交通大臣の承認が必要なります。
  • 距離の確保に注意
    人や建物から30m以上を確保

知らなかったでは通用しませんので、必ず改正航空法を確認しましょう。

ドローンのオプション(バッテリー・カメラ)を選べるか確認する

ドローンは機体があれば飛行させることができます。

しかし測量や調査などに利用する産業用ドローン、イベントや景色のいい場所を求めて空撮する場合でも長時間の飛行が必要となるケースが多いのがドローン。

そんなときは予備バッテリーをいくつかあると対応ができます。

・予備バッテリー
・カメラ
・SDカード

などオプションが選べる会社や、ドローン初心者でも迷うことなく選べるフルセットをラインナップするサービスもあります。

ドローンを本格的に利用する場合は「オプションパーツ」の有無も確認しておきたいですね。

ドローンをレンタルできる期間と費用で最もお得に

ドローンを数日間レンタルするのか、1ヶ月単位でレンタルするのかお得にレンタルができるサービス会社を選びましょう。

ドローンをレンタルする際に必ず確認したいのが、日数=価格です。

2泊3日レンタルで延長するのがお得なのか、1ヶ月借りる方がお得なのか損をしないように調査をしてからレンタルをするのがおすすめです。

SS.Rental(スカイシーカーレンタル)で最新のDJI Mavic3をレンタルした場合

DJI Mavic31泊2日7泊8日1ヶ月間
レンタル価格15,600円(税別)33,800円(税別)65,000円(税別)/月

長期でレンタルするほどお得ですが、利用したい日数と価格で1日からにするのか、1ヶ月にするのかをよく考えて選びたいですね。

モノカリでDJI SPARKをレンタルした場合

DJI SPARK3日間20日間30日間
レンタル価格7,630円7,630円15,750円
1日延長+500円+500円+525円
延長価格+500×17=8,500円
合計7,630円16,130円15,750円

モノカリでレンタルする例では、上記のドローンでは3日間でレンタル後、20日間まで延長した場合、最初から30日間のレンタルをした方が安く借りることができます。

利用日数を計画的に考えて、レンタル日数を決めて損をすることのないようにしましょう。

ドローンを安心して飛行させるために保険や補償を確認する

高性能ドローンはGPSや衝突回避センサーの搭載により、ラジコンヘリコプターや飛行機に比べて、墜落させるリスクは少ないので初心者の方でも安心して飛行させることができます。

とは言っても飛行させる機体なので、落下や墜落、衝突などでドローンを破損させる可能性もあります。

そんなときに安心して利用できる

・賠償責任保険
・機体保険

の取り扱いがあるか?と言う点を必ず確認しておきたいですね。

特に初心者の方は必ず保険の有無を確認しましょう。

多くはレンタル料金に含まれていますが、契約内容をしっかりと確認してからレンタルしましょう。

ドローンレンタルのサービス比較(1日、1ヶ月レンタル)

ドローンのレンタルサービスを比較表にまとめています。ここでは1日単位、1ヶ月単位でレンタルできるサービス会社を紹介。

会社モノカリスカイシーカーレンタル
ドローン種類一般一般/産業用
費用レンタル費用レンタル費用
レンタル期間2泊3日/延長1日単位
30日間/延長1日単位
通常プラン:1泊2日~延長1日単位
長期プラン:1ヶ月~延長1ヶ月単位
送料配送/返送:無料配送/返送:無料
※一部商品は負担あり
受け取り場所自宅/空港/ホテル自宅/法人先など
返却郵便局/ローソンヤマト運輸/佐川急便
安心補償無料保証制度
条件あり
全品安心補償付き
賠償責任保険付保
詳細を見る詳細を見る

モノカリは個人が一般的な空撮ドローンを手軽にレンタルできるガジェット関連のサービスです。100g未満の初心者向けドローンもレンタル可能。

スカイシーカーレンタルは個人向けのドローンと、法人向けの産業用ドローンを取り揃えたドローンに特化したレンタルサービスです。

最新機種がラインナップ。

ドローンのレンタルサービスおすすめ (1日、1ヶ月レンタル)

初心者向け100g未満~法人向け産業用ドローンまでレンタルできるサービスおすすめの会社を紹介していきます。

ドローンレンタルおすすめ① SS.Rental(スカイシーカーレンタル)

SS.Rental(スカイシーカーレンタル)は、ドローン専門のレンタル・サブスクサービス会社です。

ドローン専門だからできるサービスが充実。パイロットの派遣サービスもあるので操縦が不安な方、産業用ドローンのレンタルでも安心。

SS.Rental(スカイシーカーレンタル)なら

ドローンを使用途から探せる
  • 点検・調査向けドローン
    赤外線カメラ搭載
    DJI Matrice RTK
  • 測量向けドローン
    正確な測量ができる機体
    DJI Matrice RTK
  • プロ向け空撮ドローン
    映像クリエイター向け
    DJI Mavic 3
    DJI Inspire 2
  • 趣味向け空撮ドローン
    手軽に高画質映像を空撮
    DJI Mavic 2 Pro
    DJI Air 2S
  • 物資輸送向けドローン
    大型ドローン
    DJI QS8

ドローンのラインナップと安心で選ぶならスカイシーカーレンタルがおすすめです。

世界的に人気のDJI製ドローンを多数ラインナップ。法人向けに高額な産業用ドローンも充実。

ドローン本体だけでなく

・予備バッテリー
・Zenmuseカメラ

などのオプションもレンタルが可能です。

法人向けの産業用ドローンだけでなく、最新のDJIドローンが個人でもレンタルができます。

人気のDJIドローンの最新機種をラインナップしているので、購入前にレンタルして試すのもおすすめです。

ここがポイント!
SS.Rentalのおすすめポイント

4つの安心補償で個人も法人も安心レンタルができるSS.Rental。保険料はレンタル費に含まれているので安心です。

  • 全商品安心補償付き
    賠償責任保険と機体保険付保。
  • 賠償責任保険も付保
    最大で対人:1億円、対物:5億円の保険が適用。
  • 操作ミスによる故障も保証可能
    ※規定あり
  • 安心サポート対応
    万が一の事故時はスタッフがサポート。
SS.Rentalここがナイス
  • 長期レンタル可能
    1日/1ヶ月/年単位でのレンタルも可能
  • パイロット派遣可能
    空撮や実証試験などに対応
  • 最新DJI Mavic 3が
    1泊15,600円~レンタル可能
  • ドローン初心者はここが重要
    安心補償付き
おすすめ度サービス内容最低レンタル期間
(5.0 / 5.0)
通常プラン
長期プラン
レンタル:1泊2日~
サブスク:1ヶ月~
送料受け取り返却補償
往復無料自宅
指定の住所
ヤマト運輸
佐川急便
あり

ドローンレンタルおすすめ② モノカリ

モノカリはガジェット全般のレンタルサービスです。

ドローンのレンタルは重量が100g未満のトイドローンからラインナップしているので、ドローンが初めての初心者の方にもおすすめです。

3日間3,500円~レンタルできるので、ドローンを試してみたい方が始めやすい費用設定が魅力です。

モノカリでは

・2泊3日~
・30日間~

のレンタルから選ぶことができます。

どちらのレンタルも延長は1日単位で追加費用を支払えば可能となります。

ドローン専門のレンタルではないので種類が少ない点と、最新機種がラインナップしていないのが残念な点です。

モノカリのおすすめポイント!

最短当日からレンタルが可能。

  • 自宅、空港、ホテルで受け取りができる
  • 往復の送料が無料
  • 1日プランと月額プランが選べる
  • 安心補償制度
モノカリここがナイス
  • 100g以下のドローンがレンタルできる
    初心者が始めやすい安価なドローン
  • もらえるレンタルプラン
    1年たったらそのままもらえる
  • DJI Telloが3日間3,500円~
おすすめ度サービス内容最低レンタル期間
(4.0 / 5.0)
1日プラン
1ヶ月プラン
レンタル:2泊3日~
サブスク:30日間~
送料受け取り返却補償制度
往復無料自宅
空港
ホテル
郵便局
ローソン
あり

ドローンのレンタルサービスおすすめのまとめ

ドローンは誰でも飛行させることができますが、初心者の方、操縦が不慣れな方は万が一に備え、レンタルサービス会社の安心保証サービスがしっかりとしているか確認しましょう。

思わぬ事故に備えておくと安心です。

ドローンのレンタルの選び方を再確認

SS.Rental
モノカリ
  • 最新ドローン
    Mavic 3 Cine
    DJI Air2S
  • 産業用ドローン
    DJI Matrice300 RTK
  • 短期レンタル
    1泊2日~
  • 長期レンタル
    1ヶ月
    1年
  • 初心者向け
    DJI Tello
  • 短期レンタル
    2泊3日~
  • 長期レンタル
    30日~

DJIの最新ドローンをレンタルしたい方、産業用ドローンをレンタルしたい方、安心補償の充実で選ぶならドローン専門のSS.Rental(スカイシーカーレンタル)がおすすすめです。

ドローンはルールを守って安全に楽しみましょう。

家電やガジェットレンタルはコチラ