ガジェットの比較/カメラ/ドローン/SDカード/ロボット掃除機

CIO SMARTCOBY DUAL レビュー!これ1つでApple Watchのバッテリー不安を解消

CIO SMARTCOBY DUAL「Apple Watch専用充電器 + モバイルバッテリー」を購入したのでレビューをお届けします。

いつでもどこでもApple Watchが充電できる950mAhのバッテリーを内蔵。

手の中に納まるほどのコンパクトなサイズでApple Watchの充電が

・Series3~8は約1.5回
・Ultraは約0.8回

できるSMARTCOBY DUALは、スマートな充電器兼モバイルバッテリーです。

Apple Watchを使う人は絶対におすすめ。と言いたくなるほど僕の中で買ってよかったランキング上位です。

こんにちはタクマです!
SMARTCOBY DUALのポイント

最近CIO製品にどっぷりハマっているタクマです。

  • Made for Apple Watch認証取得で安心
  • シリーズ7以降は高速充電ができる
  • 小型サイズで950mAhのバッテリー内臓
  • 2WAY仕様の充電器&モバイルバッテリー
  • スライドギミック搭載USB-Cポート
  • 自動電源OFF機能搭載
  • 残量が分かる高輝度LED搭載

旅行や出張でApple Watchを1回満充電するだけならSMARTCOBY DUALがあればOK。2泊以上ならCIOの小型充電器とセットで持って行けば完璧です。

そんなCIO SMARTCOBY DUALを現在使っているAppleWatch充電器との比較も交えて何がメリットなのかレビューしていきます。

メリット
デメリット
  • SMARTCOBY DUALがあればいつでも充電ができる
  • 超コンパクト&軽量で持ち運びにおすすめ
  • パススルー充電ができる
  • デザインがいい
  • USB-Cポート凹メス型がないのが残念
  • 電池残量をLEDの色で覚える必要がある

CIO SMARTCOBY DUALのスペック・仕様

カラー
ブラック/ホワイト
商品名CIO SMARTCOBY DUAL
型番CIO-MB500E-AW
サイズ約38×74×18mm
重量約60g
入力5V=1A
バッテリー容量950mAh
蓄電時間約75分
本体表面加工防傷シボ加工
そのた機能スライド式USB-C端子
パッケージ内容本製品、説明書

「Made for Apple Watch認証取得」しているのでブラックは充電コイル部分がApple社の規定によりホワイトなのでツートンのパンダ色となっています。

全てブラックがいいけど仕方ないですね。

いつもなら僕はブラックを購入しますが、今回はホワイトを購入しました。

待望のMade for Apple Watch認証取得

Apple Watchの充電器はサードパーティ製品がAmazonや楽天などで販売されていますがその多くは非認証製品です。

「Made for Apple Watch」はAppleが設ける認証プログラムに合格している製品の証です。

MFI認証はWatch OSのアップデートにも対応できるので、Watch OSのアップデートの影響でApple Watchの充電ができない、使えないというトラブルもありません。

Apple社のお墨付きなのでユーザーも安心して購入ができます。

CIO SMARTCOBY DUALは過去のトラブルから誕生した製品です。

過去にCIOが発売したiPhone向けの世界初の技術を搭載した「ハイブリッドワイヤレスバッテリー」が販売され大好評でしたがAppleの認証が取得できず、OSのアップデートにより一時的に使えないトラブルが発生した経緯があります。

そんなトラブルもありましたが日本企業のCIOが販売する充電器やモバイルバッテリーは性能やクオリティが高く、サポート体制も充実。

そんな優良企業だから多くのユーザーから

・Apple Watchの充電器を開発してほしい
・高くてもいいからApple認証品がほしい

との声を受けいろいろな制約がある中、CIOはApple Watchの充電器 兼 モバイルバッテリーを開発、待望の「Made for Apple Watch認証取得」して販売されました。

タクマ

僕はSMARTCOBY DUALを見た瞬間にほしくなってしまったよ

Apple Watchの充電時間

シリーズ0〜80%0〜100%
Ultra60分(1h)90分(1h30m)
シリーズ845分(45m)75分(1h15m)
シリーズ745分(45m)75分(1h15m)
シリーズ660分(1h)90分(1h30m)
シリーズSE90分(1h30m)150分(2h30m)
シリーズ5以前90分(1h30m)150分(2h30m)
タクマ

高速充電はシリーズ7以降から対応しているよ

SMARTCOBY DUALは認証品なので純正同様に高速充電に対応しています。シリーズ7以降を使う人には特にメリットがあるモバイルバッテリー 兼 充電器です。

シリーズ6は高速充電には非対応ですが充電回路が見直され、シリーズ5以前よりも早く充電が可能になっています。

CIO SMARTCOBY DUAL 開封

パッケージはいつもの白い箱にCIOイメージカラーの紫で文字が記載されています。

表面には商品名「SMARTCOBY DUAL」、出力3Wとバッテリー容量の950mAhを表示。

箱から商品を取り出してみました。

今回僕が購入したのはカラーはホワイトです。

いつもならブラックを購入していますが、ブラックは「Made for Apple Watch認証取得」ため充電部のみホワイトでパンダカラーがちょっと僕はイマイチだっので「ホワイト」にしました。

ホワイトもキレイでいいなぁ。

パッケージ内容は

・本体
・取扱説明書
・各種案内

CIO SMARTCOBY DUALの外観・デザイン

僕はCIO製品のデザインが好きです。全体にシンプルですが「ロゴマーク」がカッコよくてデザイン性に優れています。

少しずつCIO製品を増やしていくのがけっこう楽しみです。

ここではCIO SMARTCOBY DUALの外装を中心に紹介していきます。

デザイン

シンプルイズベスト。

「CIO」のロゴマークとApple Watchの丸い充電接触部分のみ。

本体のには商品名やModelコード「MB950-AW」や仕様等がプリントされています。

USB-Cコネクタを出し入れする収納用スライダ。

サイドにある丸いのが電源ボタン。

本体を充電するためのUSB-Cコネクタ。サイドのスライダで出し入れをする。

残量LEDインジケーター。4色で表示。

キズ防止シボ加工

もはやCIOと言えばこれという感じで定着してきた充電器 NovaPortシリーズと同様のデザインで表面にはキズ防止のシボ加工がほどこされています。

2022年ごろから採用されるようになったこのデザインが僕はお気に入りです。

スライド式コネクタ

本体のサイドにはギミックを搭載。スライドするとUSB-Cコネクタが飛び出す仕組みを採用しています。

使わないときはスライダでUSB-Cコネクタ凸を収納できるので、カバンなどに入れておくときもUSB-Cコネクタの破損防止ができます。

小さくて持ちやすく操作がしやすい。

このギミック最高。スムーズで無駄に出し入れをしたくなってしまう。

タクマ

スライド式コネクタは片手でスムーズに操作ができるよ

重量とサイズ

とにかく小さい「SMARTCOBY DUAL」。

CIOの製品は小型&軽量化で持ち運び性や利便性を重視しています。それでいて人気のAnker充電器やモバイルバッテリーと比較しても性能も同等です。

出典:CIO

小さいことへこだわるCIO。超小型、カバンに常時入れて置けるサイズです。

サイズは「約38×74×18mm」と手の平内に収まるほどコンパクトです。指でつまんでもご覧の通り。

Apple Watch SEと比較してみました。バッテリーを内蔵しているのにほんと小さいですね。

重量はメーカー公表値「約60g」ですが、電子スケールでの実測は「約52.5g」でした。

持ってみるとこれバッテリー内蔵されているの?というくらい軽いです。

「SMARTCOBY DUAL」は持ち運びに超おすすめです。

これは僕がいつも使っていたバッテリーが内蔵されないApple Watch 充電器 2in1【タイプC・タイプA】です。さすがに軽くて「18.2g」しかありません。

縦横サイズはさほど変わりません。

厚みはバッテリーがないApple Watch 充電器 2in1【タイプC・タイプA】は半分くらいの幅です。

バッテリーはないけどApple Watch 充電器 2in1はUSB-CとUSB-Aの両方を搭載しています。

使い勝手はいいけど、充電器もしくはモバイルバッテリー、ノートPCがないとApple Watchの充電ができないんだよね。

タクマ

でも安いんだよね。1,500円程度で買えるよ。

ただモバイルバッテリー 兼 充電器をCIO SMARTCOBY DUALを使ってしまったらもう後戻りできません。

CIO SMARTCOBY DUALの機能

Apple Watch専用の充電器「CIO SMARTCOBY DUAL」の機能を紹介していきます。

モバイルバッテリー 兼 充電器の2WAY

SMARTCOBY DUALの最大のメリットはモバイルバッテリー 兼 充電器の2WAY仕様です。

サードパーティ製品で似たような機能を持つ充電器は他にもありますが「Made for Apple Watch」非認証品がほとんどで高速充電に対応するモバイルバッテリー&充電器は数少ない製品です。

SMARTCOBY DUALは日本企業である株式会社CIOが販売する製品で購入後のサポートや製品保証など安心です。

パススルー機能搭載

SMARTCOBY DUALを充電器に接続して本体の充電をしながら同時にApple watchに給電ができるパススルー充電に対応しています。

この機能は意外と便利で、ついうっかり本体の充電を忘れても即Apple watchの充電ができるので使い勝手が格段に向上します。

バッテリー容量950mAh搭載

ミントケースほどの小型サイズながらバッテリー容量は「950mAh」と出力の小さいApple Watchの充電なら十分な容量を搭載しています。

SMARTCOBY DUALを満充電しておけば

・Series3~8は約1.5回
・Ultraは約0.8回

の充電ができまます。

Apple Watchの稼働時間は約18時間なので1回充電ができれば24時間以上対応できるので十分なバッテリー性能です。

色で分かるバッテリー残量の見える化LED搭載

バッテリーの残量が一目でわかる高輝度LED搭載。4色のカラー搭載。

LED色パープルグリーンブルーピンク
バッテリー残量76-100%51-75%26-50%0-25%

Apple Watchを1回満充電するとほぼ「26-50%」もしくは「0-25%」になってしまうので実際この機能が必要かというと利用レベルは低いと思います。

ただSMARTCOBY DUALをしばらく使っていないときのバッテリー残量のチェックや本体への充電やパススルー充電をしているときのバッテリー充電状況がLEDカラーで確認ができます。

高輝度のLEDライトは点灯しているとキレイで見た目のデザイン性もGoodです。

光モノが好きな人にはたまらないですね。

タクマ

でも実用レベルでいうならLEDライトを4灯搭載して点灯数でチェックできる方が確認しやすいですね。

自動電源OFF機能搭載

スイッチを押して電源を入れてApple Watchの充電が完了後はLEDライトが点灯していますがそのまま放置。

約120秒後に自動で電源がOFFになりますので安心です。

CIO SMARTCOBY DUALの使い方

Apple Watchをモバイルバッテリーに置いて、電源ボタンを押すと充電が開始されます。

開始と同時にバッテリー残量を示すLEDライトが点灯します。

モバイルバッテリーモード|スタンドがなくても充電ができる

旅行や出張、ちょっとした外出先でもモバイルバッテリー950mAhを搭載する「SMARTCOBY DUAL」ならいつでもどこでも即充電ができます。

Apple Watch SEを充電しています。

新幹線の中で使ってみました。

テーブルに置いて充電ができるので使い勝手がいいです。移動中にこれ1つで充電ができるのがスマートでいいですね。

今回は新幹線の車内で使いましたが、在来線などちょっとした移動中の合間に充電ができるのはとにかく利便性がいいです。

ステンレスバンドのApple Watch Series 6を充電してみました。

ステンレスバンドの欠点は薄型の充電器を平置きしたときに、充電コイルがApple Watchと接触できないため充電ができないという欠点がありました。

でもモバイルバッテリーモードで使える「SMARTCOBY DUAL」なら大丈夫。

ステンレスバンドがスタンド代わりになって写真の状態で充電ができます。

実は「SMARTCOBY DUAL」は60gと軽く磁力でぴたっとくっつくのでスタンドモードじゃなくても充電ができるんです。

充電器モード

USB-Cポートを搭載する電源タップで充電をしてみました。

充電器に接続しての充電だけでなくノートパソコンに接続しても充電もできるのが「SMARTCOBY DUAL」のメリットです。

MacBookに接続しやすい工夫もされています。「SMARTCOBY DUAL」をそのままスライドさせます。

タクマ

MacBookじゃないけど合ってる、たまたま。

そのままMacBookやノートPCを持ち上げたりすることなくUSB-Cコネクタを接続することができます。

タクマ

これって地味にスゴイと思うのは僕だけ?

こういう細かな点にもこだわる設計はさすが日本メーカーCIOですね。

機種によっては高さが合えばWindowsのノートPCでも同じようにできます。

コンセントで充電時の注意点

充電器CIO NovaPort DUO 45WにSMARTCOBY DUAL本体を接続して充電をしています。

画像のような状態で充電を何回もしているとUSB-Cコネクタに負担がかかり、長く使っているとコネクタ部分が破損する可能性があります。

パススルー充電できるからと画像のように充電器に接続して、さらにApple Watchの充電はアウトです。

重量のあるステンレスモデルはさらに危険。

出典:CIO

本体の充電やパススルー充電は画像のように延長ケーブルを接続して使うのが安全です。延長ケーブルはCIOの柔らかシリコンケーブルがおすすめです。

このようにApple Watchのバンドが机上に触れて重量が分散される場合なら、コネクタへの負担も少なくて済みます。

CIO SMARTCOBY DUALがおすすめな人

「SMARTCOBY DUAL」はApple Watchのバッテリーが切れたら困るというあなたにおすすめ。

Apple Watchを毎日使う人で旅行や出張、外泊などが多い人。

最近バッテリーの減りが早くなったと感じる人も充電コードがなくても約1.5回(Ultraは約0.8回)満充電ができるのでカバンの片隅に入れておくだけで安心です。

「SMARTCOBY DUAL」を持っていればバッテリー切れを気にしてビクビクすることもなくなるので、Apple Watchで交通系ICカードSuica、PASMO、ICOCAで運賃を支払う人におすすめです。

タクマ

 Apple Watchで電子マネーやQRコード決済をする人も持っておけば安心だよ

CIO SMARTCOBY DUAL レビュー!これ1つでApple Watchのバッテリー不安を解消

手の平にすっぽりと収まるCIO SMARTCOBY DUALのレビューをお届けしました。

性能もいいけど「SMARTCOBY DUAL」はデザインもいいので製品の所有感を満たしてくれるガジェットです。

久々僕の中でヒット商品です。

メリット
デメリット
  • MFI認証で安心して使える
  • モバイルバッテリー&充電器として使える
  • ステンレスベルトもスタンドなしで充電ができる
  • パススルー充電に対応
  • 高速充電に対応
  • 超コンパクトサイズ
  • 充電ケーブル不要
  • 電池残量を色で覚える必要がある
  • USB-C凹メス端子があるともっとよかった

「SMARTCOBY DUAL」はもちろんですが、CIOの製品は性能だけでなく筐体や細かな部品も高クオリティで安心して使えるのが特徴です。

僕がCIOのいいなと思う点はデザインが統一されているところです。キズ防止シボ加工、アルミプレートを使ったキラリと光るCIOのロゴマーク。

統一された2色展開カラーホワイト / ブラック。

集めるのが楽しくなるのでついつい買い足してしまうのがデメリットです。




シェアをしてくれるとうれしいです

Amazon.co.jpでお買い物するなら


ギフト券を現金チャージするのがお得です。