ガジェットの比較/カメラ/ドローン/SDカード/ロボット掃除機

【2024年】Anker完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ8選の比較+オープンイヤー型!

Anker(アンカー)完全ワイヤレスイヤホンはデザイン、品質がよくて長時間再生ができるので人気。

コスパ最強完全TWS。

電車通勤・通学で使い倒せる高強度ノイズキャンセリングを搭載したイヤホンをラインナップしています。

Ankerはモバイルバッテリー急速充電器USBハブワイヤレスヘッドホンなどデバイスの周辺機器が超人気ですが、完全ワイヤレスイヤホンも「熱い」

1万円前後で購入できる価格帯ですがAnker製品に共通して言える

・外観デザイン
・性能
・品質

がよくて高音質。さすがAnker製品コスパ最強伝説はSoundcoreシリーズのワイヤレスイヤホンにも引き継がれています。

本記事ではAnkerのワイヤレスイヤホンの選び方と新型おすすめ8モデルを徹底比較していきます。

こんにちはタクマです!
この記事がおすすめな人
  • Anker売れ筋ワイヤレスイヤホンの比較をしたい
    Soundcoreシリーズ
    ・Liberty
    ・Life
    ・Space
    ・Sport
    ・AeroFit
  • 失敗しないワイヤレスイヤホンの選び方
    選び方がよく分からないを解決
  • 自分に合うワイヤレスイヤホンを知りたい
    サイズ、重量、音質、価格
  • 安くて高性能モデルがほしい
    コスパ最強モデル

こんな感じでAnkerのワイヤレスイヤホンを紹介していきます。

全部入り最強イヤホン

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

Anker(アンカー)おすすめ完全ワイヤレスイヤホンの比較

Ankerの完全ワイヤレスイヤホンおすすめモデルを比較表にまとめていますので性能や形式の違いを「チェック」していきましょう。

カナル型とインナーイヤー型の比較

モデル
機種Liberty 4Liberty 4 NCLife P3Space A40Life Note 3SLiberty 3 ProLife A3iLiberty Air 2 Pro
評価
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
価格14,990円12,990円8,990円~12,990円6,990円17,800円6,990円12,980円
イヤホン型カナル型カナル型カナル型カナル型インナーイヤー型カナル型カナル型カナル型
ノイキャンウルトラ2.0ウルトラ3.0ウルトラウルトラ2.0非搭載ウルトラ2.0アクティブウルトラ
防水規格IPX4IPX4IPX5IPX4IPX4IPX4IPX5IPX4
重量本体片耳5.8g
本体+充電ケース55g
本体片耳5.0g
本体+充電ケース60g
本体片耳5.2g
本体+充電ケース60g
本体片耳4.9g
本体+充電ケース58g
本体片耳4.3g
本体+充電ケース59g
本体片耳7.0g
本体+充電ケース59g
本体片耳4.7g
本体+充電ケース46g
本体片耳?g
本体+充電ケース62g
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

オープンイヤー型の比較

装着しているのを忘れる快適、人気のながらオープンイヤー型イヤホンの2機種比較をしています。

モデル
機種AeroFit ProAeroFit
評価
(4.5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
価格22,990円16,990円
イヤホン型オープンイヤー型オープンイヤー型
コントロールボタンタッチ
防水規格IPX5IPX7
重量片耳約12.2g片耳約8.5g
詳細を見る詳細を見る

高性能バッテリーで有名なメーカーが発売するワイヤレスイヤホンは再生時間が長いのも見逃せないポイントです。

本体のみでも

・5~10時間の連続再生を実現

本体+充電ケースでは

・なんと26~50時間

もの再生時間に対応。

タクマ

さすがバッテリーで定評のあるAnkerだね。

Anker ワイヤレスイヤホンの選び方

ワイヤレスイヤホンはモデルによって付け心地を左右する

・カナル型
・インナーイヤー型

という2つの装着型があったり、音質に影響するノイズキャンセリングを搭載、非搭載など選ぶポイントがいくつかあります。

買ってから後悔しないように完全ワイヤレスイヤホンの選び方を簡単に紹介していきます。

カナル型とインナーイヤー型どっちがいいの?

カナル型とインナーイヤー型の比較

ワイヤレスイヤホンにはカナル型とインナーイヤー型があります。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、要は自分にはどっちの「型」が合うのかがポイントです。

特に付け心地は重要です。

カナル型とインナーイヤー型が分かりやすい機種

・Soundcore Liberty 4
・Soundcore Life Note 3S

を比較代表に選んで簡単にまとめてみました。

先端にイヤーピースがあるか?ないか?の違いです。本体の形状がほぼ同じなので違いが一目でわかってもらえたと思います。

イメージ
タイプカナル型インナーイヤー型
代表選手Liberty 4Life Note 3S
装着方法先端にイヤーピースが付いた密閉型イヤホンで耳の奥に入れるタイプ耳の入り口にある耳甲介(じこうかい)にイヤホンを引っ掛けるタイプ
メリット遮音性が高く音漏れしにくい
耳から外れにくい
違和感の少ない付け心地
デメリット圧迫感で疲労を感じることがある
イヤーピースが外れることがある
耳が痛くなることがある
遮音性が劣る音漏れがしやすい
遮音性高い低い
装着感圧迫感が高い圧迫感が少ない
カナル型
自然な付け心地
ノイズ遮断効果

アウトドア向け。

移動中やスポーツ観戦など周囲のノイズに対しての遮断性がよく没入感を重視したい人に最適。

人により感じ方は違いますが「カナル型」は少し慣れが必要ですが、違和感は最初だけです。

インナーイヤー型
自然な付け心地
ノイズ遮断効果

インドア向け。

長時間でも疲れにくいのでゆっくり音楽を聴く、動画を観るときにおすすめです。

インナーイヤー型は圧迫感は少ないので付け心地はいいですが耳が痛くなることがあります。

オープンイヤー型イヤホン

出典:Anker

耳を塞がないイヤホン、オープンイヤー型。

イヤホンを装着すると

・耳が痛くなる
・耳穴にサイズが合わない
・耳が不快
・耳がかゆくなる

このような経験をした人も多いと思います。

またイヤホンをしていると周囲の音が聞きとれないと言った問題点もあります。

そんなデメリットを解消するのがオープンイヤー型イヤホンです。

装着しているのを忘れてしまう快適な着け心地、周囲の音が聞こえるので

・家事をしながら
・育児をしながら
・ウォーキング、ランニングをしながら
・作業をしながら

とあらゆる場面でながら音楽を楽しめるのがオープンイヤー型です。

ノイズキャンセリング搭載 / 非搭載どっちがいいの?

ノイズキャンセリング機能は外部の音を遮音する機能に優れています。

電車通勤・通学をする方には外部音を遮音、音楽に没入感を求めるならノイズキャンセリング機能はおすすめです。

Ankerのノイキャンは機種によって性能が違います。

・ウルトラノイズキャンセリング3.0
・ウルトラノイズキャンセリング2.0
・ウルトラノイズキャンセリング
・アクティブノイズキャンセリング

ノイキャンには本体で自動設定するタイプ、アプリによる手動設定などモデルにより違いがあるのでよく検討して選びましょう。

ノイキャンの種類ノイキャン内容ノイキャン性能
ウルトラノイズキャンセリング3.0環境と耳の形に合わせてパーソナライズ
自動+手動Lv1~lv5選択可能
2種の外部取り込みモード
(4.5 / 5.0)
ウルトラノイズキャンセリング2.0環境に合わせて自動で強度変更
(4.0 / 5.0)
ウルトラノイズキャンセリング環境に合わせて3つのモードを選択(手動)
(3.5 / 5.0)
アクティブノイズキャンセリング内臓された4つのマイクにより周囲の低周波を除去
(2.5 / 5.0)

音楽を聴くということをメインで考えると「ノイズキャンセリング機能」はもはや必須レベルです。

ノイキャン搭載
ノイキャン非搭載
  • 没入感に優れる
  • 周囲の騒音を遮音
  • 外音取り込みモードでアナウンスなども聴き取りやすい
  • 音に集中できない
  • 周囲の騒音が入る
  • アナウンスなどの外音が聴き取りずらい

同時接続ができるマルチポイント対応

マルチポイント接続

マルチポイント対応のワイヤレスイヤホンならBluetooth設定を切り替えることなく2台のデバイスに同時接続、パソコンとスマホを同時に接続しておくことができるので切り替えがスムーズです。

例えば

・スマホとタブレット
・スマホとパソコン

など2つ以上のデバイスを使う方にはマルチポイント対応イヤホンが断然おすすめです。

防水性能

防水性は通常の使い方であれば「IPX5」以上であれば十分です。外出時に突然雨が降ってきても問題のないレベル。

ただお風呂でシャワーを浴びながらでも短時間なら「IPX5」でも耐えるかもしれませんがおすすめはできません。

簡単に防水規格を確認してみましょう。

防水保護の内容
IPX4あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない
IPX5あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない
IPX6あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない
IPX7一時的に一定の水圧(水深)で水没しても内部に浸水しない

音楽を聴きながらお風呂に入る。

という方は「IPX6」以上をおすすめします。

置くだけワイヤレス充電がおすすめ

VOLTMEワイヤレスモバイルバッテリーで充電中

ワイヤレスイヤホンの充電ケースは外出時などいつでも本体の充電ができる便利な充電ケースです。

一度満充電しておけば数日は充電しなくても繰り返し本体の充電ができる優れモノ。

そんな充電ケースには置くだけで充電ができるQIワイヤレス充電に対応したタイプは面倒な充電ケーブル不要でおすすめです。

ワイヤレス充電対応のAnker Soundcore Life P3のケースをVOLTMEワイヤレスモバイルバッテリーに置いて充電してみました。

置くだけ充電は便利ですね。

Ankerワイヤレスイヤホンのおすすめ8選

Ankerのおすすめモデルの機種ごとの機能や特徴、おすすめポイントを紹介していきます

Gajemono編集部による

・価格
・ノイキャン
・音質
・パフォーマンス

など独自のおすすめランキング。

おすすめランキング①|Anker Soundcore Liberty 4

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
Soundcore Liberty 4の特徴

全ての機能を搭載した最高傑作

  • ウルトラノイズキャンセリング2.0搭載
  • 3Dオーディオ (固定 / ヘッドトラッキング)
  • A.C.A.A 3.0搭載
  • 感圧センサーコントロール
  • マルチポイント対応
  • Bluetooth5.3対応

Soundcore Liberty 4はカナル型のノイキャンウルトラ2.0を搭載した全部入り最高峰イヤホンです。

Ankerの独自ドライバーACAAがさらに進化3.0を搭載。9.2mm + 6mm 2つのダイナミックなドライバーで細かなサウンドも明瞭に聴き取れる高音質を再現。

最高の音質デュアルドライバーと最高の装着感を提供する2重構造の「CloudComfortイヤーチップ搭載」。

ノイキャン防水規格重量
ウルトラ2.0搭載IPX4片耳5.8g
再生時間イヤホンのみ再生時間イヤホン+充電ケース
9時間28時間

Liberty 4にはライブ会場にいるような360°の3Dオーディオを搭載。内蔵されたジャイロセンサーが頭の動きを感知、音楽に包まれた体験ができるイヤホンです。

感度の良い感圧センサーコントロールを搭載し誤操作も防止。

防水規格IPX4
  • あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない

日常生活レベルの水しぶきなら問題のなく使うことができます。

Liberty 4
カラーミッドナイトブラッククラウドホワイトスカイブルーワインレッド
実勢価格14,990円14,990円14,990円14,990円

カラバリは4色展開。売れ筋人気はブラックとホワイト。

ワイヤレスイヤホンで体験したことのないような重低音と臨場感で映画や音楽を楽しめるLiberty 4は音質を求める人におすすめ。

Soundcore Liberty 4の評価

音質
(4.5 / 5.0)
ノイキャン
(4.5 / 5.0)
装着感
(5.0 / 5.0)
防水・防滴性能
(3.5 / 5.0)
総合評価
(4.5 / 5.0)

Anker Soundcore Liberty 4 NC

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
Soundcore Liberty 4 NCの特徴
  • ウルトラノイズキャンセリング3.0搭載
    • Anker 史上最強ノイキャン
  • 最大50時間再生
  • 3Dオーディオ
  • タッチコントロール
  • マルチポイント対応
  • Bluetooth5.3対応

Soundcore Liberty 4 NCはノイズキャンセリング特化型のイヤホンです。

Anker 史上最強の「ウルトラノイズキャンセリング3.0を搭載。

イヤホンが周囲の環境や騒音などを検知してノイズを除去、さらにノイキャン3.0は使う人の耳の形状を装着した瞬間に計測、逃していたノイズまで除去する最高のパフォーマンスを発揮。

Liberty 4 NCはとことん音楽への没入感を高めたい人におすすめのTWSイヤホン。

ノイキャン防水規格重量
ウルトラ3.0搭載IPX4片耳5.0g
再生時間イヤホンのみ再生時間イヤホン+充電ケース
10時間50時間

ノイキャンだけでなく、再生時間はシリーズ最大の50時間再生に対応。

3Dオーディオやマルチポイント対応など必要な機能も搭載。

音質を優先した全部入りTWSイヤホンなら最高峰の「Soundcore Liberty 4」がおすすめ。

11mmのダイナミックドライバーで程よいサウンドと最強のノイキャンを手に入れたいのなら「Soundcore Liberty 4 NC」がおすすめです。

防水規格IPX4
  • あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない

お風呂に湯船につかりながら音楽を聴く程度ならOK。

カラーバリエーション

Liberty 4 NC
カラーブラックホワイトネイビーピンクライトブルー
実勢価格12,990円12,990円12,990円12,990円12,990円

カラバリは5色展開。発色のよいキレイなカラーをラインナップしているのでどれにするか迷ってしまいますね。

Soundcore Liberty 4 NCの評価

音質
(3.5 / 5.0)
ノイキャン
(5.0 / 5.0)
装着感
(4.5 / 5.0)
防水・防滴性能
(3.5 / 5.0)
総合評価
(4.0 / 5.0)

Anker Soundcore Life P3

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
Soundcore Life P3の特徴
  • ウルトラノイズキャンセリング搭載
  • Bluetooth5.0対応
  • ノイズリダクション搭載
  • 外音取り込み機能搭載

Soundcore Life P3はカナル型ノイキャン搭載のBluetoothワイヤレスイヤホンです。

イヤホンの形状はケースから出しやすく、耳に装着しやすいステック型イヤホンです。

アンダー1万円で購入できる高コスパイヤホン。

ノイキャン防水規格重量
ウルトラ搭載IPX5片耳5.2g

ストレートに伸びたスタイリッシュなデザインです。

メーカー公表値イヤホンの重量は片耳で5.2gです。

ケースとイヤホン本体両側では60gとなります。はっきりいって軽いです。

防水規格IPX5
  • あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない。

簡単に解説すると「水中」では使えませんが雨降りやみずしぶき程度なら使っても大丈夫。シャワーもOKレベルですが正直おすすめしません。

カラーバリエーション

Soundcore
Life P3
カラーブラックオフホワイトコーラルレッドネイビーライトブルー
実勢価格8,990円9,990円9,990円9,990円9,990円

カラー展開が5色。どれも発色がよくて悩むところですね。

タクマ

ブラックは1,000円安い8千円台!この機能でコスパ最強すぎる。

8千円台で買えるノイキャン搭載ワイヤレスイヤホンSoundcore Life P3はコスパ最強でステック型と呼ばれるデザインが好きな方におすすめです。

Anker Soundcore Life P3の評価

音質
(3.5 / 5.0)
ノイキャン
(4.0 / 5.0)
装着感
(4.5 / 5.0)
防水・防滴性能
(4.5 / 5.0)
総合評価
(4.0 / 5.0)

手軽に使いたおせるワイヤレスイヤホンのレビューをしています。

Anker Soundcore Space A40

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
Soundcore Space A40の特徴
  • Soundcoreでもっとも小型サイズ
  • ウルトラノイズキャンセリング2.0搭載
  • ハイゾレ再生
  • マルチポイント対応
  • Bluetooth5.2対応
  • 外音取り込み機能搭載

Soundcore Space A40カナル型Soundcore史上最小で軽い4.9gのワイヤレスイヤホンです。

耳に装着したらイヤホンが耳穴にすっぽいりと収まり、ステック型はちょっと・・・装着時に目立たないのが好きな人におすすめ。

ノイキャン防水規格重量
ウルトラ2.0搭載IPX4片耳4.9g
再生時間イヤホンのみ再生時間イヤホン+充電ケース
10時間50時間

ウルトラノイズキャンセリング2.0搭載。騒音レベルに合わせて最適レベルに自動で起動。

小型設計されたSoundcore Space A40は耳穴に収まりがよくフィット感は最高レベルです。片耳4.9gと軽いので長時間でも疲れないワイヤレスイヤホン。

2つのデバイスに同時接続のマルチポイント対応。

防水規格IPX4
  • あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない

日常生活レベルの水しぶきなら問題のなく使うことができます。

カラーバリエーション

Soundcore Space A40
カラーブラックホワイトネイビー
実勢価格12,990円12,990円12,990円

無難なカラーでこの3色があればOKですね。

Soundcore Space A40は1万円をちょっとはみ出しますが機能性やSoundcore史上最も小型サイズとそこそこよい音質でかなりのおすすめです。

再生時間10時間、イヤホン+ケースで50時間。さずがバッテリーのアンカーですね。

Anker Soundcore Space A40の評価

音質
(4.5 / 5.0)
ノイキャン
(4.5 / 5.0)
装着感
(5.0 / 5.0)
防水・防滴性能
(3.5 / 5.0)
総合評価
(4.5 / 5.0)

Anker Soundcore Life Note 3S

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
Soundcore Life Note 3Sの特徴
  • 自然な付け心地インナーイヤー型
  • Bluetooth5.2対応
  • ノイズリダクション搭載

Soundcore Life Note 3Sはインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンです。

ノイキャン非搭載なので電車通勤・通学では周りの雑音が気になると思いますが、駅のアナウンスなど周囲の音も音楽と同時に取り入れることができます。

ノイキャン防水規格重量
非搭載IPX4片耳4.3g
再生時間イヤホンのみ再生時間イヤホン+充電ケース
最大5時間最大35時間
防水規格IPX4
  • あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない

カラーバリエーション

Soundcore Life Note 3S
カラーブラックオフホワイト
実勢価格6,990円6,990円

カラーは残念ながら2色のみ。

カナル型が苦手なあなたにはAnkerのインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホンLife Note 3Sがおすすめです。

若干サイズが大きめなのが気になりますがこの価格でこの音質的なレベルです。

Soundcore Life Note 3Sの評価

音質
(3.0 / 5.0)
ノイキャン
(0.0 / 5.0)
装着感
(4.5 / 5.0)
防水・防滴性能
(3.5 / 5.0)
総合評価
(3.5 / 5.0)

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
Soundcore Liberty 3 Proの特徴
  • ウルトラノイズキャンセリング2.0搭載
  • 3Dオーディオ搭載
  • ハイゾレ再生
  • Bluetooth5.2対応
  • マルチポイント対応

Soundcore Liberty 3 Proは「カナル型」の完全ワイヤレスイヤホンです。他のイヤホンは6千円~1万2千円程度で購入できますが、Liberty 3 ProはAnkerにしては1万8千円弱と少々高額です。

Liberty 3 Proは環境に合わせて自動切替をするウルトラノイズキャンセリング2.0を搭載、さらに音質にこだわるハイレゾ再生、高音質コーデック・LDAC対応。

仮想スピーカーによる広がりのある音響3Dオーディオなど没入感を高めた音にこだわるLiberty 3 Pro。

音質にこだわるあなたにおすすめです。

タクマ

音質はいいけど・・・残念ポイントは大きさと少し重い重量ですね。

ノイキャン防水規格重量
ウルトラ2.0搭載IPX4片耳7g
再生時間イヤホンのみ再生時間イヤホン+充電ケース
最大8時間最大32時間
防水規格IPX4
  • あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない

カラーバリエーション

Soundcore Liberty 3 Pro
カラーミッドナイトブラッククラウドホワイトアイスブルーライトパープル
実勢価格17,800円17,800円17,800円17,800円

全4色のカラー展開。高級感のあるバリエーションがいいですね。

Soundcore Liberty 3 Proの評価

音質
(4.5 / 5.0)
ノイキャン
(4.5 / 5.0)
装着感
(3.5 / 5.0)
防水・防滴性能
(3.5 / 5.0)
総合評価
(4.0 / 5.0)

Anker Soundcore Life A3i 

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
Soundcore Life A3iの特徴
  • 小型軽量ワイヤレスイヤホン
  • アクティブノイズキャンセリング
  • AIノイズリダクション搭載
  • Bluetooth5.2対応

Soundcore Life A3i はBluetooth5.2を搭載したカナル型「アクティブノイキャン搭載」ワイヤレスイヤホンです。

ノイキャン防水規格重量
アクティブ搭載IPX5片耳4.7g
再生時間イヤホンのみ再生時間イヤホン+充電ケース
9時間36時間

小型設計でフィット感抜群のLife A3i。ノイズリダクション搭載で価格以上の音質でコスパ最強です。

防水性能も安心の「IPX5」を搭載。

防水規格IPX5
  • あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない

突然の雨もへっちゃらです。

カラーバリエーション

Soundcore Life A3i 
カラーブラックオフホワイト
実勢価格6,990円6,990円

小型設計で女性にもおすすめ。この価格でこの音質レベルのコスパ抜群のSoundcore Life A3i。

手ごろな価格で防水レベルの高く普段使い通勤・通学におすすめです。

Anker Soundcore Life A3iの評価

音質
(3.0 / 5.0)
ノイキャン
(2.5 / 5.0)
装着感
(4.5 / 5.0)
防水・防滴性能
(4.5 / 5.0)
総合評価
(3.5 / 5.0)

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
Soundcore Liberty Air 2 Proの特徴
  • ウルトラノイズキャンセリング
  • Bluetooth5.0対応
  • ノイズリダクション搭載

Soundcore Liberty Air 2 Proはカナル型Bluetooth搭載ワイヤレスイヤホンです。

うどん型イヤホン。

ノイキャン防水規格重量
ウルトラ搭載IPX4片耳
再生時間イヤホンのみ再生時間イヤホン+充電ケース
7時間26時間

ウルトラノイズキャンセリング搭載。

・屋外
・交通機関
・屋内

アプリから環境に合わせて3つのモードに切り替え可能です。

防水規格IPX4
  • あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない

日常生活防水、手洗いによる水しぶ程度なら大丈夫です。

カラーバリエーション

Soundcore Liberty Air 2 Pro
カラーブラックホワイトネイビーピンク
実勢価格12,980円12,980円12,980円12,980円

きれいな発色の4カラーがラインナップ。

ケースはスライド式でぱかっと開けるタイプよりも高級感があります。ノイズキャンセリング機能は強力です。

音質もよく全部入りの完全ワイヤレスイヤホンでコスパのよいモデルです。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proの評価

音質
(4.5 / 5.0)
ノイキャン
(4.0 / 5.0)
装着感
(4.5 / 5.0)
防水・防滴性能
(4.0 / 5.0)
総合評価
(4.0 / 5.0)

Anker オープンイヤー型イヤホンAeroFitのおすすめ

快適な装着感で人気のオープンイヤー型イヤホンAeroFit。

耳を塞がないから音楽を聴きながら周囲の音も入ってくるので会話もできる、今注目される新しいイヤホンを体験してください。

オープンイヤー型おすすめ①|Anker Soundcore AeroFit

Soundcore AeroFitは耳に優しい柔軟なTPU素材によるフック部、さらに高強度を実現するチタン合金で最高の装着感を提供するイヤホン。

耳穴に入れないイヤホンは音漏れが気になるところですが、AeroFitはサウンドに指向性を持たせた「音漏れ防止機能」を搭載。

充電ケース併用で42時間のロング再生、チタンコーティングされた振動板や14mm径のドライバーで音質にもこだわったオープンイヤー型イヤホン。

AeroFit
カラーブラックグレイッシュブルーピンクホワイト

機能面でもマルチポイント対応、さらに急な雨でも入浴中でも余裕のIPX7の完全な防水機能を搭載。

3Dオーディオ
コントロールタッチ
防水規格IPX7
再生時間イヤホンのみ11時間
再生時間イヤホン+充電ケース42時間
重量片耳約8.5g

オープンイヤー型おすすめ②|Anker Soundcore AeroFit Pro

Soundcore AeroFit Proは16.2mmの大口径ドライバーを搭載し、オープンイヤー型イヤホンながら迫力のある重低音を実現したProモデルです。

Proモデルには3Dオーディオを搭載を搭載、ジャイロセンサーにより常に音楽に包まれた感覚を提供。

スポーツ時でも安心して音楽を楽しめる着脱式のバンドが付属。動きの多いスポーツシーンなどに最適。

AeroFit Pro
カラーブラックミントブルーホワイト

防水規格IPX5。

3Dオーディオ
コントロールボタン
防水規格IPX5
再生時間イヤホンのみ14時間
再生時間イヤホン+充電ケース46時間
重量片耳約12.2g

Ankerの完全ワイヤレスイヤホンおすすめ8選!比較!のまとめ

コスパ最強Ankerの完全ワイヤレスイヤホンを紹介しました。

ノイズキャンセリング機能を搭載した機種では

・アクティブノイズキャンセリング
・ウルトラノイズキャンセリング
・ウルトラノイズキャンセリング2.0
・ウルトラノイズキャンセリング3.0

4つのノイキャンは性能に大きな違いがあるのでどこまでの性能を求めるかで機種を選びましょう。

音質はイヤホンの心臓部であるドライバーで左右されます。Ankerの上位機種に搭載される独自の同軸音響構造2つのドライバーを搭載した

・A.C.A.A 3.0
・A.C.A.A 2.0

高音質モデルや他にも二層振動板ドライバー、ダイナミックドライバーなどサウンドへのこだわりもさすがAnkerです。

イヤホンなので「音質」がもっとも重要ですが、複数のデバイスでワイヤレスイヤホンを使う方は

・マルチポイント対応

がおすすめです。

面倒なBluetooth接続切替をしたくないあなたは特にチェックポイントです。

完全ワイヤレスイヤホンもAnkerの製品は品質以上の低価格でとにかくコスパ最強。

買う前に再確認しよう
完全ワイヤレスイヤホン選びのポイント
  • イヤホンの本体デザインは?
  • カナル型orインナーイヤー型
  • ドライバーのタイプ
  • LDAC対応+ハイレゾ再生対応or非対応
  • ノイキャン性能レベルは?
  • マルチポイント対応or非対応
  • 防水性能は?
  • 再生時間は?

買ってから後悔しないように上記ポイントを確認して購入しましょう。

Ankerの完全ワイヤレスイヤホンはどれもハズレはありませんが自分に合うモデルを後悔しないように選びましょう。

完全ワイヤレスイヤホンもAnkerが熱い!

全部入り最高音質

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon