ガジェットの比較/カメラ/ドローン/SDカード/ロボット掃除機

【レビュー】Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000) iPhoneマグネット充電

またまたAnkerのモバイルバッテリーを買っちゃいました。

今回購入したモバイルバッテリーはデザインが刷新されたAnker(アンカー)321 MagGo Battery (PowerCore 5000) 。

コンパクトで軽くて薄いiPhoneにマグネットでくっつけて使えるMagSafe(マグセーフ)対応。

MagSafeは

・iPhone 15
・iPhone 14
・iPhone 13
・iPhone 12

シリーズに対応しています。

お出かけ時に「iPhoneに1回充電だけ満充電できたら十分」そんなユーザーにおすすめの5000mAhのモバイルバッテリーです。

本記事ではAnker 321 MagGo Batteryのデザインや性能、実際に使ってみたレビューをしていきます。

評価
(4.0 / 5.0)
メリット
デメリット
  • iPhone 14/13/12シリーズにくっつけてワイヤレス充電ができる
  • コンパクトで軽い124g
  • カラバリ5色から選べる
  • 磁力が強力
  • iPhoneが1回満充電できる
  • 高コスパ3,000円台で買える
  • パススルー充電対応
  • 最大7.5Wのワイヤレス充電
  • USB-C出力が10W
  • 満充電は約4時間かかる
  • 充電しながら操作するとけっこう熱くなる
Anker
¥3,990 (2023/07/14 20:12時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

Anker 321 MagGo Battery のスペック

機種名Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)
発売日2023年5月24日
カラバリ5色:ブラック / ホワイト / グリーン / パープル / ピンク
サイズ約9.3 x 6.4 x 1.5cm
重量約124g
入力USB-C入力:5V = 2A (MAX 10W)
バッテリー容量5000mAh
ケーブル長さ約0.6m
USB-C 出力5V = 2.4A (MAX 12W)
ワイヤレス出力最大7.5W
ワイヤレス充電 対応機種iPhone 14 / 14 Plus / 14 Pro / 14 Pro Max
iPhone 13 / 13 mini / 13 Pro / 13 Pro Max
iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max
パッケージ内容Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)
USB-C & USB-C ケーブル (0.6m)
取扱説明書

本製品はiPhone 14/13/12シリーズのマグネットでくっつくマグセーフに対応した商品です。

iPhone 11以前のモデルでもケーブル接続で使うことができますが磁力でくっつけて使う機能が使えないためメリットがありません。

Anker 321 MagGo Batteryの開封レビュー

Anker 321 MagGo Battery(PowerCore 5K)を開封していきます。

相変わらずシンプルなパッケージですね。表側には「3SERIES」と記載されています。

裏側は英文でいろいろと記載されています。

箱から取り出してみました。モバイルバッテリー本体と充電ケーブルはトレイに入っていました。

同梱内容
  • 321MagGo Battery本体
  • USB Type-Cケーブル
  • 取り扱い説明書

Anker 321 MagGo Battery 外観・デザイン・機能

刷新されたAnker(アンカー)321 MagGoの外観やデザインをチェックしていきます。

外観・デザイン

321 MagGo Batteryのデザインを紹介していきます。

表側はシンプルなデザインに「ANKER」の文字が大きくプリントされています。

全5色のカラバリの中、今回購入したのはブラックです。他のカラーはおしゃれ感があってiPhoneのカラーに合わせて選ぶのもいいですね。

カラーブラックホワイトグリーンパープルピンク
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

裏側はマグセーフに対応を示すマークがプリントされています。

サイドには「アンカージャパン株式会社」の文字やCEマーク、リサイクルマークなどがプリントされています。

反対側のサイドには「Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5K) 」、モデル名、品番、出力などスペックがプリントされています。

搭載ポート

モバイルバッテリー本体への充電とiPhoneなどのデバイスに給電するためのType-Cポートを搭載。

反対側は何もなくシンプル。

LEDインジケーター

表側には充電中に点灯するLEDインジケーターを4発内臓。

本体の充電およびデバイスへのい給電時にLEDが残量に応じて点灯します。

4つとも青のLEDが点灯でAnker 321 MagGoのバッテリーが満充電状態。

重量とサイズ

電子スケールで計量してみました。

121.6gでしたが、メーカー公表値は「約124g」。少し誤差がありますが容量5000mAhのモバイルバッテリーとしては軽い方ですね。

サイズは「約 9.3 x 6.4 x 1.5 cm」とてもコンパクトです。手にしたらこんなサイズ感。

厚みも薄いですね。

持ち運び性は申しぶんありません。

iPhone 12 miniにAnker 321 MagGo Batteryを取り付けてみました。

横から見てもスマート。薄いので女性でも持ちやすいサイズです。操作のじゃまにならないのがいいですね。

本体サイズ約 9.3 x 6.4 x 1.5 cm
重量124g

磁力

321 MagGo Batteryはマグネットが強力です。iPhoneに近づけるとパチンと音をたててくっつきます。

YouTube動画アップしているのでよかったら見て下さい。

モバイルバッテリーを持ち上げて振ってもiPhoneが外れて落ちるようなことはありません。なかなか強力な磁力です。

Anker 321 MagGo Batteryを使ってみた

では実際に321 MagGo Batteryを使っていきます。

本体への充電からiPhoneや他ガジェットへの給電をレビュー。

最大7.5Wのワイヤレス充電に対応

Anker 321 Magnetic Batteryは5000mAhの容量で最大7.5W出力の充電性能。

ケーブル無しで充電できるQIワイヤレス充電と、マグネットでくっつくマグセーフにも対応しています。

充電時間Anker 321 Magnetic Battery
iPhone 12 mini
充電開始時のバッテリー残量
59%
30分経過78%

急速充電に慣れている人には充電時間がとっても遅く感じますが、そもそも321 Magnetic BatteryはiPhone 15/14/13/12にマグネットでくっつけて使える軽量モバイルバッテリーなので充電しながら使えるので問題ありません。

タクマ

ただしそれでも満充電に約4時間かかるのでちょっと長いなぁ。

ワイヤレス充電対応のイヤホンケースを充電することもできます。今回充電してみたワイヤレスイヤホンは「Anker Soundcore Life P3」。

充電時の発熱

iPhone 12 miniにくっつけて充電をしましたが、熱くなることはありませんでした。

少しあたたかい程度なので、充電しながらの操作でも特に問題はありません。

ただしiPhoneに 321 Magnetic Batteryをくっつけて充電をしている状態で長時間操作をしていると本体が熱くなってくるので注意しましょう。

本体の充電

モバイルバッテリーの充電は付属のUSB Type-Cケーブルを接続します。

今回充電に使っているのは「Ankerの電源タップ521 Power Strip」です。

充電をすると4つの内臓LEDが点滅、充電状況に合わせてLEDが点灯していきます。

LEDが4つ点灯すると充電完了です。

充電完了後しばらくするとLDEは全消灯します。

iPhoneに充電

今回充電するのはiPhone 12 miniです。

iPhoneに使用しているケースはマグセーフ対応の「CASETiFY」。選べる種類がとっても多くて今人気です。

Anker 321 MagGo BatteryはサイズがコンパクトなのでiPhone 12 miniに取り付けても本体がはみ出すことなく収まるので手に持ったときも使いやすいです。

同じ5000mAhのAnker 622 Magnetic Battery (MagGo)の場合はiPhone 12 / 13 miniに装着すると本体下部が約9mm下部にはみ出します

コンパクトサイズで使いやすさで選ぶなら「321 MagGo Battery」がおすすめです。

パススルー充電対応

321 MagGo Batteryはパススルー充電に対応。

モバイルバッテリーの充電をしながらiPhoneに給電ができます。

さらに充電しているデバイスの充電が満タンになると自動で本体へ充電が開始されます。

USB Type-C充電

iPhoneならマグセーフ充電するとコードが必要なくスマートですが、充電ケーブルを使うことでiPhone以外のスマホやカメラなどUSB Type-C対応のガジェットにも充電ができます。

ワイヤレスイヤホンの充電。

GoProのバッテリー充電。

アクションカメラ(DJI Action 2)の充電。

Anker MagGoの比較

AnkerではiPhone 15/14/13/12 のワイヤレス充電マグセーフ対応の充電器ラインナップが充実。

本記事で紹介しているAnker 321 MagGo Batteryとの違いなど分かりやすくMagGoシリーズの比較をしていきます。

レビュー
機種名321 MagGo621 MagGo622 MagGo633 MagGo
価格3,990円5,990円6,490円7,990円
容量5000mAh5000mAh5000mAh10000mAh
最大出力7.5W7.5W7.5W7.5W
USB-C10W12W12W20W
スタンド
サイズ約93 x 64 x 15mm約111 x 66 x 11.5 mm約105 x 67 x 13 mm約107 x 66 x 18 mm
重量約124g132g約140g約218g
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

今回レビューの321 MagGoはもっともスリムで軽いモバイルバッテリーです。

他にもAnkerではマグセーフ対応のくっつくモバイルバッテリーを容量やUSB-Cからの出力の違い、スタンドの有無など使う目的に合わせて選べるラインナップしています。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)レビュー のまとめ

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)をレビューしました。

豊富なカラバリでポップなカラーもラインナップしているのでiPhoneとおソロカラーもおすすめ。

Anker MagGoシリーズでもっとも小さくて軽いのでお出かけ時の持ち運び性は抜群ですね。

メリット
デメリット
  • カラバリ豊富全5色
  • 軽量薄型
  • iPhoneが1回充電できる
  • パススルー充電対応
  • 磁力が強力でズレない
  • 充電に時間がかかる
  • 折りたたみスタンドなし

早く充電したい人にはおすすめできませんが、くっつけて充電したながらiPhoneを操作する。そんな人におすすめのモバイルバッテリーです。

Anker
¥3,990 (2023/07/14 20:12時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon