ガジェットの比較/カメラ/ドローン/SDカード/ロボット掃除機

【2022年】室内ドローンのおすすめ10選!初心者・子供向け比較!

こんにちはGajemonoのタクマです!
この記事でわかること
  • 子供のプレゼントに安全な飛行ができるドローンが見つかる
  • 室内で飛ばせるドローンが見つかる
  • 無人航空機と模型航空機の違いについて
    機体の重量が重要!100g未満
    理由は「子供用ドローンは重量が重要
  • 初心者にもおすすめの室内用ドローンを知ることができる

ドローンは誰でも購入ができて飛ばすこともできますが、いろいろとルールがあるので「子供」がいきなり屋外で飛行させるにはリスクが高くおすすめできません。

その点、室内で飛ばして遊べる子供向けの

・ミニドローン
・トイドローン

と呼ばれる子供のおもちゃレベルの機体なら安心です。ただし屋内用と言っても性能がいいものなら外で飛ばすこともできます。

ドローンを購入する前に知っておきたい注意点や安全に飛ばせるドローンの選び方とおすすめを紹介していきます。

タクま

屋内/室内用ドローンを「カメラ付き」と「カメラなし」で分けて比較や紹介をしていくね

室内・屋内用ドローンとは

屋内用の小型ドローンは子供用のおもちゃとして購入されることが多い機体ですが、

・大人の方
・初心者の方

でも室内でドローンの飛行練習をする時にも利用されます。

価格が安いものなら2,000円ほどから販売されているので

・衝突
・落下

で破損させても金銭面での被害が少なく、また室内の壁などに接触させても機体が軽いので大きな被害が出ないようになっています。

屋内用のドローンを模型航空機の「100g以下」とすると20g程度と99gの機体では搭載できるバッテリー容量や飛行性能なども違ってきます。

室内用でも高性能なドローンなら空撮ができる「カメラ付き」や

・気圧センサー
・赤外線センサー

を搭載した機種も販売されています。

センサーが付いたドローンなら

・障害物回避
・安定した高度維持

ができる高性能ドローンもあります。

性能がいいドローンなら10,000円以上する機体も販売されています。室内用ドローンは子供用だけでなく大人も楽しめるドローンまで販売されています。

屋内・室内用ドローンのメリット

室内で飛ばす分には

・「航空法の規制」

も関係なく、風にあおられたり、誰かに迷惑を掛けることもありません。

自分の部屋で「自由」に飛行を楽しむことができます。

屋内・室内用ドローンのデメリット

屋内用のドローンは外で飛行さることもできますが、機体が軽いので風にあおられて思わぬところへ飛んでいく可能性があるので

・「注意」

が必要です。

また搭載される「バッテリー容量」が小さいので一度の充電で機種によっては飛ばせる時間がとても短いので物足りなさを感じます。

タクま

いっぱい飛ばしたい人にはバッテリーが2個から3個付属しているドローンもあるよ

屋内ドローン5メーカーを比較
  • Holy Stone
  • Rize
  • Potensic
  • 4DRC
  • Holyton

屋内・室内用ドローンの選び方

屋内、室内向けのドローンには機体のサイズや装備などさまざまなタイプがあります。

ドローンは機体の「総重量」で飛行性能が左右されるところもあるので重要な部分となります。

ここでは「室内・屋内」向けの100g未満のドローンの選び方を紹介していきます。

ドローンを選ぶポイントは

室内用ドローンを選ぶ4つのポイント
  • 機体の重量
  • 撮影用カメラ
  • プロペラガード
  • スペアパーツ

上記3つのポイント別に選び方を紹介していきます。

子供用ドローンは重量が重要

子供用のドローンは「100g未満」の機体がおすすめです。

ドローンを屋外で飛行させるには「改正航空法」に従わなければなりません。

ドローンには「無人航空機」の産業用、空撮用、「模型航空機」のトイドローンなど重量によってルールが決められています。

2022年6月19日まで
無人航空機 模型航空機
重量 200g以上 200g未満
機体登録不要不要
2022年6月20日から
無人航空機模型航空機
重量 100g以上 100g未満
機体登録必要不要
  • 100g以上のドローン「無人航空機」の
    所有者情報などを機体に紐づけて登録を義務化。
  • 100g未満の機体は登録不要。

上記のように「バッテリー含む機体重量」で区分けされています。

2022年5月現在は200g以上が無人航空機です。

しかし2020年6月20日より「航空法」が改正され一般に飛行させるドローンの区分けは

・100g以上
・100g未満

となるので、2022年6月20日以降に100g以上の機体「無人航空機」を購入する人は注意が必要です。

ドローンによる事故や無許可での飛行など問題点が多いことから「航空法改正」によって登録が義務付けされます。

ここで紹介する100g未満(2022年6月20日以降)のマルチコプターやラジコンは模型航空機に該当します。なので登録は不要で「無人航空機」の飛行に関するルールは適用されません。

タクま

ただし、外で飛行させる場合は、航空周辺や一定の高さ以上の飛行についてのルールは適用されるので注意してね

こちらの記事小型ドローン カメラ付きおすすめ!200g以下 9機種を比較に「改正航空法」について詳しく紹介しているのでよかったら見てくださいね。

屋内・室内ドローンのカメラ付き

ドローンで空撮を楽しみたい方は「カメラ付き」のドローンを選びましょう。

100g未満の機体でも高画質の

・HD720P
・FHD1080P

のカメラを搭載したドローンが多く販売されています。

基本カメラ付きのドローンは専用の送信機にスマホやiPhoneを取り付けて使うタイプとなります。

初心者はプロペラガード付きを選ぼう

ドローンのプロペラは高速回転します。

屋内用のおもちゃドローンでも回転しているプロぺラに触れると怪我をするおそれがあります。

またプロペラが室内の壁などに接触した場合、ドローンが思わぬ方向に飛んで行くので危険です。

室内で飛行させるなら

・「プロペラガード」

が付いたドローンを選びましょう。

室内・屋外問わず子供が飛行させるドローンは安全のため、必ず「プロペラガード付き」を選びましょう。

「初心者」がドローンを室内で飛ばした結果(失敗事例)を参考にしてみてください。

タクま

これは僕がDJI Mavic miniを屋内で飛ばして落下させた実機レビューです。

スペアパーツが手に入るドローンを選ぼう

室内用ドローンはプロペラガードなどで機体が「フルガード」されている機体が多く、重量も軽いのでちょっとくらいでは壊れません。

タクま

機種にもよるけどね。

しかし購入したドローンを長く使いたいなら「スペアパーツ」が入手できるかが大きなポイントです。

追加で

・バッテリー
・充電器
・プロペラ
・プロペラガード

が購入できるものがおすすめです。

おもちゃドローンでもプロペラが破損したり、バッテリーが使えなくなったらゴミ箱行きではもったいないですね。

タクま

Holy Stoneのドローンは室内用でもスペアパーツが購入できるのでおすすめだよ

屋内・室内用ドローンを安全に飛行させる機能

屋内用ドローンでも「高性能」タイプならざまざまな機能が搭載されています。

スイッチ一つで離陸や着陸を簡単にできたり機体の下部に搭載された気圧センサーにより安定したホバリングが可能だったり「小型」でも飛行性能はハイスペックの機種が多く販売されています。

ドローンの機能には

ワンキー離陸/着陸
ヘッドレスモード
ホバリングモード
高度維持
・3Dフリップ
・体感操作モード
・ワンキーリターン
緊急停止
・スピード切替
・ジェスチャー撮影
・音声制御
・軌跡飛行モード

など屋内おもちゃドローンとは思えない機能が満載です。

この中からあったら便利な機能や、安全に飛行をさせることができる機能を紹介していきます。

ワンキー離陸/着陸

ボタン操作一つで離陸と着陸をするので難しい操作が必要なく「初心者や子供」でも簡単に飛行させることができる機能です。

屋外用ドローンでも高性能な機種ならほとんどが搭載されていますが、よく確認して購入しましょう。

ヘッドレスモード

ヘッドレスモードは飛ばしてから空中でドローンの向きが分からなくなったとき「ボタン」を押せば本体の「左右前後」の方向関係なくドローンを操作している人の目線で操縦できる機能です。

ドローン飛行に慣れた人でも方向が分からなくなることがあるので「必須」と言える機能です。

ホバリングモード

ドローンが空中で同じ位置や円を描きながらホバリングを自動でする機能です。

高性能になるほど精度がよく安定してホバリングをします。

機体の重量が軽い屋内用ではエアコンの風で影響を受けることもあります。

高度維持機能

ドローンに搭載される「気圧センサー」などで自動的に高度を維持できる機能です。

これにより安定した空中飛行が可能となります。

緊急停止機能

この機能はドローンを飛行中に大切なモノなものなどに「衝突」しそうになった時にボタン操作で「緊急停止」させる機能です。

急を要する場面では便利ですが、緊急に停止させるのでドローンが墜落し破損させる可能性があるので注意しましょう。

屋内・室内用ドローンの性能比較

100g以下の屋内用ドローンにはカメラ付きやプロペラガード付きがありますが「機能」については機種によって大きな違いがあります。

屋内用ドローンのタイプ
  • 子供向けのおもちゃドローン
  • 慣れた人用のカメラ付きドローン

どちらも屋内向けのドローンですが、僕が個人的に大きな違いがあると思う点を解説していきます。

子供向けのおもちゃミニドローン|カメラなし

子供のおもちゃとして飛ばせるドローンは機体がミニサイズでカメラもなく、スマホも必要ありません。

最も安全で手軽に飛ばせるドローンです。

カメラ機能がないドローンはその分価格が安いので

・カメラを必要としない人
・初心者の方
・とにかく安く購入して飛ばしてみたい

そんな方におすすめです。

サイズは手のひらに乗る大きさで「プロペラガード」も付いているので安心です。

画像
機種Holyton
HT02
Holy Stone
HS170
Holy Stone
HS210
Holy Stone
HS450
4DRC
V2 mini
評価
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
価格3,990円4,980円6,290円5,380円3,299円
飛行時間
※1
約24分
バッテリー3個
約8分 約21分
バッテリー3個
約18分
バッテリー3個
約30分
バッテリー3個
送信距離約50m 約50m 約50m 約80-100m
サイズ‎115×80×45mm133×133×34mm80×80×30mm 83×83×39mm95×95×30mm
重量約27.5g約41g 約22g 約35g約12g
詳細を見る詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る詳細を見る
※1飛行時間は付属バッテリーをすべて使った時の最大飛行時間です。

屋内ドローン撮影|カメラ付き

屋内用の小型ドローンでも本格的に楽しみたい人には

・カメラ付き

空撮ができるドローンがおすすめです。

価格は少し高価になりますが、空撮も楽しめるのでその分満足度も高くおすすめです。

プロペラガードが付いた機体なら子供でも安心して飛ばすことができます。

画像
機種Ryze
Tello
Holy Stone
HS420
Holy Stone
HS120 Pro
Holy Stone
HS340
Potensic
A20W
4DRC
4D-V8
評価
(4.0 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
価格12,980円13,390円7,290円6,980円5,990円6,859円
画素数HD
1280×720P
HD
1280×720P
HD
1280×720P
HD
1280×720P
HD
1280×720P
HD
1280×720P
画角82.6°65°118° 75°
飛行時間
※1
約13分約18分
バッテリー3個
約10分
バッテリー2個
約22分
バッテリー2個
約18分
バッテリー3個
約21分
バッテリー3個
送信距離約20-30ⅿ 約50-80ⅿ 約40ⅿ 約50-80ⅿ
サイズ98×92.5×41mm84×90×34mm82×90×27mm180×173×38mm 80×91.5×32mm 145×145×40mm
重量約80g約31g 約33g 約50g 約20g 約80g
細を見詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
※1飛行時間は付属バッテリーをすべて使った時の最大飛行時間です。

屋内用ドローンのおすすめランキング

ここでは比較したドローンを

・カメラなし
・カメラ付き

を別々におすすめのランキング形式で紹介していきます。

カメラ付きドローンを所有している僕の基準でいいと思った順に紹介してきます。

屋内用ドローン|カメラなしのおすすめランキング

カメラが付かない最も手軽に飛ばせる子供向けドローンのおすすめを紹介していきます。

おすすめ① Holy Stone HS210

HolyStone HS210

高性能6軸ジャイロを搭載しているHS210は安定したフライトが可能です。

基本性能を搭載しているので「初心者」・「子供」でも簡単に飛行させることができます。

フルカバーのプロペラガードで室内やドローン本体を守ります。

ここがポイント
  • プロペラフルガード
  • バッテリー3個付属
  • スペアパーツが購入できる
    充電器、バッテリー
    プロペラガード
評価重量 障害物回避モード
(4.0 / 5.0)
22g非対応
ワンキー起動/着陸高度維持ホバリングモードヘッドレスモード
対応対応対応対応

おすすめ② Holy Stone HS450

HolyStone HS450

HolyStone HS450はジェスチャー制御ができるドローン。

2台セットを購入すれば友達や家族と「対戦モード」で遊ぶことができます。

赤外線センサーにより近くの「物に感知」して逆に方向転換をして飛行する機能を搭載しているので「初心者・子供」も安心して飛行させることができます。

ここがポイント
  • プロペラフルガード
  • バッテリー3個付属
  • 対戦モード対応
  • 障害物回避モード搭載
  • スペアパーツが購入できる
    充電器、バッテリー
    プロペラガード
評価重量障害物回避モード
(4.0 / 5.0)
35g赤外線センサー
ワンキー起動/着陸高度維持 ホバリングモードヘッドレスモード
対応対応対応対応

おすすめ③ Holy Stone HS170

HolyStone HS170

HolyStone HS170の特徴は他のドローンとは違う形状と柔軟な素材が使われているので「室内」で飛ばしていて家具などに接触しても衝撃を吸収し安全に配慮した設計になっています。

ただプロペラガードは付いていますが「フルガード」ではないため小さなお子様にはおすすめできません。

ここがポイント
  • ワンキーリターン搭載
  • スペアパーツが購入できる
    スペアボディ、プロペラガード
    充電器、バッテリー
評価重量障害物回避モード
(4.0 / 5.0)
41g非対応
ワンキー起動/着陸高度維持ホバリングモードヘッドレスモード
対応対応対応対応
Holy Stone
¥6,080 (2022/05/04 12:32時点 | Amazon調べ)
\タイムセール/
Amazon
\ポイント最大10倍セール!/
楽天市場

おすすめ④ Holyton HT02

Holyton HT02W

操作リモコンにドローンが収納できるコンパクトな機体。

ミニドローンでも高性能。

オートホバリングや3Dフリップなど機能も充実。

安心のワンキーリターンまで搭載。

ここがポイント
  • ワンキーリターン搭載
  • バッテリー3個付属
  • コンパクト収納
  • スペアパーツが購入できる
    バッテリー
評価重量障害物回避モード
(4.0 / 5.0)
27.5g非対応
ワンキー起動/着陸高度維持ホバリングモードヘッドレスモード
対応対応対応対応

おすすめ⑤ 4DRC V2 mini

4DRC-V2 mini

手のひらサイズの4DRC-V2 miniはコントローラーに収納できる「折りたたみ式」のドローンです。

ミニサイズながらワンキーリターンを搭載。

3速モードや3D反転など機能も充実。

プロペラガードは「フルカバータイプ」ではないので小さなお子様にはおすすめできません。

ここがポイント
  • ワンキーリターン搭載
  • バッテリー3個付属
  • コンパクト収納
    折りたたみ式
評価重量カメラ
(3.5 / 5.0)
12gHD 720P
ワンキー起動/着陸高度維持ホバリングモードヘッドレスモード
対応対応非対応対応

屋内用ドローン|カメラ付きのおすすめランキング

屋内用でカメラを搭載したドローンのおすすめを紹介していきます。

カメラ搭載のおすすめ① Ryze Tello

Ryze Tello

ドローンでは世界一のシェアで人気のDJIの技術提携によりフライトコントロールでは

・Throw & Go
・8D Flips
・Bounce

など難しいアクションも「画面」をタップするだけで飛ばせるのがTelloです。

100g以下のドローでは最も高性能。室内でも屋外でも楽しめるドローン。

カメラでは

・HD 720Pの動画
・5MPの静止画

はEIS(電子式映像ブレ補正)によりスムーズで安定した空撮を楽しむことができます。

Telloの最大の特徴は機体の下方に「ビジョンポジショニングシステム」というセンサーが搭載されています。

このセンサーのおかげで

・室内
・屋外

で初心者や子供でも安定したフライトが簡単に楽しめます。

ここがポイント
  • 安定したホバリング
  • 接続が切れても安全に着陸
  • 1タップで自動離陸/自動着陸
  • 最大飛行距離100M
  • スペアパーツが購入できる
    オプションパーツも多数販売
    プロペラ、プロペラガード
    スペアバッテリー
評価重量カメラ
(4.0 / 5.0)
80gHD 720P
ワンキー起動/着陸高度維持ホバリングモードヘッドレスモード
対応対応対応対応
\タイムセール/
Amazon
\ポイント最大10倍セール!/
楽天市場
\タイムセール/
Amazon
\ポイント最大10倍セール!/
楽天市場

カメラ搭載のおすすめ② Holy Stone HS420

HolyStone HS420

HolyStone HS420は持ち運びに便利な「収納ケース」付き。

コントローラー、バッテリー、機体がキレイに収納することができます。

機能面では「ジェスチャー撮影」に対応。

高速回転、3Dフリップはもちろん「スマホ」を傾けて操作できる体感操作モードも搭載。

さらにスマホの画面を指でなぞるだけで飛行する「軌跡飛行」モードも搭載しています。

屋内用でも本格的にフライトを楽しみたい人におすすめ。

ここがポイント
  • プロペラフルガード
  • 専用収納ケース付き
  • バッテリー3個付属
  • スペアパーツが購入できる
    プロペラ、プロペラガード
    スペアバッテリー
評価重量カメラ
(4.5 / 5.0)
31gHD 720P
ワンキー起動/着陸高度維持ホバリングモードヘッドレスモード
手投げ起動対応対応対応

カメラ搭載のおすすめ③ Holy Stone HS210 Pro

HolyStone HS210 Pro

HolyStone HS210 Proは機体を反転させる360°フリップ機能を搭載。

体感操作モードや軌跡飛行モードなど機能が充実した高性能モデル。

フルのプロペラガード付きで子供の飛行も安心です。

ここがポイント
  • プロペラフルガード
  • バッテリー2個付属
  • スペアパーツが購入できる
    プロペラ、プロペラガード
    スペアバッテリー
評価重量カメラ
(4.5 / 5.0)
33gHD 720P
ワンキー起動/着陸高度維持ホバリングモードヘッドレスモード
対応対応気圧センサー対応

カメラ搭載のおすすめ④ Holy Stone HS340

HolyStone HS340

音声制御を搭載したHolyStone HS340。

放り投げ飛行や、ワンキー起動、離陸など機能が充実した高性能ドローン。

スピードは3段階切替を搭載。

機体を安定を修正できるトリム調整ができるので安定した飛行が可能となります。

プロペラガードはフルタイプではないので小さな子供の使用にはおすすめできません。

ここがポイント
  • バッテリー2個付属
  • スペアパーツが購入できる
    プロペラ、プロペラガード
    スペアバッテリー
評価重量カメラ
(4.0 / 5.0)
50gHD 720P
ワンキー起動/着陸高度維持ホバリングモードヘッドレスモード
対応対応対応対応

カメラ搭載のおすすめ⑤ Potensic A20W

Potensic A20W

気圧センサーを搭載した Potensic A20Wは安定した高度維持やホバリングが可能で初心者や子供も安心して飛行が楽しめます。

スマホ画面を指でなぞった軌跡を飛行するトラッキングフライトモードを搭載。

3D VR体験サポートなど機能が充実。

無効距離アラームが搭載されているので屋外の飛行時も安心です。

ここがポイント
  • プロペラフルガード
  • トラッキングフライトモード
  • バッテリー3個付属
  • スペアパーツが購入できる
    プロペラ
評価重量カメラ
(4.0 / 5.0)
20gHD 720P
ワンキー起動/着陸高度維持ホバリングモードヘッドレスモード
対応対応気圧センサー対応

カメラ搭載のおすすめ⑥ 4DRC 4D-V8

4DRC-4D-V8

持ち運びに便利な収納ケースが付いてコスパ抜群の4DRC-4D-V8。

360°フリップや3つの速度モード、ワンキー離陸、着陸など装備も充実。

フルガードのプロペラガードなので初心者、子供も安心してフライトを楽しむことができます。

ここがポイント
  • プロペラフルガード
  • バッテリー3個付属
  • 重力センサー搭載
  • スペアパーツが購入できる
    モーター、プロペラ
評価重量カメラ
(3.5 / 5.0)
80gHD 720P
ワンキー起動/着陸高度維持ホバリングモードヘッドレスモード
対応対応対応対応

屋内用ドローンのおすすめ10選!子供向けを徹底比較!のまとめ

屋内・室内で子供が安全に飛ばせるドローンは「100g以下」でも高性能な機種がおすすめです。

本記事でご紹介している「ドローンの「選び方」を再確認してみましょう。

ここを確認しよう
  • ドローンの重量を確認しよう
    (100g以下)
  • 空撮を楽しみたいなら
    カメラ付きを選ぼう
  • 安全に飛ばすために
    プロペラガード付きを選ぶ

初心者や子供が簡単にドローンを飛ばしたり、いろいろな飛行モードが楽しめる「機能」もしっかりと確認しておきましょう。

子供が操作をしやすい機能
  • ワンキー起動/着陸
  • 高度維持(ホバリングモード)
  • ヘッドレスモード
  • ワンキーリターン
  • 緊急停止

上記の機能があるとより安心にドローンを飛ばすことができます。

初心者の方や、お子様がドローンを飛ばすならまずは100g以下の「模型航空機」で練習をしてからステップアップするとより安全です。

タクま

2022年6月から「航空法が改正」されるから100g以上のドローンは機体登録が必要になるので注意してね

もっと高性能なドローンにも興味がある人はこちらの記事小型ドローン カメラ付きおすすめ!200g以下 9機種を比較もよかったら見てくださいね。